コラム

(メイン画像:展示風景『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか』森美術館(東京)、2019-2020年 撮影:木奥惠三 画像提供:森美術館

まもなく2010年代が終わり、新たな年の始まりを迎えようとしている。美術館や博物館などの文化施設の中には、正月休みの期間も無休でオープンしている施設や年明け早々に開館する美術館もある。ここでは都内近郊を中心に、年末年始に行くことのできる10の美術館や博物館をピックアップ。1月半ばで終了してしまう展覧会や、お正月ならではの企画が用意されている施設もあるので、休みを利用して訪れてみてほしい。各館の開館情報の詳細は随時、施設のオフィシャルサイトで確認しよう。

森美術館やポーラ美術館は年末年始、休まず開館。チームラボボーダレスは開館時間が特別延長

森美術館
『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』

『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』

東京・六本木の森美術館で開催中の『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』は、年末年始を含め、会期中無休でオープン。本展はAIやバイオ技術、ロボット工学、ARといった最先端のテクノロジーと、その影響から生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、社会や人間のあり方を考察する展覧会だ。

「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成された会場では、100点を超えるプロジェクトや作品が紹介されている。

イベント情報

『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』

2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、11月19日、12月31日、2月11日は22:00まで、最終入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,800円 高・大学生1,200円 4歳~中学生600円 65歳以上1,500円

ポーラ美術館
『シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」』

古賀春江『白い貝殻』1932年(昭和7)ポーラ美術館蔵
古賀春江『白い貝殻』1932年(昭和7)ポーラ美術館蔵

神奈川・箱根のポーラ美術館で開催されている『シュルレアリスムと絵画』展も会期中無休だ。本展では、この100年で変遷を遂げたシュルレアリスムの展開と、フランスから日本、アメリカ、アジアまでのシュルレアリスムの広がりを絵画や版画によって辿る。西洋におけるシュルレアリスムの運動からどのようにシュルレアリスム絵画が生まれたのか、さらに超現実主義から「シュール」と呼ばれる独自の表現への展開に焦点をあてる試みとなっている。

出展作家はサルバドール・ダリ、マックス・エルンスト、古賀春江、三岸好太郎、瑛九、吉原治良ら。またシュルレアリスムに通じる独自の表現への展開を示すものとして、現代美術家・束芋の作品や、成田亨による『ウルトラマン』の原画も展示。さらに資料としてつげ義春の漫画『ねじ式』も紹介される。

イベント情報

『シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」』

2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日)
会場:神奈川県 箱根 ポーラ美術館
時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:大人1,800円 65歳以上1,600円 大学・高校生1,300円
※中学生以下無料

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

常設展示の施設である東京・お台場のチームラボボーダレスは、通常の休館日(第2・第4火曜日)を除いて開館しており、12月21日から1月5日は特別延長期間として全日10:00~21:00までオープン。2018年に開館した同館は開館から1年で世界160以上の国と地域から約230万人が来館し、世界最大規模の年間来館者数を誇る美術館となった。来日した海外セレブがこぞって訪れる新たな観光スポットにもなっており、米『TIME』誌が選ぶ「World's Greatest Places 2019」の一つにも選出されている。

展示内容は常設だが「季節展示」として季節にあわせた期間限定の作品も登場している。当日券は売り切れている場合があるので、事前に日時指定のチケットを購入しておこう。

イベント情報

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

常設展示
会場:東京都 お台場 森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
時間:平日10:00~19:00、土日、祝日10:00~21:00(12月21日~1月5日は全日10:00~21:00、入館は閉館の1時間前まで)
休館日:第2、第4火曜(12月24日は開館、1月は14日、21日が休館日、28日は開館、2月は17日~19日が休館日、11日、25日は開館)

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図