ニュース

『山形ビエンナーレ2016』参加作家33組発表、芸術監督は荒井良二

9月3日から山形・山形市内各所で開催される『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016』の参加アーティストとメインビジュアルが発表された。

東北芸術工科大学の主催により、2014年に初開催された『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ』。2回目となる今回は「山は語る」をテーマに据え、アーティストと市民による共同制作プログラムを軸に、アートや文学、ファッション、食、音楽などにまつわる多彩な体験型プログラムが展開される。芸術監督は前回に引き続き、荒井良二が務める。

参加アーティストとして発表されたのは、アカオニ、アトツギ編集室、荒井良二、いしいしんじ、石巻工房、岩井天志、大槌秀樹、大原大次郎、大橋文男、華雪、川村亘平斎、熊谷和徳、坂本大三郎、スガノサカエ、鈴木ヒラク、spoken words project、ソケリッサ!、田中望、寺尾紗穂、トゥルーリ・オカモチェク、ナカムラクニオ、中山晴奈、野村誠、久松知子、ひじおりの灯、平澤まりこ、WHITELIGHT、三瀬夏之介、みちのおくつくるラボ、ミロコマチコ、森岡督行、吉川倫平、和合亮一の33組。

公開されたメインビジュアルは、ミロコマチコがアートワークを担当。題字を荒井良二、衣装とスタイリングをspoken words project主宰の飛田正浩が手掛けている。

イベント情報

『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016』

2016年9月3日(土)~9月25日(日)
会場:山形県 山形県郷土館 文翔館、山形市緑町庭園文化施設 洗心庵、とんがりビル、観光文化交流センター 山形まなび館、旧西村写真館、ギャラリー絵遊・蔵ダイマス、やまがた藝術学舎、東北芸術工科大学本館、東京都 銀座 森岡書店

参加アーティスト:
アカオニ
アトツギ編集室
荒井良二
いしいしんじ
石巻工房
岩井天志
大槌秀樹
大原大次郎
大橋文男
華雪
川村亘平斎
熊谷和徳
坂本大三郎
スガノサカエ
鈴木ヒラク
spoken words project
ソケリッサ!
田中望
寺尾紗穂
トゥルーリ・オカモチェク
ナカムラクニオ
中山晴奈
野村誠
久松知子
ひじおりの灯
平澤まりこ
WHITELIGHT
三瀬夏之介
みちのおくつくるラボ
ミロコマチコ
森岡督行
吉川倫平
和合亮一

『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016』メインビジュアル
『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)