コラム

紅白出場の櫻坂46、『Nobody's fault』が描く未来への一歩

紅白出場の櫻坂46、『Nobody's fault』が描く未来への一歩

テキスト
原友昭
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

10月12日と13日に配信されたラストライブをもって欅坂46の5年の歴史に幕を閉じ、10月14日から新たな坂を登り始めた櫻坂46が、2020年の最後を飾る音楽番組『第71回NHK紅白歌合戦』に初出場する。

グループカラーも「緑」から「白」に変わり、12月8日には2016年に欅坂46がデビューカウントダウンライブを開催した会場と同じ東京国際フォーラム ホールAから全国の映画館への中継でデビューカウントダウンライブを行なった、この生まれたばかりのグループを、12月9日にリリースされた1stシングル『Nobody's fault』が描く世界から眺めてみたい。

櫻坂46と欅坂46の関係性。断ち切られたのではなく、地続きにある

櫻坂46は、欅坂46を卒業、脱退したメンバーを除いた1期生11人と2期生15人の計26人で構成されており、1期生、2期生という分け方は欅坂46を踏襲している。

2期生は、2018年8月に最終審査が行なわれた『坂道合同オーディション』の合格者で構成されているが、同年11月に欅坂46に加入した9人と、その時点では乃木坂46、欅坂46、けやき坂46のどのグループにも配属されず、「坂道研修生」として活動した後、今年の2月に欅坂46に配属された6人で構成される。フィジカルリリースという意味では欅坂46のシングル曲に参加していない2期生にとって『Nobody's fault』が初のシングルであり、1期生にとっては欅坂46の最後のシングルとなった8thシングル『黒い羊』が発売された2019年2月27日から数えると、およそ1年10か月ぶりのシングルとなる。

櫻坂46『Nobody's fault』通常盤ジャケット
櫻坂46『Nobody's fault』通常盤ジャケット(Amazonで購入する

けやき坂46から改名した日向坂46(参考:日向坂46が紅白初出場。“キュン”で体現する「ハッピーオーラ」)とは違って櫻坂46が欅坂46の楽曲を披露することはなさそうだが、両グループ名の由来とされる六本木の「けやき坂」と「さくら坂」は実際に隣接しており、欅坂46のラストライブでは「その角を曲がると、新しい坂道が続いてた」という小林由依の語りと共に映像が流れ、欅坂46を脱退した平手友梨奈のソロ曲には“角を曲がる”という楽曲があり、冠番組『欅って、書けない?』は『そこ曲がったら、櫻坂?』に生まれ変わり、Twitter、YouTubeのアカウントもそのまま引き継がれ、メンバー自身もパフォーマンスを通じて楽曲のメッセージを届けるという欅坂46で培った姿勢を受け継ぎつつ新たな挑戦をしていきたい、という内容のことをたびたび語っているように、改名にあたって両者の関係が断ち切られたわけではなく、むしろ櫻坂46は欅坂46と地続きの関係にある。

櫻坂46『Nobody's fault』を聴く(Apple Musicはこちら

新たに導入された「櫻エイト」とセンター3人体制。全ての楽曲を14人編成で披露する狙いは?

櫻坂46が欅坂46と大きく、もっと言えば、乃木坂46、日向坂46とも異なるのは、櫻坂46の1stシングル『Nobody's fault』で採用された「櫻エイト」という新システムと、センター3人体制である。

全7曲収録の1stシングルでは、森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天といういずれも2期生の3人が各楽曲のセンターを担当し、全ての楽曲が14人編成でパフォーマンスされる。14人の内1列目2列目の8人は「櫻エイト」として全楽曲の1列目2列目に参加し、3列目の6人は楽曲ごとにメンバーが変わる。歌割りやデビューカウントダウンライブでのフォーメーションの動きから、14人編成とは、魅力あるメンバーを埋もれさせないための策、つまり、櫻坂46が掲げる「全員で、輝ける、未来へ。」を実現するためのものであるという印象を受けた。

櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Aジャケット。3人のセンターが並ぶ
櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Aジャケット。3人のセンターが並ぶ(Amazonで購入する

ベールを被ったメンバーの姿は何を意味する? 複数形態のジャケット全体で描く「進化」の過程

常田大希(King Gnu、millennium parade)主宰のクリエイティブチーム「PERIMETRON」がアートワーク、同集団所属のOSRINがアートディレクションを担当した1stシングル『Nobody's fault』のジャケットに目を向けてみると、計5タイプの内のTYPE-Aのジャケットには、センター3人体制を象徴するように――欅坂46時代とは異なって――森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天の3人が三角形をなすように配置されている。

それぞれがセンターを務めた楽曲から、森田ひかるセンターの表題曲“Nobody's fault”、藤吉夏鈴のセンター曲“なぜ 恋をして来なかったんだろう?”、山﨑天のセンター曲“Buddies”の3曲についてはMVが制作されているが、坂道シリーズではカップリング曲のMVはリリース後にショートバージョンになることが多い中、今回はそうなっていないことや、機会は少ないもののカップリング曲も音楽番組で披露されていることから、完全に同等とは言えないにしても、この3曲がトリプルA面的な扱いであり、1stシングルではこの3人をグループの「顔」としていくという姿勢が窺える。

櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Bジャケット
櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Bジャケット(Amazonで購入する

TYPE-Bのジャケットは、3人のセンターを除いた櫻エイトのメンバーと、ベールのかかった3列目のメンバーがその後ろに控えるという構図になっているが、通常盤ではベールを手にした山﨑天を中心にいまだまどろみの中にあるような3列目のメンバーが花の蕾のような、TYPE-Dでは藤吉夏鈴を中心に蕾が花咲こうとしているような、TYPE-Cでは花が咲き舞い踊るような陣形をとっており、ジャケットを裏返すとそれぞれのメンバーがベールを被っていたりいなかったりしていることから、ベールで覆われた状態とは、やがて花咲くことを内に秘めた種のような状態を暗示し、ジャケット全体で「進化」の過程を描いているように見える。裾が櫻色に染められた白のロングスカートは腰を下ろすと花のように広がる。

櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Cジャケット
櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Cジャケット(Amazonで購入する

櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Dジャケット
櫻坂46『Nobody's fault』TYPE-Dジャケット(Amazonで購入する

以上を踏まえつつ、“Nobody's fault”“なぜ 恋をして来なかったんだろう?”“Buddies”の3曲が「まだ何色にも染まっていない」櫻坂46の1stシングルの世界をどのように彩っているのか見てみたい。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材