コラム

映画『モキシー』を彩るパンクロック。校内の性差別にZINEで抵抗

映画『モキシー』を彩るパンクロック。校内の性差別にZINEで抵抗

テキスト
岡俊彦
編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

またひとつ、学園映画のあたらしい形が提示された。3月3日からNetflixで配信が開始された映画『モキシー ~私たちのムーブメント~』は、校内にはびこる性差別に、女性たちが連帯して立ち向かう物語だ。平気な顔で容姿の格付けをしてくる同級生や、権力を自分の身を守るためにしか行使できない学長に立ち向かうため、主人公のヴィヴィアン(ハドリー・ロビンソン)がとった行動──パンクミュージックをかけながら、不平等な現実を訴えるZINEを作る!──を見ていると、こちらまで勇気が湧いてくる。

フェミニズムや先人たちの活動に力を授かりながら、女性たちが協働して不平等に立ち向かう際の、パワフルな姿は魅力的だ。加えて綴っておきたいのは、彼女たちの運動に性別こそ違えど賛同し、さりげなく身体に連帯の印を刻んだセス(ニコ・ヒラガ)の存在について。ごく自然にフェミニズムを支持するセスを「ホットな存在」として描いたことや、そのキャラクターに日系ルーツを持つヒラガを起用したことも『モキシー』が学園映画史に刻んだ成果ではないだろうか。

今回は、さながらセスのように、あっこゴリラが提唱する「GRRRLISM(決めつけられてきた枠組みから解放するパワーの総称)」や、『モキシー』でも楽曲が使用されるバンド、The Muffsのロゴのタトゥーを身体に刻み込む岡俊彦氏(自らが企画する上映イベント『サム・フリークス』では「文芸フェミニスト映画2本立て」などとして「女たちの物語」を数多く紹介してきた)に、『モキシー』で使用される音楽に込められたメッセージや、同作の系譜に連なる映画について紹介してもらった。

性差別が蔓延る現状にNOを。「声を上げられるようになるまで」を描いた物語

祝・Kill Rock Stars設立 30周年! 1990年代初頭のパンクロックシーンで巻き起こったライオットガールムーブメント(音楽とフェミニズム、政治を組み合わせた運動。男性中心主義的で女性を蔑視する傾向にあった当時のパンクシーンに対して女性たちが反抗した)。その中核を担ったBikini KillやHuggy Bearといったバンドを輩出したレーベルとして知られるKill Rock Starsのアニバーサリーイヤーに相応しい映画がNetflixで配信リリースされた。それが『モキシー ~私たちのムーブメント~』である。

『モキシー ~私たちのムーブメント~』予告編

2015年に出版されたジェニファー・マチュー著のヤングアダルト小説『Moxie』を原作とするこの映画は、性差別が蔓延る学校の現状にうんざりしている高校生のヴィヴィアンが、母親が集めていたZINE(=自主制作本。ライオットガールムーブメントでは、そのフェミニズム思想を広めていくという点においてZINEが大きな役割を果たした)にインスパイアされ、自分も学生生活の中で感じている不満や想いを匿名で綴ったZINE『モキシー(「勇気」の意)』を制作。女子トイレにこっそり置いて配布を開始すると、その歯に衣着せぬ内容が学校中で話題となり、大きな変化を生み出すことになる、という物語だ。

本作は主人公の母親役で出演もしているエイミー・ポーラーにとって2作目となる長編映画監督作品である。映画監督としてのデビュー作となった『ワイン・カントリー』(2019年)では自らが主演を務め、さらには自分と同世代の女優陣でキャストを固めて楽しいシスターフッドコメディを作り上げた彼女。『モキシー』では役者としてはあくまでもサポートに回り、若者たちにエールを送るかのように「声を上げられなかった少女(たち)」が声を上げられるようになるまで」を描いた青春映画を届けてくれたのだった。

左が主人公の母親役として出演するエイミー・ポーラー監督、右がハドリー・ロビンソン演じる主人公のヴィヴィアン
左が主人公の母親役として出演するエイミー・ポーラー監督、右がハドリー・ロビンソン演じる主人公のヴィヴィアン

『ワイン・カントリー』に続いて『モキシー』でも女性陣はもちろん魅力的に描かれているが、それと同じくらいに魅力的なのが主人公と恋仲になるセス(ニコ・ヒラガ)だ。フェミニズムに共感を示して主人公を見守ってくれる、理想的すぎるほど理想的な男子高校生(自身もスケーターであるニコ・ヒラガは『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』に続いて、またもやスケーター役)。女性に対する性的暴行などのシビアな現実を考えれば、この理想的なキャラクターは「それでも未来は暗くない」と希望 / 理想を謳い上げようとする作り手の真摯な姿勢の表出と考えたい。そして、物語のクライマックスはフランク・キャプラの『スミス都へ行く』(1939年)から連綿と受け継がれている、アメリカ映画お得意の「演説」なのだから、世界中の人々に勇気と力を与えてきたアメリカ文化のオプティミズムがここにも息づいていることがはっきり分かるというものだ。

右がニコ・ヒラガ演じるセス
右がニコ・ヒラガ演じるセス
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『モキシー ~私たちのムーブメント~』
『モキシー ~私たちのムーブメント~』

2021年3月3日(水)Netflixで配信

監督:エイミー・ポーラー
出演:
ハドリー・ロビンソン
エイミー・ポーラ
ニコ・ヒラガ
アリシア・パスクアル・ペーニャ
ローレン・サイ
パトリック・シュワルツェネッガー
ほか

イベント情報

『サム・フリークス Vol.12』

2021年5月8日(土)

上映作品:
『ミス・ファイヤークラッカー』(監督:ホリー・ハンター)
『ジョージア』(監督:ジェニファー・ジェイソン・リー)
料金:1,374円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性