グレタさんの映画を観て語らおう 無料試写&座談会のお知らせ

(メイン画像:映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』 © 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

16歳で「国連気候変動会議」のスピーチを務めてから、瞬く間に世界の有名人となった環境活動家グレタ・トゥーンベリさん。グレタさんが始めた環境運動「未来のための金曜日」は、いまや世界中で行なわれるムーブメントとなりました。しかし、グレタさんは初めから「偉大な」活動家だったわけではありません。

10月22日に公開される映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』には、一躍有名になる前、一人きりで学校ストライキをしている頃のグレタさんの姿がたしかに映されています。そこで観客は、あのグレタさんでさえも、自分と同じ「市民」の一人だったのだという当たり前の事実に気づかされるのです。

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』 © 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』予告編

気候変動のことを考えるとき、あまりに大きな問題にひるみ、「自分一人が行動したところで、何も変わらない」とか「勉強不足な自分にはできることがない」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし実際には、一人でも多くの人が行動し、いまからでも勉強し始めることでしか、環境をめぐる問題は良い方向に向かわないのではないでしょうか。

今回CINRAでは、環境問題に興味はあるけど一歩を踏み出せないでいる人に、少しずつ行動するためのヒントを探って欲しいと考え、映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』のオンライン試写会と、環境活動家・清水イアンさんを交えたオンライン座談会を実施します。

東京を拠点に国内外さまざまな場所で活動する環境アクティビストの清水イアンさん。森林の再生や保護に貢献できるアプリ「weMORI」を手がけるなど多様な角度から環境問題に取り組んでいる。イアンさんが参加しているアンケート記事は[ こちら ]

テーマは「自分1人から始められる気候変動についてのアクション」。映画の感想はもちろん、気候変動問題について「行動に移したいけど移せないこと」についての悩みを語らったり、グレタさんのように自分1人から始められる行動のアイデアを、ともに考えてみませんか。

みなさまからのご応募、お待ちしております。

※応募受付は終了しました。(2021.10.12)

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』 © 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

グレタ・トゥーンベリが映画に寄せたコメント

私はこの映画が大好き。私自身と私の日常をありのままに映しているから。私たち若者が面白半分で学校ストライキをやっているわけではないということを、映画を見た人に分かってほしい。

私たちが抗議活動をしているのは、他に選択肢がないから。私が学校ストライキを始めたことで、色々なことが起こったのは確かだけど、残念ながら私たちはまだ出発点から先には進んでいない。今はまだ必要な変化や問題意識の高まりすらもまったく見えてきていない。

とにかく私たちが社会に求めているのは、気候変動を危機として捉え、安全な未来を守ってほしいということだけ。映画を見れば、その実現までどれ程遠いのか、“もう時間がない”という科学的なメッセージが全く伝わっていないということも分かってもらえるはず。

イベント概要

※試写会のみの参加も可能です。下記フォームにてご希望の参加形態をご回答ください。
※座談会の様子は、後日レポート記事にしてCINRAで公開する予定です。
※試写会・座談会ともに、定員を超えた場合、抽選での参加とさせていただきます。
※応募いただいた方には10月12日(火)をめどにメールにてご連絡差し上げます。
※当選者へのメールの発送をもって、当選発表と代えさせていただきます。落選のご案内は行っておりません。ご了承ください。

・試写会
参加人数:50名(うち10名をめどに座談会参加)
10月6日(水)募集開始
10月11日(月)応募締め切り
10月12日(火)参加者に視聴リンク、感想フォームを送付

・座談会
参加人数:10名(5名×2回)
開催日:10月15日(金)20:00~21:00、21:00~22:00
開催場所:Zoom
※視聴リンク送付までは試写会と同じスケジュール

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』
2021年10月22日(金)公開

監督:ネイサン・グロスマン
出演:
グレタ・トゥーンベリ
スヴァンテ・トゥーンベリ
アントニオ・グテーレス
エマニュエル・マクロン
アーノルド・シュワルツェネッガー
ドナルド・トランプ
ほか
配給:アンプラグド
プロフィール
清水イアン (しみず いあん)

1992年1月24日、大阪生まれ東京育ち。世界の森の保護&再生を社会に実装する国際環境NPO weMORI代表。世界の創造力と10代を接続する教育サービスInspire Highナビゲーター。「環境について話そう」をテーマに活動をする環境コミュニティSpiral Club発起人。大学生の頃から環境と教育を2軸に活動。これまでの活動:国際環境NPO 350.org日本支部立ち上げ、創造力を育む超国際的サマーキャンプGAKKO日本代表、J-wave Morning Radio代演など。現場でしか学べないリアルを求め、これまでツバル、アラスカ、メキシコ、ベリーズなどで気候変動に関するフィールドワークを行ってきた。好きな動物はマナティ。

フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • グレタさんの映画を観て語らおう 無料試写&座談会のお知らせ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて