特集 PR

『この人に、この人生あり!』 第1回:マンガ界のゆかいな革命児「タナカカツキ(マンガ家)」

マンガ好きのみならず、各界の目利きたちを唸らせてきた異色作にして名作『オッス! トン子ちゃん』。天久聖一とのコンビで、規格外のバカバカしさを詰め込みまくった新時代のギャグバイブル『バカドリル』。マンガ家・タナカカツキさんの表現は、いつもこちらの期待を裏切らない「裏切り」に満ちています。言い換えればそれは、楽しい実験精神? 変幻自在のスタイルは、CG映像、立体作品など、紙とペンの世界にとどまらない広がりよう。最近ではローソンの展開するカフェサービス「MACHI café」で特製タンブラーのデザインを担当するなど、コラボレーションの新境地も見せています。そんな摩訶不思議なマンガ家「タナカカツキ」は、これまでどんな道のりを歩んできたのでしょうか。

タナカカツキ プロフィール

1966年、大阪府出身。18歳でマンガ家デビューし、以降、映像作家、アーティストとしても活躍する。マンガ家としての作品は『オッス! トン子ちゃん』『バカドリル』(天久聖一との共著)など、また映像作品としては『SUNDAY』『ALTOVISION』などがある。
http://www.kaerucafe.com/

タナカカツキ

あの天才が書いた『マンガ家入門』が出発点

カツキさんの活動は従来の「マンガ家」のくくりでは語り尽くせないもの。そもそもマンガ家を目指したきっかけって何なのでしょう? それは、8才のときにご両親が買ってくれた『赤塚不二夫のマンガ家入門』との出会いだそうです。

タナカ:もちろん赤塚マンガは大好きでした。でも僕にとってあの本の衝撃って、大人になってもマンガ描いて、それで暮らしてる「マンガ家」なる存在が本当にいるんだと実感させてくれたところですね。考えたら当たり前ですけど、当時の僕はプロ野球見てても「なんで大人になっても野球やってていいの?」って親に聞いてたりしましたから。

タナカカツキ

野球もマンガも、自分たち子どものもの、という感覚だったカツキ少年。裏を返せばそのふたつは、大人になったら卒業しないといけないものだったのです。

タナカ:そうそう。でもその本で、マンガ家を目指すことになったようなもんです。今思い返しても、マンガの描き方はもちろん、アニメーションの作り方まで描いてあってすごい本でした。当時のマンガ家って紙とペンで描くマンガ以外にも色々やっていた印象があって、それこそ赤塚先生も、アニメにも関わるし、TVにも出ちゃうし、タモリさんみたいな才能を世に送り出したりっていう。

そう語るタナカさんご本人も、マンガとはかなり違う作風のCG映像に関わったり、アート展にも参加したりと、ふつうの「マンガ家」の範疇にとどまらない活動ぶりです。意外なところでは、90年代にあの『笑っていいとも』の構成ブレーンを一時期務めたという経歴も! そういう多才な活動ぶりにおいても、スタイルこそ違えど赤塚先生の影響は大きいのかもしれません。

ただ、「マンガ家入門」を読んだ後、12歳で挑んだ初の長編マンガ『AGE』は、『天才バカボン』のような赤塚マンガというより、手塚治虫風のSF冒険テイストでした。なぜそうなったのかを聞くと、そこには小学生ばなれした実験精神が込められていました。

タナカ:アレはですね、赤塚先生が初期に手塚マンガの影響を受けていて、ああいう感じのを描いてたって知ったから、僕もまずそのようにしてみた結果なんですよ。あと赤塚さんって『天才バカボン』があまりに有名だからみんなギャグマンガ家として知ってるけれど、ストーリーものとか、劇画ものとか色々手がけてるんです。だからねぇ…きっと彼にとってはどれも実験だったんでしょうね。得意のギャグにしたって、その本質は実験なわけですし。

つまり、若き赤塚をいちど追体験するかのような試みを、小学生にしてやっていたのです。そこまで熱い赤塚ファンなのか! と思うのと同時に、その独特の聡明さに驚かされます。盟友・伊藤ガビンさんも、その後に世へ出たこの作品のあとがきに「おそろしい子!」と彼一流の賛辞を送っています。

PAGE 1 > 2 > 3

『この人に、この人生あり!』連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ