コラム

Netflix『アンビリーバブル』。少女は2度被害に遭い、声は潰された

Netflix『アンビリーバブル』。少女は2度被害に遭い、声は潰された

テキスト
常川拓也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

アメリカの大学構内で多発するレイプ事件についてのドキュメンタリー『ハンティング・グラウンド』(2015)は、女子大生の16%以上が在学中に性的暴行を受け、被害に遭った女性の88%が報告を上げられない実態を取り上げていた。2019年9月に配信された、全8話からなるNetflixのリミテッドシリーズ『アンビリーバブル たった1つの真実』は、2008年にワシントン州リンウッドのアパートで覆面をした侵入者からのレイプ被害を訴えた十代の女性が、警察からその真偽を疑われた挙句に、供述を撤回させられ、虚偽の報告をしたとして逆に起訴された実話を描き、被害者が沈黙を強いられる社会のメカニズムとトラウマの余波を考察する。

1度の性的暴行事件で「2度」犠牲になった18歳のマリー

第1話で、18歳のマリー(ケイトリン・デヴァー)は、2度にわたって犠牲になる。

レイプ被害に遭った直後、彼女が異なる警察の担当者によって何度も繰り返し暴行の様子を説明することを余儀なくされる過程が丹念に描写されるのだ。次第に、高圧的な男性刑事は彼女の話の中に小さな矛盾を見つけ、また元養母からの誤解した情報提供──肉親から虐待を受け、児童養護施設で過ごしてきた出自を持つマリーは、注目を集めるために嘘をついたのかもしれない──を受け、すべてマリーの作り話なのではないかと疑惑の目を向ける。被害者として適切な手続きを取ったにも関わらず、むしろ警察の誤った尋問によって、マリーはセカンドレイプを受け、失態の犠牲になってしまうのである。被害者から虚偽報告の容疑者へと立場が移った彼女は周囲から軽蔑され、友人も仕事も失ってしまう。

マリー(ケイトリン・デヴァー)は異なる刑事に、何度も事件についての質問を受け、そのたびに自身が受けた暴行の様子を繰り返し説明させられる
マリー(ケイトリン・デヴァー)は異なる刑事に、何度も事件についての質問を受け、そのたびに自身が受けた暴行の様子を繰り返し説明させられる

女性刑事が見せた配慮に根ざしたアプローチ。被害者の扱われ方の違いが浮き彫りに

一方、第2話では、2011年、コロラド州ゴールデンで起きた別のレイプ被害者アンバー(『パティ・ケイク$』(2017)、『ダンプリン』(2018)のダニエル・マクドナルド)の事例に移行する。そこでカレン・デュバル刑事(メリット・ウェヴァー)は、被害者の調子や外傷を確認した後、自分の車の中──人目のつかないプライベートスペース──へと隔離し、真摯に聞き取りを行っていく。彼女は、被害者が不快ではないかどうかを逐一確認し、これから何をするかを丁寧に説明する。マリーを詰問した冷淡で無頓着な男性刑事とは対照的に、すべての段階において、彼女の被害者へのアプローチは思いやりと配慮に根ざしているのである。

このように『アンビリーバブル』では、第1話と第2話を対置させることで、レイプ被害者の扱われ方の違いを浮き彫りにしている。

マリーを取り調べた刑事とは対照的に、カレン・デュバル刑事(メリット・ウェヴァー)は被害者に最大限の配慮をしながら捜査を進める Photo Credit Beth Dubber/Netflix
マリーを取り調べた刑事とは対照的に、カレン・デュバル刑事(メリット・ウェヴァー)は被害者に最大限の配慮をしながら捜査を進める Photo Credit Beth Dubber/Netflix
Netflixオリジナルシリーズ『アンビリーバブル たった1つの真実』。9月の配信開始から28日間で、3200万世帯で視聴されたという

被害者の記憶やトラウマ、信頼性――想起される米カバノー最高裁判事の性的暴行疑惑

ここで提起される問題は、2018年、ドナルド・トランプ米大統領から連邦最高裁判所の判事に指名されたブレット・カバノーが性的暴行を告発された事件を想い起こさせる。昨年9月27日、大学で心理学を教えるクリスティーン・ブレイジー・フォード教授は、80年代、彼女が15歳の頃に当時17歳だったカバノーから強姦されそうになったことを上院司法委員会の公聴会で証言した(その頃、本作『アンビリーバブル』はポストプロダクション中だったという)。この際、被害者の記憶やトラウマ、信頼性に関する議論が巻き起こったのである。

しばしば極限状態からの生還者は、証言の首尾一貫性が要求され、その正当性を疑問視される。心的外傷を受けた語り手は、客観的な事実を証言できるはずがない、関心を集めたいに過ぎないと虚偽のレッテルを貼られてしまうのだ。前述の『ハンティング・グラウンド』では、被害者が服装や飲酒を理由に大学から責め立てられる事実を訴えていた。こういった意見は、日本でもジャーナリストの伊藤詩織が当時TBS政治部記者だった山口敬之からの性的暴行を告発したときに見られたものだ。

Netflixリミテッドシリーズ『アンビリーバブル たった1つの真実』
Netflixリミテッドシリーズ『アンビリーバブル たった1つの真実』
マリーは告発が虚偽だとされたことで、周囲の人間からの信頼を失う
マリーは告発が虚偽だとされたことで、周囲の人間からの信頼を失う

この点について、ドイツのジャーナリストであるカロリン・エムケは、「語りの混乱は、例外的状況への反応というよりは、むしろまだ破壊されていない人間の表出だと言える。この破壊された世界で自身の身に起きたことをいまだに理解できず、描写できない人間は、まだ人間として破壊されてはいない。こういった時期にある被害者を単純に病んでいると決めつけるのは、あまりに拙速だ。また、被害者の周囲の状況ではなく、被害者自身に問題があると決めつけるのは、あまりに軽率だ」(みすず書房刊『なぜならそれは言葉にできるから 証言することと正義について』より)と喝破している。

このようなジェンダーに基づくパワーバランスの不均衡の問題は、まさに国際的に時宜を得た題材ではある。しかしそれは現在だけでなく、これまでもずっと続いてきた問題なのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『アンビリーバブル たった1つの真実』
『アンビリーバブル たった1つの真実』

2019年9月13日(金)からNetflixで配信
出演:
トニ・コレット
メリット・ウェヴァー
ケイトリン・デヴァー
デイル・ディッキー
スコット・ローレンス
ダニエル・マクドナルド
オースティン・エベール
エリック・ランジュ
エリザベス・マーヴェル

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察