特集 PR

“This Is America”に揺れる現代と、リオン・ブリッジズの物語

“This Is America”に揺れる現代と、リオン・ブリッジズの物語

リオン・ブリッジズ『Good Thing』
テキスト
辰巳JUNK
編集:山元翔一

『ブラックパンサー』の大ヒット、Beyonceの歴史的ステージなど、ブラックカルチャー激動の2018年

2018年、アメリカではブラックカルチャーが大人気だ。ヒップホップ / R&BのNo.1人気ジャンル化(調査会社Nielsen調べ)、マーベル・スタジオ作品初の黒人ヒーロー映画『ブラックパンサー』の大ヒット、そしてケンドリック・ラマーの『ピュリッツァー賞』受賞、人種問題を扱ったサイコスリラー『ゲットアウト』の『アカデミー賞』脚本賞受賞。これらのニュースはすべて2018年に届けられた。

人気沸騰の一方で、社会的議論も活発となっている。たとえば、白人観衆ばかりの『Coachella Music and Arts Festival』でブラックネス表現を敢行したBeyonceへの大絶賛。反して「黒人らしさとしての犠牲者精神」逸脱を提唱したカニエ・ウェストへの大きな反発。アメリカでは、ブラックカルチャーの躍進と波乱が巻き起こっているのである。

カニエ・ウェストが会話のなかで「奴隷制度は『選択』」と発言、物議を呼ぶきっかけとなった動画

そんな激動のなか、新作『Good Things』を5月23日にリリースした黒人シンガーがリオン・ブリッジズである(海外では5月7日にリリースされ、全米初登場3位にランクイン)。2015年にデビューした彼は、実のところ希少な立ち位置の黒人ミュージシャンだ。ブリッジズは『Coachella』のBeyonceと同じく「白人ばかりの観衆にブラックネス表現をした経験」を持つ。そして、ある意味ではカニエ・ウェストより「マイノリティー」と言えるかもしれないのだ。

リオン・ブリッジズ
リオン・ブリッジズ

彼の物語に入る前に、2018年に波乱を起こしたもう一人の存在、Childish Gambinoを紹介しよう。

現代社会をあらゆる角度から揺さぶる「物議」ソング“This Is America”

Childish Gambino(以下、ガンビーノ)はブラックカルチャー人気を象徴する存在だ。ドナルド・グローヴァー名義でドラマ制作や役者業も行う彼は、2018年の『グラミー賞』ノミニーであり(年間最優秀アルバム賞、年間最優秀レコード賞を含む全5部門にノミネート)、2017年の『エミー賞』ウィナーだ(自ら主演も務めた『アトランタ』でコメディー部門監督賞を受賞)。今年6月公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(監督はロン・ハワード)にも出演している。そんな多彩なトップランナーがリリースした「物議」ソング、それが“This Is America”である。

ビデオを手がけたのは長年タッグを組む映像作家のヒロ・ムライ

<これがアメリカだ、気をつけろ>(This is America/Don't catch you slippin' up)――そう繰り返す本作は大きな議論を引き起こし、Billboard HOT 100で初登場1位を達成。この話題作が描いたものは何なのか? 主なトピックだけでも考察は多岐に渡る。銃社会、黒人の貧困、警察まで加わる黒人への差別と暴力、黒人同士の犯罪、そして「ブラックカルチャーと現実の黒人社会の乖離」。

黒人の表現者が直面する、「カルチャー上の黒人像」という歴史的議題

“This is America”が活性化させた議題のひとつとして、「カルチャー上の黒人像」が挙げられる。映像中、ガンビーノはジム・クロウのようなポーズをとっている。ジム・クロウは「ミンストレル・ショー」(ブラックフェイスを施した白人による、踊りや音楽、寸劇などを交えたエンターテインメント)のキャラクターで、人種差別表現のシンボルだ。ミュージックビデオ終盤、ガンビーノは必死な形相で何かから逃げる。映画『ゲット・アウト』のような恐ろしい映像のバックで、ゲストのYoung Thugはこう歌う。

<この世界でお前はただの黒人だ/お前はバーコードなのさ>(You just a black man in this world/You just a barcode, ayy)

トップスターのガンビーノすら、その肌の色ゆえにシステムに組み込まれる弱者なのである。そう暗示するような終幕だ。

Childish Gambino“This Is America”を聴く(Spotifyを開く

「カルチャー上の黒人像」は長らくアメリカで語られてきた議題である。たとえば、1940年に『風と共に去りぬ』(1939年制作、監督はヴィクター・フレミング)で黒人俳優として初の『アカデミー賞』に輝いたハティ・マクダニエル(助演女優賞受賞)。彼女のメイド役は「人種ステレオタイプだ」として大きな批判を呼んだ。

2018年には、J・コールが新作『KOD』で若手黒人ラッパーのイメージを批判した。彼は、「多くの若手ラッパーは自ら人種ステレオタイプを誇張表現している」「まるで風刺画だ」と語っている。

“This Is America”が示したように、歴史上、そして今日のアメリカ社会に根強い差別や格差、暴力があるからこそ「カルチャー上の黒人像」も複雑な問題であり続けている。前置きが長くなったが「カルチャー上の黒人像」に悩み戦った一人のアーティスト、リオン・ブリッジズの物語を伝えたい。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

リオン・ブリッジズ『Good Thing』日本盤
リオン・ブリッジズ
『Good Thing』日本盤(CD)

2018年5月23日(水)発売
価格:2,592円(税込)
SICP-31169

1. Bet Ain't Worth The Hand
2. Bad Bad News
3. Shy
4. Beyond
5. Forgive You
6. Lions
7. If It Feels Good (Then It Must Be)
8. You Don't Know
9. Mrs.
10. Georgia To Texas
11. Naomi(Bonus Track)
※日本盤は高品質Blu-SpecCD2仕様&ボーナストラック収録

プロフィール

リオン・ブリッジズ
リオン・ブリッジズ

米テキサス州出身ソウル・シンガー。レコード会社40社による争奪戦の末2014年に米コロムビアと契約、デビュー前に出演したSXSWでは最優秀パフォーマンス賞にあたる「The Grulke Prize」を受賞。2015年のデビュー・アルバム『Coming Home』は全米初登場6位にランクイン、テレビCMにも2曲起用され、第58回グラミー賞で「最優秀R&Bアルバム」部門に、第59回グラミー賞では「最優秀ミュージック・ビデオ」部門にノミネートされた。Macklemore & Ryan LewisやODESZAの楽曲へのゲスト参加や、ファレル・ウィリアムスの英Apple Music FestivalやThe Rolling Stonesのオランダ公演、ハリー・スタイルズの南米ツアーのサポートなど、ジャンルを超えた様々なアーティストとのコラボレーションも話題を呼んでいる。2016年には『FUJI ROCK FESTIVAL』で初来日。2018年5月、約3年ぶりとなる待望の2ndアルバム『Good Thing』を発表。全米初登場3位に輝いた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化