ニュース

青森県立美術館の魅力をオールカラーで紹介するコンセプトブック、デザインは菊地敦己

青森県立美術館の魅力に迫る書籍『青森県立美術館コンセプトブック』が、本日2月14日に刊行された。

2006年の開館以来、東北エリアの美術館の中でも屈指の年間入場者数を誇る青森県立美術館。コンセプトブックでは、ミナ ペルホネンによるフロアスタッフのユニフォームや菊地敦己による美術館VI、青木淳によるホワイトキューブの建築、トレードマークともいえる奈良美智による『あおもり犬』などで知られる同館の魅力を紐解いている。

また、同館がひとつの「街」のように設計されたことに注目し、所蔵品だけでなく、青森の風土、食、生活、文化などをコンセプトカラー8色と建築的構造をもとに、全編オールカラーのビジュアルで紹介している。ブックデザインは菊地敦己と北原美菜子が担当。


書籍情報

『青森県立美術館コンセプトブック』

2014年2月14日(金)発売
編集:青森県立美術館
価格:2,100円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

(画像:『青森県立美術館コンセプトブック』)

『青森県立美術館コンセプトブック』表紙
『青森県立美術館コンセプトブック』表紙
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
『青森県立美術館コンセプトブック』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)