特集 PR

『ダンストリエンナーレトーキョー』が魅せる舞台芸術の世界

『ダンストリエンナーレトーキョー』が魅せる舞台芸術の世界

前田愛実
撮影:西田香織
2012/09/27

ダンスを観る楽しみを知らないということは、間違いなくひとつの幸せを知らないということだ。ダンスを観るたび、ダンスする身体の美しさに感動するたび、そんな確信が心に芽生えていく。しかし一方、音楽や映画、アートに比べて、ダンスを観ることの出来る機会というのは非常に少ない。全てのダンスパフォーマンスは、基本的にたった1回きり、止まることなく流れる現実時間の一瞬の間に産み落とされる。その瞬間に合わせて、自らがしかるべき場所に出向き、面と向かって立ち会わなければ、ダンスを観て楽しむということは不可能なのだ。この便利なIT全盛の時代に、反逆の牙を剥くようなダンスというカルチャーには、実はまだ多くの人に知られていない魅力が、掘り越されるのを待っているのではないだろうか。

そんなダンス作品が世界中から一同に集まる『ダンストリエンナーレトーキョー2012』がいよいよスタートする。ここでは今回のダンストリエンナーレトーキョーの各プログラムの見どころ、そしてそんな豪華なラインナップに挑む日本の若手カンパニー『21世紀ゲバゲバ舞踊団』『田畑真希/タバマ企画』の2組を順番にご紹介していきたい。

亡きピナ・バウシュに捧げる、強靭な身体性に裏打ちされた作品―アラン・プラテル/les ballets C de la B『OUT OF CONTEXT – FOR PINA』


日本初演、世界初演の多様な注目作品が続々と披露されるプログラムはどれも見所がいっぱいだが、まずは日本でもファンの多いアラン・プラテルやヤスミン・ゴデールに注目していきたい。アラン・プラテル/les ballets C de la Bの『OUT OF CONTEXT – FOR PINA』は、これまでのプラテルの作品を特徴づけていた大がかりな舞台美術やユニークなスタイルの生演奏などを封印し、シンプルにダンサーの表現のみで勝負した話題作。とはいえ、プラテルの起用するダンサーは、強靭な身体性と強烈な存在感を持つツワモノばかりだから、作品の強度に間違いはないだろう。ちなみにタイトルにある「FOR PINA」とは、もちろん今は亡き巨匠ピナ・バウシュのこと。ピナを深く敬愛するプラテルが彼女に捧げたこの作品、その本気度の高さがうかがい知れそうだ。

アラン・プラテル/les ballets C de la B ©Chris Van der Burght
アラン・プラテル/les ballets C de la B
©Chris Van der Burght

世界でも有数のダンス大国イスラエル―アルカディ・ザイディス『Quiet』

政治的な内容が注目を浴びることが多いイスラエルのヤスミン・ゴデールが発表するのは『LOVE FIRE』。古今東西のワルツにのせて展開する本作品でも、存在の根源をゆさぶるヤスミン節は健在のようだ。さらに同じイスラエルからはアルカディ・ザイディスも参加する。彼の作品『Quiet』は、イスラエルとパレスチナにおける根深く難しい問題について、真正面から向き合った希有な作品として高い評価をおさめている。実はイスラエルは豊かなダンス文化が発達した世界でも有数のコンテンポラリーダンス大国であり、その複雑な文化、政治的背景の影響により、個性溢れる優れたカンパニーが多数存在する。また独自の訓練法も存在しており、比べて見てみれば一目瞭然だが、ダンサーの体つきからしてヨーロッパやアジアとは異なっていて、身体性の違いにも価値感の多様性が見てとれる。様々な作品を見る機会に恵まれるフェスティバルだからこそ、そういったところに注目するのも面白いだろう。

アルカディ・ザイディス ©Gadi Dagon
アルカディ・ザイディス ©Gadi Dagon

Page 1
次へ

イベント情報

『ダンストリエンナーレトーキョー2012』

2012年9月27日(木)〜10月14日(日)
会場:東京都 青山(以下同)
青山円形劇場、スパイラルホール、東京ドイツ文化センター、シアター・イメージフォーラム、国連大学、青山ブックセンター本店
参加アーティスト:
ナセラ・ベラザ
アルカディ・ザイディス
アラン・プラテル/les ballets C de la B
平敷秀人
21世紀ゲバゲバ舞踊団
ジェコ・シオンポ
近藤良平
リア・ロドリゲス
伊藤千枝/珍しいキノコ舞踊団
ヨンスン・チョ・ジャケ
ヤスミン・ゴデール
田畑真希
川村美紀子
チェ・チンハン
マルティン・ナッハバー
向井山朋子+ニコル・ボイトラー+ジャン・カルマン
ほか
※全プログラムはオフィシャルサイト参照

シンポジウム
『人はなぜ踊るのか?』

2012年10月6日(土)17:00〜19:30
会場:東京都 青山 国連大学 ウ・タント国際会議場
モデレーター:榎本了壱、近藤良平
パネリスト:岩下尚史、高橋和子、束芋、TETSUYA(EXILE)
料金:1,000円(前売のみ)

プロフィール

ダンストリエンナーレトーキョー2012

2002年にスタートした、世界の振付家・ダンサーが一堂に集う日本最大規模のコンテンポラリーダンスフェスティバル。世界の舞台芸術の場で活躍する同時代の表現者達との交流を通じて、コンテンポラリーダンスの裾野を広げること、新たなオリジナリティーが生まれる文化的土壌を豊かにしていくことを目指して開催されている。今回5回目を迎え、ベルギー、ブラジル、フランス、ドイツ、インドネシア、イスラエル、韓国、スイス、オランダ、日本の10カ国から20以上のカンパニーが参加。前回の2009年にはダンス一色の青山に国内外から10,000人を超える観客・参加者が訪れた。日本のみならずアジアから世界へのダンスカルチャーの発信源として、今後ますます重要な役割を担っていくことが期待される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業