『HUNTER×HUNTER』、今後は「週刊連載ではない掲載形態」で発表。冨樫義博の体調を考慮

冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』の週刊連載停止が発表された。

これは『週刊少年ジャンプ』のオフィシャルTwitterアカウントで発表されたもの。『HUNTER×HUNTER』401話以降の掲載について、冨樫義博の体調を考慮して冨樫と編集部が相談した結果、「週刊連載ではない掲載形態」で発表することになったという。具体的な掲載時期、掲載方法は『週刊少年ジャンプ』本誌で知らせるとのこと。

『HUNTER×HUNTER』は10月24日発売の『週刊少年ジャンプ』2022年47号から約3年11か月ぶりに連載を再開。11月には約4年ぶりのコミックス新刊となる37巻が刊行されていた。

冨樫義博の公式ツイッターは11月22日から更新なし

今年5月には「冨樫義博」を名乗るTwitterアカウントが突如として開設され、世界中のファンの間で本人か、なりすましかの議論が白熱する騒動となった。

Twitterアカウント開設後、原稿の進捗状況をほぼ毎日アップしていた冨樫義博。しかし8月には「症状が改善せず、治療・回復に 時間を大幅に割く事になりました」とツイート。その後も「右手に力が入らず苦労しています」「色の仕事…。立ってやるしかないのだが 枠線も立って引くしかない状況。10分同じ姿勢が無理なのでウロウロ するしかない」など、健康状態が思わしくないことを明かしつつ、毎日のように原稿の画像をアップしていた。

しかし11月22日のツイートを最後に更新を停止。健康状態を心配する声が世界各地から寄せられていた。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Book
  • 『HUNTER×HUNTER』、今後は「週刊連載ではない掲載形態」で発表。冨樫義博の体調を考慮

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて