特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.4:POLYSICS

バンドと打ち込み音の融合のため
リハスタにセットされた機材たち

下北沢にある某リハーサルスタジオ。そこにハヤシさんは、自宅のコンピューターシステムやレコーディング機材、シンセやギターなどの楽器を持ち込み、普段から曲作りをおこなっているそうです。POLYSICSの音楽は、生のバンドアンサンブルに打ち込みを融合したスタイルなので、自宅でコンピューター相手にシミュレートをしても、結局は意味がないことに最近気づいたのだとか。それ以来、ここでバンドメンバーと集まり、実際に音を鳴らしながらアレンジを組み立てていくことにしたそうです。要らない音は削ぎ落とし、足りない音を足していきながら、バンドサウンドそのものを「素材」としてコンピューターに取り込んだ後、再び自宅に持ち帰って編集作業をおこなう。そうやってPOLYSICSの音楽は少しずつ形になっていくのです。「このリハスタでおこなっていることは、いわばプリプロダクションですね」と語ってくれたハヤシさん。彼の音楽はまさに「ここ」から生まれると言えるでしょう。

1

KORG「KingKORG」

KORG 製品詳細ページはこちら>>KORG「KingKORG」

ライブやスタジオで、microKORGを長年愛用しているハヤシさんが、最近、気になって入手したのがKORG「KingKORG」。ライブ向けの本格アナログモデリングシンセサイザーとして登場した本機を、モーモールルギャバンのユコ・カティが弾いているのを見て以来、ずっと気になっていたのだとか。

ハヤシ:microKORGって、ある意味「割り切りの良さ」が人気の秘密だったと思うんですよ。だからこそみんなプリセット音でガンガン使うようになったし、それで一時代を築いたわけですけど、本機はその音色をさらに追い込める。作りたい音がすぐに作れるし、音作りの柔軟性もメチャクチャ高いです。特にEQのツマミには感動しました。ハイを上げても音痩せしないし、ローを上げたときの低音感も充分。フィルターのかかり具合もすごく滑らかでメチャクチャいいです。モーグのようなアナログシンセにも匹敵するんじゃないですか。microKORGに比べて鍵盤も広いので、フレーズ作りの幅も広がると思います。microKORGを使い倒した人は、是非試してみて欲しいですね。

2

VOX「Tone Garage」(Trike Fuzz、Double Deca Delay)

VOX 製品詳細ページはこちら>>VOX「Tone Garage」(Trike Fuzz、Double Deca Delay)

続いては、VOX伝統のユニークな設計思想を継承したコンパクトエフェクター「Tone Garage」シリーズ。ハヤシさんが気になったのは、3オクターブの音域までカバーする歪み系エフェクターのオクターブファズ「Trike Fuzz」と、独特の温かみのある音が特徴的なアナログディレイ「Double Deca Delay」の2種類です。

ハヤシ:ファズは3台くらい持っているんですけど、「もうちょっとローを削れたらいいな」とか、「もう少しハイが足せたらいいな」とか、そういうふうに思うことが多かった。その中でもこの「Trike Fuzz」は、ローのバランスが絶妙です。ブーストし過ぎてもいないし、ペラペラでもない。ギターだけじゃなく、シンセにも使っています。一方ディレイも、さすがアナログだからか、通すだけで音が太くなるんですよ。ギターやシンセにかけると気持ち良くて、ずーっと弾いていたくなりますね(笑)。

3

KORG「KORG Legacy Collection」

KORG 製品詳細ページはこちら>>KORG「KORG Legacy Collection」

普段、ハードシンセを中心に使用しているハヤシさん。いわゆるソフトシンセは2つしか持っておらず、そのうちの1つ、「KORG Legacy Collection」はハードシンセ並みに使用頻度が高いそうです。KORGの名機と呼ばれるシンセサイザーばかりをシュミレーションしたこのソフトウェア、どの辺りに魅力を感じているのでしょうか。

ハヤシ:ほとんどのソフトシンセって音作りの幅が自由過ぎるというか、プリセット音だけでも異常に多いので、それを聴いて選ぶ作業だけですごく時間かかっちゃうじゃないですか。でも、「KORG Legacy Collection」は長年使っていたアナログシンセが収録されているから、操作が分かりやすし、音作りもしやすいんです。「Polysix」や「MS-20」の音源をよく使っています。音の再現性も抜群で、特にMS-20は、「おお、俺この音作ったことある!」みたいな(笑)。オシレーターとフィルターの独特の感じが本当にリアルで、すごく重宝しています。

4

SHURE「SRH1840」

SHURE「SRH1840」

自宅でもレコーディング、打ち込み作業をおこなっているハヤシさんにとって、ヘッドフォンは必需品。中でもお気に入りなのが、SHUREのオープン型ヘッドフォン「SRH1840」です。制作用としても、普段のリスニング用としても愛用しているとのこと。

ハヤシ:家で打ち込んだ音をスタジオのスピーカーで再生すると色々発見があるんですよ。ローをブーストし過ぎているとか、ハイが出過ぎているとか。なので、自宅でも大きい音でチェックしたいとき、夜中でも作業がしたいときに、このヘッドフォンを使っています。細かい音までちゃんと鳴ってくれて、モニタリングがとにかく正確。自宅でミックスするときも、スピーカーで作業をしたあと必ず一度はこのヘッドフォンで聴いています。特にPOLYSICSの場合は、エレクトロと生バンドの融合なので、そのダイナミクスやバランスはシビアに確認する必要があるんです。これを購入してからは、デモ音源を作るのが楽しくて仕方ないですね。

現状に安住することを良しとせず、常に前のめりで進化を続けるPOLYSICS。そのモチベーションとなっているのは、「もっとお客さんを驚かせたい」、「もっともっと喜んでもらいたい」というハヤシさんのサービス精神であることは間違いありません。彼の「原体験」である筋肉少女帯やDEVOのように、最初は「なんだこりゃ!」と驚き、ときには違和感を覚えながらも、気づけば病みつきになっているような、そんな音楽をこれからも作り続けてくれることでしょう。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • アップル「iMac」
  • DAWソフト
  • Avid「Pro Tools LE 7」
  • オーディオインターフェース
  • Avid「Mbox」
  • MIDIインターフェース
  • MOTU「MicroLite」
  • MIDIコントローラー
  • KORG「microKONTROL」
  • 音源
  • KORG「microKORG」
  • KORG「KingKORG」
  • KORG「KORG Legacy Collection」
  • MFB「NANOZWERG」
  • Waldorf「Rocket」
  • エフェクター
  • VOX「Tone Garage Trike Fuzz」
  • VOX「Tone Garage Double Deca Delay」
  • モニター
  • Fostex「NF-4A」
  • ヘッドフォン
  • SHURE「SRH1840」

Information

POLYSICS『MEGA OVER DRIVE』通常盤(CD)

POLYSICS『MEGA OVER DRIVE』通常盤(CD)
2013年10月9日発売
価格:1,575円(税込)
KSCL-2314
[収録楽曲]
1. MEGA OVER DRIVE
2. Exclamation!
3. Marshmallow Head
4. I My Me Mine 2013
5. Baby BIAS 2013

AMAZON

POLYSICS『ACTION!!!』(CD)

POLYSICS『ACTION!!!』(CD)
2014年1月15日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-2353
[収録楽曲]
1. ACTION!!!
2. MEGA OVER DRIVE
3. O MEGA NE
4. Post Post
6. 発見動物探検隊
7. Rhythm
8. New Melody
9. Sparky
10. How To Be Good Boy
11. Don't Stop Johnny
12. Turbo Five

AMAZON

『POLYSICS JAPAN TOUR 2014「ACTION!!!」』

2014年3月6日(木)
会場:千葉県 千葉 LOOK

2014年3月8日(土)
会場:栃木県 宇都宮 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2

2014年3月9日(日)
会場:埼玉県 熊谷 HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1

ほか全19公演

料金:各公演 前売3,800円(ドリンク別)
※詳細はウェブサイトにて

POLYSICS official site

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場