特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.4:POLYSICS

「面白いことをやりたい」「驚かせたい」
明確なビジョンを持って結成したPOLYSICS

ハヤシ(POLYSICS)

その後、さらに「リズムミンチ」というバンドを経て、一部のメンバーと高校卒業直前に結成したのがPOLYSICSでした。バンド名の由来はもちろん、KORGのアナログシンセサイザー「Polysix」です。

ハヤシ:ずっとDEVOを聴きながら、「まさにこういうスタイルでやりたい!」っていう明確なビジョンがあったんです。まだまだ音楽的には固まっていたわけではないんですけど、とにかく「面白いことをやりたい」「お客さんをビックリさせたい」って思っていました。

DEVOは、1970年代後半に登場した米国オハイオ州のニューウェーブバンド。KraftwerkやYMOとともに、その後登場するさまざまなテクノポップバンドに多大な影響を与えた存在です。エナジードームと呼ばれる赤い逆三角形の帽子や、揃いの衣装を着たコンセプチュアルなステージング、メンバー同士をコードネームで呼び合うなど、POLYSICSのスタイルに与えた影響も計り知れません。

ハヤシ:彼らは「テクノ」と呼ばれる音楽の中でも生々しいというか、「汗」を感じたんですよね。初めて筋肉少女帯を聴いたときと同じように、「様式美に陥ったパンクロックなんかよりも、よっぽどパンクなんじゃないか?」って。しかも彼らの音楽って不思議なんですよ。The Rolling Stonesの“(I Can't Get No) Satisfaction”のカバー曲では、シンセの音が入っていないのにテクノを感じるんです。

順調だった国内活動の中で感じた違和感
バンドの体力をつけて海外ツアーにも挑戦

POLYSICSの機材

その後、POLYSICSは幾たびかのメンバーチェンジの後、1999年にDECKREC RECORDSと契約、『1st P』でインディーズアルバムデビューを果たします。そこから活動はトントン拍子で進んでいくのですが、ハヤシさんの気持ちの中では葛藤があったそうです。曲を作る時間すらないのに、数か月先のスケジュールまでどんどん埋まっていく。そうした急激な状況の変化についていくのが精一杯。ライブの規模が大きくなればなるほど、バンドとしての体力のなさを目の当たりにしていきます。ただ「お客さんをビックリさせよう」だけではいけないと思うようになったのも、この頃からでした。

ハヤシ:そのおかげで、自分がやりたいこともより明確になってきたように思います。「こんな評価のされ方は気に食わない」「POLYSICSは、存在自体が面白いって思ってもらえなきゃダメなんだ」って。もっと広い意味での面白さを身につけたい、そのためには、バンドとして体力をつけなくちゃいけないって思って作ったのがインディーズの2ndアルバム『A・D・S・R・M!』です。

そして2000年、ついに『NEU』でメジャーデビューを果たしたPOLYSICS。次第にテクノポップ色を払拭し、ライブ感を全面に打ち出していくようになります。サポートメンバーとしてSNAIL RAMPのイシマルがドラムで参加した、2003年の通算6枚目『National P』では、さらに振り切ったサウンドへとシフトしました。

ハヤシ:売上的には一番ダメだったんですけど(笑)。でも、その翌年くらいから、海外での評価が上がっていったんです。スペインで開催された『PRIMAVELA SOUND FESTIVAL』に出演したり、Kaiser ChiefsのUKアリーナツアーにフロントアクトとして出演したり。なんか、状況を変えたかったんですよね。それまではワンマンライブばかりやってたんです。「僕らのことを好きな人たちの前で、とことん好きなことをやればいい」って。でも、もっと色んなオーディエンスがいるところで腕試しをしたくなったというか。全米ツアーではもう反応が日本とは全然違う。何の前知識もない、歌詞の意味も分からない僕らの音楽をサウンドだけで楽しんでくれるというか。僕らは僕らで、「ただただ、ファッキンクレイジーな、ワケ分かんないけどすごいバンドだろう!?(笑)」って気持ちでやるようになりましたね。

「『POLYSICSを好きで良かった』
と思ってもらうため、立ち止まらずに作り続けたい」

KORG

海外で熱狂的に受け入れられたことが、ハヤシさんたちの自信にも繋がりました。また、DEVOのメンバーと出会い、「POLYSICSは、DEVOの正統な後継者だ」とお墨付きをもらったのも大きな出来事。折しもその頃、Kaiser Chiefsはもちろん、Maxïmo ParkやDogs Die In Hot Carsなど、ハヤシさんが好きな、イギリスのロックバンドXTCのエッセンスを独自の解釈で取り込んでいくユニークなバンドが次々と登場していました。それが刺激になったのか、あらためて「バンドメンバーと、イチからアレンジを作り込んでいきたい」と思うようになり、久しぶりの正式ドラマーとしてヤノを迎え入れます。現状に常に満足せず、前へ突き進んでいくハヤシさん。来たるニューアルバムはどのようなモノになるのでしょうか。

ハヤシ:今、また他の人たちの新譜をメッチャ聴いてる時期なんですよ。中でも一番衝撃を受けたのがPassion Pit。「こういうのが売れる時代なんだ!」って(笑)。わりとマニアックな音だと思うんですけど、それがポップミュージックとして成立しているっていうことに、ちょっと焦りましたね。それに、Justice辺りから始まって、ここ10年くらいで、ロックバンドにエレクトロを融合するっていう、僕らがやり始めた頃にはキワモノ的だったものが、受け入れられてきているじゃないですか。EDMもそうだし、ボカロもそう。ボコーダーなんて、昔僕らが使っていたときは「声」じゃなくて「楽器」だと思われたりしていましたから。それに比べれば今のリスナーの耳は柔軟だし、この流れに乗らない手はないと思っています(笑)。

現在は、3ピースバンドという必要最低限のフォーマットになったPOLYSICS。やりたいことも研ぎ澄まされ、さらなる快進撃が期待出来そうです。

ハヤシ:今はホント、バンドでやれている感じがしますね。基本は僕が曲を作ったりアイデアを出したりしているんですけど、やっぱりフミとヤノがいるから出るアイデアだと思うし。とにかく、今は止まりたくない。この3人でもっともっと面白いモノ、特殊なモノを作りたい、聴いている人を驚かせたいって思います。「POLYSICSを好きで良かった」って思ってもらえるような、そういう活動をしていきたいですね。

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に