相川七瀬と藍井エイルが並んだ夜。共通点は、女性シンガーとして圧倒的なロックの歌唱力

藍井エイルにとって、「青」が意味するものとは?

「青」は、藍井エイルにとって特別な色だ。彼女自身の名前に「藍」がある。代表曲といえるシングル“コバルト・スカイ”では澄み切った空の色を、そして最新シングル“ラピスラズリ”では深度の異なる「青」を表現する。1stアルバムのタイトル『BLAU』はドイツ語で「青」を指し、先日リリースされたばかりの最新アルバム『D'AZUR』も英語でいえば「~of blue」を意味するフランス語だ。彼女の歌にはあらゆる「青」が散りばめられ、すべてに藍井エイルを宿らせていく。

5月24日、仙台darwin公演を皮切りに、徳島、金沢、広島、大阪、名古屋、福岡、札幌と全国8都市を回り、9都市目の東京へと凱旋した『Eir Aoi LIVE TOUR 2015 -BEYOND THE LAPIS-』。6月27日、東京・豊洲PITで開催されたツアーファイナルは、そんな藍井エイルの「青」の世界をより広げた手応えがあった。7月から始まる欧米イベントライブの出演とアジア3都市のワンマンを含む世界8都市のワールドツアーと、11月2日に開催が決定した初の日本武道館公演を視野に入れ、「圧倒的なエイルワールドの構築」を目指したようにも思えた。

藍井エイル
藍井エイル

ヘッドバンギングと骨太なサウンドで魅せるバンドメンバーを引っ張る、藍井エイルの力量

今年4月、雑誌『リスアニ!』の取材で『ラピスラズリ』のリリースを控えていた藍井エイルに、『BEYOND THE LAPIS』ツアーのコンセプトを聞いたところ、テーマとして挙げたのは「ゼロ距離」という言葉だった。オーディエンスとの距離をゼロにしたいという気持ちの表れである。その言葉は、“Lament”“空蝉アルティメット”“KASUMI”と、ロック感満載のスケールの大きなナンバーが立て続けに畳みかけられ、一気に会場の熱量を上昇させたオープニングに繋がっていたし、続く“ツナガルオモイ”でのコール&レスポンスや“サテライト”での一体感あふれるハンドサインの揺れにもしっかりと感じられた。序盤から疾走感ある楽曲を並べたことで、オーディエンスの熱も一気に昂ぶり、ステージとの距離は瞬く間にゼロへと詰められた。

手練れが揃ったサポートバンドのテクニカルな演奏から放出される圧倒的な熱量も、「ゼロ距離」を後押しする。元Hysteric Blue・楠瀬タクヤのタイトなドラムと、パンキッシュなパフォーマンスでゴリゴリとフレーズを刻むベース・黒須克彦のリズムセクションに、硬軟併せ持つ土屋浩一と終始激しいヘッドバンギングと骨太なプレイで魅せる新井弘毅(元serial TV drama / 現ALiCE IN UNDERGROUND)のツインギターが重層的なフレーズを絡み合わせ、バンマス・重永亮介のキーボードがさらなる音像を広げていく。そんな力強いサウンドに決してのまれることなく、緩急自在な表現力と高い歌唱力でバンドとオーディエンスを引っ張り、ドライブしていく藍井エイルの「歌」は終始圧巻。変拍子が炸裂する“閃光前夜”から、“End Of The Earth”“Fade Into Black”というハードチューンの応酬を経て、ファンタジックな“Fairy Tale”、ドラマティックな“GENESIS”、悲しみあふれる物語の中へと入り込み切々と歌い上げたバラード“リンドウの花”までは、まさに中盤のクライマックスだった。藍井エイルのハイトーンは曲順が進むたびに伸びやかさを増し、シンガーとしての力量と成長に、あらためて胸を躍らされた。

藍井エイル

サプライズゲストとして、ロック界の歌姫・相川七瀬が登場

そんな大きな山を越えた後半は、ニューアルバム『D'AZUR』からのナンバーが中心に。そこにも藍井エイルの想いがしっかり見えた。彼女は、「ゼロ距離」という言葉と共に、今回実現すべきテーマを『BEYOND THE LAPIS』というタイトルに込めていた。ツアー直前にリリースされたシングル“ラピスラズリ”は、藍井エイルのテーマカラーである青色の宝石の名。その「石」に彼女は、同じ響きを持つ「意志」「意思」の意味を重ね合わせている。楽曲としての“ラピスラズリ”は、彼女にとって今までとは違う歌唱、違う曲調に挑戦した転機の曲だ。それを超えて、新しい「青」の世界にファンと共に旅立つこと。『BEYOND THE LAPIS』というツアータイトルは、その想いに繋がっている。この日のMCでも彼女は、「“ラピスラズリ”の向こう側には、青い世界=D'AZURが広がっています」と最新アルバムへの想いも同時に語りながら、その青い世界は「夢だった武道館ワンマンライブ」へと繋がり、「新しい夢が見られて幸せに思います!」と嬉しい涙で声を詰まらせていた。

その新しき「青きD'AZURの世界」の楽曲が、サプライズゲスト・相川七瀬とのデュエットからスタートしたのも印象的だ。相川七瀬のトリビュートアルバム(『A-Rock Nation -NANASE AIKAWA TRIBUTE-』)で藍井エイルがカバーし、『D'AZUR』にも収録された、相川七瀬の楽曲“BREAK OUT!”において、二人が共演する姿はツアーファイナルにふさわしいサービス。同時に、これからも様々な楽曲に挑戦していこうとする藍井エイルの意気込みの提示でもあったと思う。本編ラストに、バイオリニストの白須今を迎えて、最新のエイルを体現する“ラピスラズリ”、これまでのエイルらしさを体現する“IGNITE”、エイルの初心を体現するデビューシングル“MEMORIA”を順に披露したのも、「今このとき」のエイル自身を提示する、感慨深い試みだったように思う。

左から:相川七瀬、藍井エイル

左から:相川七瀬、藍井エイル
左:相川七瀬

まだまだ多彩な「青」を見せてくれることに期待

このツアーでエイルワールドの「青」は深みを増しながら、より広い世界へと流れ込んでいった。とても完成度の高いライブだったが、筆者がひとつだけ残念に思ったのは『D'AZUR』収録の意欲的なオリジナルナンバーのいくつか――例えばデジラウドな“Quit”や圧倒的に明るい“JUMP!!!”、歌唱法にこだわったという“青の世界”が、ここでは演奏されなかったこと。彼女が向こう側に見ていたD'AZURへの扉は、今はまだすべて開け放たれてはいなかったのかも知れない。ワールドツアーでその扉はまた少しずつ開かれていき、日本武道館で全開になる……そんな想像をしながら、「武道館公演=まだ見ぬ広大な青い世界」に、藍井エイルが私たちを連れ去ってくれることを期待しよう。

イベント情報
『Eir Aoi LIVE TOUR 2015 -BEYOND THE LAPIS-』

2015年6月27日(土)
会場:東京都 豊洲PIT

リリース情報
藍井エイル
『D'AZUR』初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)

2015年6月24日(水)発売
価格:4,000円(税込)
SECL-1714/15

[CD]
1. awakening
2. IGNITE
3. ラピスラズリ
4. ゆらり
5. シンシアの光
6. Quit
7. Bright Future
8. JUMP!!!
9. 幻影
10. ずっとそばで
11. GENESIS
12. ツナガルオモイ
13. 青の世界
14. BREAK OUT!
[Blu-ray]
1. IGNITE(Music Video)
2. ツナガルオモイ(Music Video)
3. GENESIS(Music Video)
4. ラピスラズリ(Music Video)
5. シンシアの光(Music Video)
6. Making of「D'AZUR」
※オリジナルストーリー仕立てのフォトブック付き

藍井エイル
『D'AZUR』初回生産限定盤B(CD+DVD)

2015年6月24日(水)発売
価格:3,700円(税込)
SECL-1716/17

[CD]
1. awakening
2. IGNITE
3. ラピスラズリ
4. ゆらり
5. シンシアの光
6. Quit
7. Bright Future
8. JUMP!!!
9. 幻影
10. ずっとそばで
11. GENESIS
12. ツナガルオモイ
13. 青の世界
14. BREAK OUT!
[DVD]
1. IGNITE(Music Video)
2. ツナガルオモイ(Music Video)
3. GENESIS(Music Video)
4. ラピスラズリ(Music Video)
5. シンシアの光(Music Video)
6. Making of 「D'AZUR」
※オリジナルストーリー仕立てのフォトブック付き

[CD]
1. awakening
2. IGNITE
3. ラピスラズリ
4. ゆらり
5. シンシアの光
6. Quit
7. Bright Future
8. JUMP!!!
9. 幻影
10. ずっとそばで
11. GENESIS
12. ツナガルオモイ
13. 青の世界
14. BREAK OUT!
[Blu-ray]
1. IGNITE(Music Video)
2. ツナガルオモイ(Music Video)
3. GENESIS(Music Video)
4. ラピスラズリ(Music Video)
5. シンシアの光(Music Video)
6. Making of「D'AZUR」
※オリジナルストーリー仕立てのフォトブック付き

藍井エイル
『D'AZUR』通常盤(CD)

2015年6月24日(水)発売
価格:3,000円(税込)
SECL-1718

[CD]
1. awakening
2. IGNITE
3. ラピスラズリ
4. ゆらり
5. シンシアの光
6. Quit
7. Bright Future
8. JUMP!!!
9. 幻影
10. ずっとそばで
11. GENESIS
12. ツナガルオモイ
13. 青の世界
14. BREAK OUT!

プロフィール
藍井エイル
藍井エイル (あおい えいる)

11月30日生まれ。北海道札幌市出身。AB型。2011年10月、『MEMORIA』(TVアニメ『Fate/Zero』ED)でメジャーデビューを果たし、オリコン初登場8位を記録。これまでに発表されたオリジナルアルバムも、『BLAU』が4位、『AUBE』が6位、そして最新アルバム『D’AZUR』も4位と、すべてがオリコンで初登場トップ10入りを果たす。また、数多くの海外ライブイベントにも出演し、自身のFACEBOOKページには世界中から約45万のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。圧巻の歌唱力と、クールビューティーなビジュアルを武器に、今もっとも勢いに乗る要注目超実力派女性ボーカリスト。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 相川七瀬と藍井エイルが並んだ夜。共通点は、女性シンガーとして圧倒的なロックの歌唱力

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて