コラム

K-POPの「ファンダムの力」を考察。自主と連帯が生む熱狂と危険性

K-POPの「ファンダムの力」を考察。自主と連帯が生む熱狂と危険性

テキスト
菅原史稀
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

「ファンダム」という言葉がある。これは熱心な愛好家を指す「fan」に、領地や管轄、状態、集団などを意味する接尾辞「dom」を加えた単語で、主にポップカルチャーやスポーツなどの熱狂的なファンによって作られる世界や文化を示すものだ。

さて、筆者がK-POPを知るなかで最もカルチャーショックを受けたのは、そのファンダムが持つ力の大きさだった。K-POPのシーンは数日寝込もうものならすっかり浦島太郎状態になってしまうほど、日々大量のコンテンツが供給される。驚くべきは、そうしたコンテンツの多くが芸能事務所やテレビ局などのみならず、ファン自身から生み出され、共有されるということである。もちろん、ファン活動の楽しさはアーティスト側からの供給あってこそというのが大前提ではあるが、与えられたコンテンツを享受して消費するのみに留まらないファンの「自主性」と、それらをコミュニティー内で分かち合おうとする「連帯意識」はシーンを充実させる原動力となり、K-POPファンならではの楽しみに繋がっているのではないかと考えている。

しかし一方でそんなファンダムの力が負の側面を持ち、問題の芽となる現象が見受けられるのも事実だ。筆者はいちファンとして、K-POPに出会うまで経験したことのなかった喜びと共に、「喜んでばかりでいいのだろうか」という葛藤も現在では抱えている。今回はK-POPのシーンを盛り上げるファンダムの力と、その影響がもたらす「喜び」と「葛藤」について考察したい。

広告看板にカフェイベント……驚くべき熱量と行動力を持つK-POPファンダム

K-POPファンダムが持つ自主性は、そこから生まれるファンカルチャーによく表れている。

例えば、アーティストの誕生日やデビュー記念日を祝う「広告看板」は韓国内の駅やバス停、商業施設と至るところで目にすることができるが、これらは所属事務所によって公式的に設けられているわけではない。広告費の資金源は一個人や私営ファンクラブ、またSNSで有志の集金を広く呼びかけられたりするものと様々で、出資から広告デザインの作成、代理店とのコンタクト、広告掲載の情報拡散などの行程がファンによって自主的に行なわれている。なかにはバスや飛行機全体をアーティストの写真でラッピングしたり、高額で知られるニューヨークのタイムズスクエアに広告を掲載した事例もある。

駐韓アメリカ合衆国大使館によるツイート。タイムズ・スクエアに掲出されたアーティストの誕生日広告を見に来るよう呼びかけている

また、同様にファン発信で行なわれるポピュラーなイベントとして「カップホルダーの配布」というものもある。これは、会期中に所定のカフェを訪れてドリンクを注文するとアーティストの写真が施されたカップホルダーを貰うことができるというもので、カフェ内では写真や似顔絵イラストなどが飾られたギャラリースペースが設けられていることも多い。筆者も韓国を訪れた時、実際にこれらを目にしたり体験したことがあったのだが、街中で大々的に「推し」の誕生日が祝われている光景から新鮮な喜びを感じたとともに、それらを実現させたファンの熱量と行動力にただただ圧倒されたのを覚えている。

ファンの「自主性の発露」としての二次創作

さらに、K-POPファンダムにおける二次創作の活発さも自主性の発露と言える。

新曲のMVを初視聴しているファンの様子などを映す「リアクション動画」もそのうちの一つで、画面のなかの見知らぬ人が嬉々として映像に反応しているのを見ていると、自分自身が同作品を初視聴したときの感動が甦るとともに、大きな「わかりみ(共感の気持ち)」の波に飲まれるのが楽しい。

この他に、パロディーMVを自主製作する者も存在する。なかでも、身の回りにあるものを使い元作品を模倣する「Zero Budget(予算なし)」と呼ばれるジャンルは、CG合成や豪華なセット、衣装など多額の予算が費やされたK-POPのMVを逆手にとっているようで、その創造性やユーモアセンスに心打たれる。

これらはアーティスト本人よりも製作者のファン心理に目が向けられるコンテンツなのだが、二次創作を通して伝えられるアーティストに対する愛やリスペクトに共感を覚えることで、観る側である自分自身のファン心が育っていくのを感じる。

タイのBLACK PINKファンの子供たちで結成されたユニットDEKSORKRAOによるパロディーMV。元ネタが戦車に乗る場面ではリヤカーが用いられている

BLACKPINK“DDU-DU DDU-DU”PV

世界のK-POP受容を助ける多言語への翻訳。視聴者による字幕作成をサービス側が公式に認めている例も

またK-POPファンの自主性の象徴とでも言うべき有志ファンによる翻訳行為は、K-POPアーティストの発言を非韓国語圏のファンに届ける上で欠かせないものとなっている。

例えば、アーティストが動画配信を行なうサービス「VLIVE」の動画につく多言語の字幕は、主に視聴者による字幕作成コミュニティー「V Fansubs」によって提供されている。ここでは日本語や英語のみでなく、中国語、スペイン語、インドネシア語、ポルトガル語、トルコ語、アラビア語、タガログ語など多岐にわたる言語の字幕がファンの手によって作成される。つまり、視聴者による字幕作成をサービス側が公式に認めているシステムと、それに応える有志ファンの存在が、K-POPアーティストの発言を非韓国語圏に届けることを可能にしているのだ。この他にも、アーティストのSNS投稿やメディア、コンサートにおける発言はネット上で活発に翻訳されており、SNS上には翻訳専門のファンアカウントが各言語ごとに多数存在している。

TWICEのVLIVE配信より

本連載の初回記事において、TWICEのVLIVE配信に魅力を感じる理由を「リラックスした様子で何気なく交わす会話を通じて、彼女たちの意志の発露が垣間見える(気がする)から」と述べたが(参考:笑顔だけではないTWICEの物語。“Feel Special”が歌う痛みと愛)、韓国語を理解することができない筆者が彼女たちによる会話内容を把握出来るのは、他のファンによる翻訳があってこそだ。新しくアップされた動画にファン字幕がついているのを見るたび「有り難み」を感じながら視聴している。このようにファンダムによる自主性は、今や世界規模にまで拡大したK-POPの受容を助ける役割を果たすまでに至っていると言えるのではないだろうか。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図