特集 PR

THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

THE SPELLBOUND『THE SECOND CHAPTER』
テキスト
李氏
撮影:oyaming 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

THE SPELLBOUNDの初ライブを目撃して

あまりにも鮮烈な幕開け。BOOM BOOM SATELLITES中野雅之とTHE NOVEMBERS小林祐介からなるTHE SPELLBOUNDの記念すべき初ライブ『THE SECOND CHAPTER』は、まさしくこう評するほかない強烈な体験だった。5枚の配信シングルをリリースしたのみで全貌の見えない「新人バンド」としては破格の注目度を持つ2人で、なおかつ双方のバンドがライブアクトとして名高いこともあってか開演前の会場にはある種の緊張感が漂っていた。

「何かとんでもないことが起きる」。そんな予感にTHE SPELLBOUNDは見事に応えてみせた。そこにはロックバンドの美しさがあった。

THE SPELLBOUND(ザ スペルバウンド)<br>BOOM BOOM SATELLITES中野雅之とTHE NOVEMBERS小林祐介がスタートさせたバンド。2021年1月13日に発表したデビューシングル『はじまり』を皮切りに、5か月連続で映像と共に配信リリースを行う。8月21日には『FUJI ROCK FESTIVAL '21』への出演、12月18日にはUSEN STUDIO COASTでのライブを控える。
THE SPELLBOUND(ザ スペルバウンド)
BOOM BOOM SATELLITES中野雅之とTHE NOVEMBERS小林祐介がスタートさせたバンド。2021年1月13日に発表したデビューシングル『はじまり』を皮切りに、5か月連続で映像と共に配信リリースを行う。8月21日には『FUJI ROCK FESTIVAL '21』への出演、12月18日にはUSEN STUDIO COASTでのライブを控える。

THE SPELLBOUND“はじまり”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

BOOM BOOM SATELLITESと中野雅之の音楽的歩みから見た、小林祐介との新バンドの必然

『THE SECOND CHAPTER』について詳しく書く前に、前置きとして簡単にメンバーの2人について書いておこう。まずは中野雅之についてだ。

THE SPELLBOUNDの音楽性を評する際、その特徴的なサウンドメイキングを指して「中野サウンド」という言葉がしばしば使われる。しかしながらBOOM BOOM SATELLITESの27年間に及ぶキャリアを考えてもそれが指し示すものは実にさまざまだ。

デビューEP『JOYRIDE』(1997年)から3rdアルバム『PHOTON』(2002年)までの、ブレイクビーツとロックの融合を基調としながらジャズやトリップホップ、アンビエントといった音楽性を果敢に取り入れていった初期のスタイルと、“Dive For You”(2004年)のタイアップを経てよりロックバンドとしての性格を強めた以降のスタイルは、当然のことながら大きく異なっている。

BOOM BOOM SATELLITES『JOYRIDE』表題曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

“Dive For You”は、士郎正宗原作の漫画『アップルシード』の映画主題歌に起用されたことでも知られる(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

「ロックを取り入れたクラブミュージックからクラブミュージックを取り入れたロックへ」というBOOM BOOM SATELLITESの音楽性の変遷において、なお「中野サウンド」なる一貫した特徴を見出すとすれば、それは「ロックとクラブミュージックのいずれのジャンルにも回収されない、徹底したサウンドメイキングの追求」ということになるだろう。

BOOM BOOM SATELLITESの活動終了後も中野のプロデューサーとしての手腕が求められ続けたのも、この磨き抜かれた感性の在り方が関わっていると言える。彼がプロデュース仕事を請け負い始めたテン年代後半は、トラップがUSメインストリームを席巻する一方、ギターロック的サウンドが相対的に存在感を失っていた時期でもあった。

そんななかで、ねごとや凛として時雨、MAN WITH A MISSIONといったロックバンドの楽曲プロデュースやリミックス仕事を多く中野が手がけることになったのは、ロックバンド的語彙に精通しつつジャンル特有の美意識や方法論に囚われない一種の拡張性がそこに期待されたからだろう。

このことはTHE NOVEMBERSのフロントマンである小林祐介がBOOM BOOM SATELLITESへのリスペクトを度々表明していたこととも、決して無関係ではない。

中野雅之(なかのまさゆき)<br>1997年、ベルギーの「R&S Records」よりデビュー。川島道行とともにBOOM BOOM SATELLITESとして活動し、映画『ダークナイト』や『YAMAKASI』などで音楽が起用されるなど国内外での活躍を果たす。2016年に発表した『LAY YOUR HANDS ON ME』という作品でBOOM BOOM SATELLITESとしての活動を終え、プロデューサーとしても多くの作品を残す。
中野雅之(なかのまさゆき)
1997年、ベルギーの「R&S Records」よりデビュー。川島道行とともにBOOM BOOM SATELLITESとして活動し、映画『ダークナイト』や『YAMAKASI』などで音楽が起用されるなど国内外での活躍を果たす。2016年に発表した『LAY YOUR HANDS ON ME』という作品でBOOM BOOM SATELLITESとしての活動を終え、プロデューサーとしても多くの作品を残す。
BOOM BOOM SATELLITES『TO THE LOVELESS』(2010年)収録曲。この曲は『THE SECOND CHAPTER』でTHE SPELLBOUNDによるカバーが披露された(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

THE NOVEMBERSがデビュー時から志向してきた、非ギターロック的なサウンドのあり方

たとえば、THE NOVEMBERSの初期の代表曲“Philia”(2008年)のざらついた薄い膜のようなギターサウンドのテクスチャーからして、彼らがいわゆるギターロックの定石に収まらないギタープレイを志向していたことは明白だ。My Bloody Valentineに代表されるシューゲイザーの影響から生まれたであろうこのようなアプローチはその後の彼らのサウンドメイキングの基本となっている。

THE NOVEMBERS“Philia”を収録した『paraphilia』を聴く(Apple Musicはこちら

そして『ANGELS』(2019年)と『At The Beginning』(2020年)に至って、このようなバンドの拡張性はインダストリアルやエレクトロといった非ギターロック的手法を捉え、THE NOVEMBERSの作品世界を大きく広げることになった。小林祐介が中野雅之とコンタクトを取り始めたのはちょうどこの時期と重なる。

小林祐介(こばやし ゆうすけ)<br>2005年に結成のオルタナティブロックバンド、THE NOVEMBERSのフロントマン / ソングライター。2007年に「UK PROJECT」より1st EP『THE NOVEMBERS』でデビュー。2013年にレーベルMERZを立ち上げ、コンスタントに作品を発表しながら勢力的にライブ活動を続けている。
小林祐介(こばやし ゆうすけ)
2005年に結成のオルタナティブロックバンド、THE NOVEMBERSのフロントマン / ソングライター。2007年に「UK PROJECT」より1st EP『THE NOVEMBERS』でデビュー。2013年にレーベルMERZを立ち上げ、コンスタントに作品を発表しながら勢力的にライブ活動を続けている。
THE NOVEMBERS『ANGELS』収録の“TOKYO”は、『THE SECOND CHAPTER』でTHE SPELLBOUNDによるカバーが披露された(Apple Musicはこちら

このように2人の活動に共通するのは、ロックバンドという形式に対する絶妙な距離感にあると言えるだろう。ゆえにバックグラウンドも世代も大きく異なる彼らがそれでもなおTHE SPELLBOUNDとして結びついたことには一定の必然性があった。

このような彼らのアティチュードが、4人編成の剥き出しのライブパフォーマンスとしてどう表現されるのか。『THE SECOND CHAPTER』においてはそこが非常に重要だった。

THE SPELLBOUND“名前を呼んで”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

THE SPELLBOUND
『THE SECOND CHAPTER』

2021年7月8日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

THE SPELLBOUND
『公演名未定』

2021年12月18日(土)
会場:東京都 新木場 USEN STUDIO COAST

プロフィール

THE SPELLBOUND(ザ スペルバウンド)
THE SPELLBOUND(ザ スペルバウンド)

BOOM BOOM SATELLITES中野雅之とTHE NOVEMBERS小林祐介がスタートさせたバンド。2021年1月13日に発表したデビューシングル『はじまり』を皮切りに、5か月連続で映像と共に配信リリースを行う。同年、7月8日に初ライブ『THE SECOND CHAPTER』を恵比寿LIQUIDROOMにて開催。8月21日には『FUJI ROCK FESTIVAL '21』への出演、12月18日にはUSEN STUDIO COASTでのライブの開催が発表されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察