特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.11:9mm Parabellum Bullet

マルチプレイヤー滝の本領が発揮
フィジカルな作曲を実現する場所

9mm Parabellum Bulletの曲作りは、主に滝さんが担当しています。ドラムをコンピューターに打ち込んでいる間にベースラインが思いつき、それを弾いているうちにギターバッキングのアイデアが浮かんできて……というふうに、実際に楽器を重ねていく中でアレンジが構築されていく。そうした作業は自宅だけでなく、レコーディングスタジオでもおこなっているのだとか。バンドでのプリプロダクションが終わりメンバーが帰った後、1人スタジオに残って生のドラムを叩いたり、大音量でアンプを鳴らしたりして録音をおこなっているそう。演奏しているときに、どこで力を入れたくなるか、あるいはどこで力を抜くべきか、そういうプレーヤー目線でのアレンジで、より訴求力のある楽曲を生み出す滝さんにとって、このスタジオはなくてはならない場所なのです。

1

KORG「Nuvibe」

KORG 製品詳細ページはこちら>>KORG「Nuvibe」

1969年の『ウッドストックフェスティバル』でジミ・ヘンドリックスが使用した幻の日本製モジュレーションエフェクター「Uni-Vibe」。そのサウンドを当時のエンジニアの監修によって再現した復刻モデルが「Nuvibe」です。10本並んでいるスライダーで、モジュレーションの波形をグラフィカルに生成できるというユニークな新機能も加わり、ギタリストたちの注目を集めています。

滝:ビブラートはわりと柔らかい印象がありますけど、コーラスは結構クセがあるというか、不思議な広がりがありますね。エフェクトをかけてから歪ませると、かなり変態的なサウンドが作れます(笑)。単音フレーズだけじゃなくてコードカッティングをしても強烈なエフェクト効果を得られるし、思いっきりロングトーンを弾いたり、フィードバックをさせたりしても面白いですね。

2

Kemper「HEAD」

KEMPER 製品詳細ページはこちら>>Kemper「POWERHEAD & HEAD」

現在、ギタリストの間で大変人気なのが、このKemperのアンプシミュレーターです。以前、スピッツと対バンした滝さんは、メンバー全員が本機で音を鳴らしているのを見て衝撃を受けたそう。「きっと滝くんは好きだと思うよ」とスピッツのメンバーから勧められ、購入を決めました。

滝:とにかく、音が素晴らしい。アンプにマイクを立てて録ったのと同じ音がしますし、エフェクター類もかなりハイグレード。下手なペダルエフェクターよりもよっぽど音が良いので、自宅でギターの音を作るときにはほとんどこれ1台で作っちゃいますね。今のところライブで使う予定はないのですが、いろんなレコーディングで使ってみたいですね。欲しいアンプの音が手軽に出せるので、きっと重宝すると思いますよ。

3

KORG「MS2000B」

KORG 製品詳細ページはこちら>>KORG「MS2000B」

メジャーデビューした頃に、このアナログモデリングシンセサイザーの名機を入手したという滝さん。残念ながら現在は生産中止となっていますが、エフェクトはあまりかけず、オシレーターの素の音そのままを出す使い方が気に入っているそうです。

滝:オクターブを加えたり、サイン波や矩形波など波形を切り替えたり、アタックやディケイタイムをいじったりしながら簡単に音作りができる。そうやって、ファミコンゲームのBGMみたいなサウンドを作って遊んだりしているうちに、気に入った音色ができたらフレーズを作って録りためておく。そういう音素材が自宅には大量にあるんですけど、後で聴き返したときに「これ、いいじゃん!」ってなって、そこから曲を作ることもありますね。バンド演奏で使う機会は今のところまったくないんですけど、曲作りのインスピレーションとして強力なツールです。

4

ESP「Suffer」(滝善充モデル)

ESP「Suffer」(滝善充モデル)

カスタムギターメーカーの老舗、ESPにオーダーして作ったこのギターを、3年くらい前からメインで使っているという滝さん。自分仕様にカスタムするにあたり、さまざまなリクエストをしたのですが、そのときもっともこだわったポイントが、「どれだけ振り回しても壊れないギター」であること。とにかく頑丈なギターにしてもらったそうです。

滝:体積と質量を可能な限り稼ぐため、ネックもボディもベース用の固い素材を使っています。じつはこのギター、かなり広い会場でライブをしたときにストラップが外れて30メートルくらいすっ飛んじゃったことがあるんですよ(笑)。それでも、なんとキズ1つなかった! 音質は二の次で考えていたのですが、結果的に音のレスポンスも速く、エッジの効いた近未来的なサウンドになったので、9mmの曲と相性も抜群です。最強のギターですね。

ギターだけでなく、じつはドラムやベース、シンセも弾きこなすマルチプレーヤーの滝さん。曲作りから演奏まで、すべて一人で担当したソロアルバムを「ゆくゆくは作りたい」と思いつつも、それが自己満足で終わるようなものであってはいけない、曲を作ることで人々の中にコミュニケーションを生み出していきたいと、インタビューの最後に話してくれました。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「iMac」
  • Apple「MacBook Air」
  • DAWソフト
  • Avid「Pro Tools 10」
  • オーディオインターフェース
  • Avid「Digi 002」
  • シンセサイザー
  • KORG「MS2000B」
  • KORG「M50」
  • モニタースピーカー
  • ADAM Audio「A7X」
  • アウトボード
  • API「lunchbox」
  • DBX「160x」
  • マイク
  • SENNHEISER「MK4」(バンド名入り)
  • AKG「C-451」
  • ギター
  • ESP「Suffer」(滝善充モデル)
  • エフェクター
  • KORG「Nuvibe」
  • アンプシュミレーター
  • Kemper「HEAD」

Information

9mm Parabellum Bullet 『Greatest Hits ~Special Edition~』初回限定生産10周年盤(2CD)

9mm Parabellum Bullet
『Greatest Hits ~Special Edition~』
初回限定生産/10周年盤(2CD)

2014年7月9日(水)発売
定価:3,780 円(税込)
TYCT-69027/8

[収録楽曲]
[DISC1]「Greatest Hits」
1. The World
2. Discommunication
3. Supernova
4. Wanderland
5. Black Market Blues
6. Cold Edge
7. 命ノゼンマイ
8. 新しい光
9. カモメ(Strings Version)
10. ハートに火をつけて
11. Answer And Answer

[DISC2]「Selected Bullet Marks」
1.「(teenage)Disaster」
(2007.02.25 “機械の遺伝子” at 渋谷 O-nest)
2.「Beautiful Target」
(2007.09.09 “カオスの百年 vol.4” at 渋谷 CLUB QUATTRO)
3.「Caucasus」
(2007.11.28 “硝子越しの暴走” at 恵比寿 LIQUIDROOM)
4.「Heat-Island」
(2008.02.08 “Termination Tour 07/08”
at 渋谷 CLUB QUATTRO)
5.「sector」
(2008.06.06 “無重力のキューブ” at SHIBUYA-AX)
6.「Living Dying Message」
(2008.10.18 “暁の野音” at 日比谷野外大音楽堂)
7.「Vampiregirl」
(2009.01.29 “VAMPIRE EMPIRE TOUR 08/09” at 京都 磔磔)
8.「Talking Machine」
(2009.09.09 “999(アット ブドウカン) ” at 日本武道館)
9.「キャンドルの灯を」
(2010.06.24 “Revolutionary Tour 2010” at 東京 NHKホール)
10.「Lovecall From The World」
(2010.09.09 “カオスの百年 vol.7” at 新木場 STUDIO COAST)
11.「Termination」
(2011.06.26 “Movement YOKOHAMA” at 横浜アリーナ)
12.「Scenes」
(2011.09.09 “Movement Moment Tour 2011”
at Zepp Fukuoka)
13.「Mr.Suicide」
(2012.09.09 “カオスの百年 vol.8 昼の部[女性限定ライブ]” at 下北沢 GARDEN)
14.「The Revolutionary」
(2012.09.09 “カオスの百年 vol.8 夜の部[男性限定ライブ]” at 下北沢 GARDEN)
15.「Punishment」
(2013.03.09 “39 -Thank You- LIVE” at 新宿 風林会館)
16.「光の雨が降る夜に」
(2013.04.17 “桜前線ブッタ斬リ2013” at Zepp Namba)
17.「Scream For The Future」
(2013.09.09 “カオスの百年 vol.9” at 横浜BLITZ)
18.「新しい光」 (2013.11.01 “Breaking The Dawn Tour 2013” at Zepp Sapporo)
19.「Answer And Answer」
(2014.02.07 “10th Anniversary Live「O」” at 日本武道館)
20.「黒い森の旅人」
(2014.02.08 “10th Anniversary Live「E」” at 日本武道館)

Amazon


9mm Parabellum Bullet 『Greatest Hits』通常盤(CD)

9mm Parabellum Bullet
『Greatest Hits』通常盤(CD)

2014年7月9日(水)発売
定価:1,999円(税込)(2014年8月29日までの期間限定出荷盤)
TYCT-69029

[収録楽曲]
初回限定生産10周年盤 [Disc1]「Greatest Hits」と同内容

Amazon


PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで