特集 PR

現代の日本社会でアーティストとして生きる理由

現代の日本社会でアーティストとして生きる理由

内田伸一
撮影:大槻正敏
2012/11/19

田村友一郎―美術館展示室と地下駐車場を作品で貫く映像作家

佐々さんの展示室を出ると、「あれ、これで終わり?」と一瞬戸惑います。なぜならその空間にあるのは、ロダンの彫刻やデイヴィッド・ホックニー、黒田清輝らの絵画など、近現代美術の名作群だから。しかもこれらは東京都現代美術館の収蔵作品です。

しかし油断は禁物です。壁の一隅には、「田村友一郎『深い沼』」の作品キャプションと、小説のワンシーンのような内容の短い散文が。まぎれもなく、ここが彼の展示室のようです。ご本人をつかまえてその真相を伺いました。

田村:このテキストはもともと、今回の展覧会に臨む作家のコメント文を美術館から求められて書いたものです。そのとき僕は東京から離れたある島に滞在中でしたが、この東京都現代美術館の歴史に興味があり、収蔵品リストを眺めていました。実はテキストはすべて、この収蔵品リストの作品タイトルを組み合わせて作ったものです。もちろんこの部屋に展示された15作品も含まれています。

田村友一郎『深い沼』2012年(部分)
田村友一郎『深い沼』2012年(部分)

さらに、彼の意図を読み解くもうひとつの鍵は、東京都現代美術館の地元・深川にゆかりある人物のようです。全てをここに書くことはできませんが、田村さんはその人物の一生や、暮らした町、そしてこの美術館の歴史から事実の断片をすくい上げ、独自の想像力で「過去に出会う」探訪の世界を紡ぎ出しました。

実はこの作品『深い沼』の展示は、地下駐車場にもつながっています。そこには前述の人物がかつて暮らした家が部分的に再建され、観賞者は音声ガイドと共に、見知らぬ過去へと降りてゆくような体験に誘われます。田村さんの紡いだ物語は、上階と地下をつないで完成するのです。

田村:家屋は能舞台をイメージして、映画美術の専門家に頼んで精密に再現してもらいました。能では亡霊と対話する物語が多いので、その連想もあって。この作品全体が、先ほどのテキストの思いつきから始まり、作りながらどんどん構想を加えて出来上がったものなんです。

田村友一郎
田村友一郎

ところで田村さんは「自分がアーティストだと思ったことはない」と言います。

田村:強いていえば映像作家、ですね。この作品では映像を撮ってないのでは? と思うでしょうが、例えば3階の展示も地下の家屋も、広い意味での「風景」を立ち上げる点で映像と考えています。自分でカメラを回すかどうかにはこだわりがありません。

何のためにアーティストとして作品を作るのかという質問には、「僕自身が見たい風景を作品化してきた、という以外に理由はないです」とシンプルな回答。「逆に何かのためとなると、アートは弱く、つまらないものになってしまうのでは」という言葉も印象的です。さまざまな意味で、美術館に収まり切らない田村さんの作品でした。

Page 4
前へ 次へ

イベント情報

『MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる』

2012年10月27日(土)〜2013年2月3日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室 3F
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
奥村雄樹
佐々瞬
下道基行
田中功起
田村友一郎
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
森田浩彰
休館日:月曜(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月28日〜1月1日、1月15日
料金:一般1,000円 大学生・65歳以上800円 中高生500円
※小学生以下無料

佐々瞬『それらの日々をへて、あの日がやってくる』パフォーマンス
2012年12月8日(土)
会場:東京都 東京都現代美術館 企画展示室3F
時間:未定(決まり次第、美術館ホームページで告知)
出演:小田原直也、佐々瞬
※当日有効の本展チケットが必要

奥村雄樹関連展示『通訳者のメモ』
2012年11月23日(金・祝)〜 12月2日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 ホワイエ

奥村雄樹『ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー』上映+トーク
2012年11月24日(土) 15:00より(14:30開場、17:00終了予定)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 地下2F 講堂
トーク:平倉圭×星野太
料金:無料

田村友一郎関連イベント
2012年12月24日(月・祝)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
※当日有効の本展チケットが必要
※開催時間は決定次第、美術館ホームページで告知

田中功起『質問する』
2012年9月〜約3か月
ウェブマガジン『ARTiT』上で掲載
※本展企画者との往復書簡
ART iT 連載 田中功起 質問する 8-1:西川美穂子さんへ1

森田浩彰によるパフォーマンス
会期中随時開催予定

学芸員によるギャラリーツアー
2013年1月12日(土)15:00〜16:00
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室3F
※当日有効の本展チケットが必要

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている