特集 PR

ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

ずっと真夜中でいいのに。『朗らかな皮膚とて不服』
テキスト
宇野維正
編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)

ポップミュージックにおける「歌」とは。アーティストの個性を形作るもの

音楽を聴く上で「歌の上手さ」を優先順位の上位において考えたことがない自分のような人間にとって、近年になって頻繁に見かけるようになったテレビの歌番組のアンケートやネットの記事などの「歌が上手いと思うアーティスト」ランキングみたいなものは、謎でしかなかった。え? 「歌の上手さ」ってそんなに大事? というか、そもそもどんな基準をもって「歌の上手さ」を判断してるの? 音域の広さ? ハイトーンの伸び? それって、カラオケ選手権みたいなものと何が違うの? あるいは一番大事なのが歌声の表現力だとして、それって限りなくリスナーそれぞれのテイストの領域なのでは?

いきなり前言を翻すようだが、自分が日常的に好んで聴いているアーティストは、結果的にほとんどみんな「歌が上手い」。それがラップだとしても、フロウの心地よさだけでなくそもそもの「地声」がいいアーティストばかりだ。でも、それはあくまでも「結果的に」であって、歌が上手いから、地声がいいから、表現力が高いから、そのアーティストを聴くという評価基準や思考回路は自分にはない。アーティストにとっての「歌」はその個人やバンドのアーティスト性と不可分であって、「歌」がアーティストの個性を形作り、アーティストの個性がそれに最も相応しい「歌」を引き出す。そういうものだと思っていた。

歌の上手さと展開の複雑さ。ずっと真夜中がいいのに。の音楽的ボキャブラリーの豊富さ

ずっと真夜中でいいのに。の音楽を最初に聴いた時、何よりもまずACAねのボーカリストとしての声質のよさと、その変幻自在の歌い回しの巧みさに驚愕させられた。要は、その「歌の上手さ」にぶっ飛ばされたわけだ。それは自分にとって非常に珍しいことで、そのメカニズムが知りたくて、ずっと真夜中でいいのに。の音楽をこれまで継続的にかなり頻繁に聴いてきた。

ずっと真夜中でいいのに。『潜潜話』を聴く(Spotifyを開く

ずっと真夜中でいいのに。と比較されることがあるいくつかのユニットの音楽に対しても、実はそれに近い感慨を抱いている。それは、よく語られる「ボカロ・カルチャー以降」というキーワードと同等に、彼女ら、彼らの共通点なのではないだろうか? もっと言うなら、ボカロ・カルチャーという送り手の顔が見せない、姿が見えない、「声」と「ソングライティング」だけに特化されたカルチャーを通過したことによって、この国のポップミュージックにおける「歌の上手さ」という概念が再定義されたのではないだろうか? もしそうだとしたら、そこで再定義された「歌の上手さ」は、カラオケ選手権的価値観が支配的だった旧来の「歌の上手さ」よりも、個人的に遥かにアクセスしやすくなったという実感がある。

もちろん、ずっと真夜中でいいのに。のソングライティング、そしてサウンド・プロダクションを語る上で、「ボカロ・カルチャー以降」という視点は欠かせない。アメリカのトラップ・ミュージックに象徴されるように、楽曲の構成においても、サウンドの構造においても、極限までミニマル志向に突き進んでいる現在の海外のメインストリームのポップミュージックとは正反対に、展開や転調の多さを競うかのように複雑化してきた日本のメインストリームのポップミュージックの一つの傾向は、ボカロ・カルチャーを経てさらに加速している。そして、それを最も先鋭化させているユニットの一つが、ずっと真夜中でいいのに。と言っていいだろう。

実際に、ずっと真夜中でいいのに。の音楽的な引き出しの多さは、多くの「ボカロ・カルチャー以降」のバンドやユニットのボキャブラリーを遥かに凌駕している。例えば、新作『朗らかな皮膚とて不服』に収録された“JK BOMBER”。ブルースロックのような重いビートで始まり、ファンク的な展開を経て、突然8ビートで疾走し始めたかと思うとシンセのソロが入って、終盤にはハードロック的なギターソロまで奏でられ、最後はピアノで終わる。それぞれのパートをもっと聴いていたいと思う、そんなリスナーの気持ちを置き去りにして、音楽的なフックを異常に歯切れよく過剰に詰め込んでいくその構成はちょっと「やりすぎ」とも思えるが、その「やりすぎ」をやれちゃうところがずっと真夜中でいいのに。のオリジナリティなのだろう。

ずっと真夜中でいいのに。『朗らかな皮膚とて不服』を聴く(Spotifyを開く

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

ずっと真夜中でいいのに。
『朗らかな皮膚とて不服』初回生産限定盤(CD)

2020年8月5日(水)発売
価格:3,630円(税込)
UPCH-29366

1. 低血ボルト
2. お勉強しといてよ
3. Ham
4. JK BOMBER
5. マリンブルーの庭園
6. MILABO
7. Bonus Track - サターン[Acoustic ver.]
8. 低血ボルト(Instrumental)
9. お勉強しといてよ(Instrumental)
10. Ham(Instrumental)
11. JK BOMBER(Instrumental)
12. マリンブルーの庭園(Instrumental)
13. MILABO(Instrumental)

ずっと真夜中でいいのに。
『朗らかな皮膚とて不服』通常盤(CD)

2020年8月5日(水)発売
価格:1,980円(税込)
UPCH-20552

1. 低血ボルト
2. お勉強しといてよ
3. Ham
4. JK BOMBER
5. マリンブルーの庭園
6. MILABO
7. Bonus Track - 蹴っ飛ばした毛布[Bathroom Twin Piano Live(2020.05.06)
ver.]

イベント情報

『オンラインライブ NIWA TO NIRA(有料)』

2020年8月6日(木)20:00~配信予定
料金:2,800円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性