特集 PR

作家・いしいしんじと散策する、京都で初めての「国際芸術祭」

作家・いしいしんじと散策する、京都で初めての「国際芸術祭」

沢田眉香子
撮影:佐藤佑樹
2015/05/01

高嶺格による、音楽の力を信じたアートが泣ける

もう1つ、音楽が印象的だった作品が、高嶺格『地球の凸凹』。映像や音響を用いたインスタレーションやパフォーマンスを制作する作家ですが、今作は地下室で旋回する3つの光が凹凸の上を照らす、音と光を使用したインスタレーションです。

高嶺格『地球の凸凹』(2015)展示風景
高嶺格『地球の凸凹』(2015)展示風景

いしい:僕、高嶺さんの作品を観て初めて泣けました。凹凸のある床面を照らしながら旋回する3つの「光」がそれぞれ小さなお月さんのようで、それが月面上を廻っていると思ったら、すごいユーモアを感じたんですね。月面で、僕たちの知らない生命が遊んでいるような……。

この作品では音も重要なポイントになっており、重低音のような持続音と、たまに「パシッ!」とはじけるような音が差し込まれ、光の動きと連動します。フィナーレでは一転して緩やかな音楽が流れる祝祭的な演出も。

いしい:最後の詳細はネタバレになってしまうので、あえて言わないようにします(笑)。ウィリアム・ケントリッジの作品でも途中で音楽が流れるんですが、いずれの作品も音楽が流れたとたん、溶けるような感覚になる。それが「音楽が束ねる力」というか。作家が自分で作品をすべて作るんじゃなくて、最後は音楽に任せるというか、そうやって音楽の力を信じていることに、大きさ、自由、広がりを感じました。これは、ホントに素晴らしいと思う。泣けました。

美術館内に再現された法廷空間にドキッとし、ニットのアートに癒される

『PARASOPHIA』には、紹介しきれないほど、まだまだたくさんの作品が展示されています。パフォーマンスグループ「キュピキュピ」主宰であり、マネキンを使ったテレビドラマ『オー!マイキー』監督の石橋義正による『憧れのボディ / bodhi』は、ミラーボールが回り、ビートの利いた音楽が流れるクラブのような空間。しかし、そのスペース中央には、便座に座る女性のマネキンが鎮座していて、展示室に入ってきた鑑賞者はみんな「ギョッ!」と驚いていたのが印象的でした。刺激的な音楽と映像と造形が交錯した、まるで映画の中にいるかのような扇情的なイメージに囲まれます。

石橋義正『憧れのボディ/bodhi』(2015)展示風景
石橋義正『憧れのボディ/bodhi』(2015)展示風景

一方、土足禁止のため、靴を脱いで体験する「白い法廷空間」は、倉智敬子+高橋悟による『装飾と犯罪—Sense / Common』。法廷を模した白い空間に枯山水庭園のような岩があり、鏡で区切られた「こちら」と「あちら」の境界もある、コンセプチュアルなインスタレーションです。

倉智敬子+高橋悟『装飾と犯罪—Sense/Common』(2015)
倉智敬子+高橋悟『装飾と犯罪—Sense/Common』(2015)

いしい:お客さんがこの証言台でよく記念撮影をしているそうなので、僕もポーズを。ちなみにこれは刑事裁判の法廷だと思います。民事と刑事の法廷って少し違うんですよ。僕は民事で被告人になったことがあるから知っているんです。なんでかというと、昔ちょっと家賃の件でトラブって……(笑)。

まさかの法廷経験者(!)という裏話に驚きつつ、いしいさんと最後に観た作品は、機械編みニットを用いた「ニットペインティング」作品で知られるドイツの女性アーティスト、ローズマリー・トロッケルの「巨大編みもの作品」。遠目では単色に塗られたカンバスのように見えますが、近づいて見るとガーター編みのニットがカンバスを包んでいます。

ローズマリー・トロッケル『カモフラージュ』(2006)、『スクエア・エネミー』(2006)展示風景
ローズマリー・トロッケル『カモフラージュ』(2006)、『スクエア・エネミー』(2006)展示風景

いしい:今日展示をぐるっと1周してきて、最後がこの作品ですごく安心しました。この作品は大きいし、停止しているし、安定してるし、あったかい。よく見たらニットも額からはみ出ていたり(笑)、そういうスキが許されるところもいい。眼や気持ちが楽になります。

「とりあえず『PARASOPHIA』は、タダのところだけでも観ておいたほうがいい(笑)」

あらためていしいさん、『PARASOPHIA』初体験はいかがだったでしょうか?

いしい:すごくわかりやすくて面白かったし、これからも続けばいいなと思いました。特にこの京都市美術館の展示は、それぞれの作品の魅力だけじゃなくて、場所に蓄積されてきた「時間」ありきというのがはっきりしてた。美術館に蓄積されてきた光、空気がたくさんあって、それらが作品というスイッチによって作動して現われてくる。特に美術館中央の吹き抜けスペース、これだけでも絶対観にきたほうがいい。だってタダなんだから(笑)。ぜひ、別の展示でも観てみたいですね。

いしいさん、お疲れさまでした。『PARASOPHIA』展示会場は、この京都市美術館のほか、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地や鴨川など、市内各所に点在。古都を散歩気分でまわりながら鑑賞できる、都市型の開放的なアートフェスティバルです。現代アートと蓄積された京都の「時間」のコラボレーションをどうぞ。

Page 3
前へ

イベント情報

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』

2015年3月7日(土)~5月10日(日)
会場:京都府 京都市 京都市美術館、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地、鴨川デルタ、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店
参加作家:
リサ・アン・アワーバック
ナイリー・バグラミアン
蔡國強
ヨースト・コナイン
スタン・ダグラス
サイモン・フジワラ
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル
ヘフナー/ザックス
ヘトヴィヒ・フーベン
石橋義正
ブラント・ジュンソー
笠原恵実子
ウィリアム・ケントリッジ
ラグナル・キャルタンソン
倉智敬子+高橋悟
アン・リスレゴー
眞島竜男
アフメド・マータル
アーノウト・ミック
森村泰昌
スーザン・フィリップス
フロリアン・プムヘスル
ピピロッティ・リスト
アリン・ルンジャーン
笹本晃
グシュタヴォ・シュペリジョン
高嶺格
田中功起
アナ・トーフ
ローズマリー・トロッケル
ジャン=リュック・ヴィルムート
ヤン・ヴォー
王虹凱
徐坦
やなぎみわ
アレクサンダー・ザルテン
料金:一般1,800円 大学生1,200円 70歳以上1,200円
※高校生以下および18歳未満は無料
休館日:月曜、5月4日(祝・月)は開場

書籍情報

『いしいしんじの音ぐらし』
『いしいしんじの音ぐらし』

2015年4月22日(水)発売
著者:いしいしんじ
価格:1,512円(税込)
発行:シンコーミュージック

プロフィール

いしいしんじ

小説家。1966(昭和41)年大阪生れ。京都大学文学部仏文学科卒。1994年『アムステルダムの犬』でデビュー。1996年、短篇集『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年、初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で『坪田譲治文学賞』受賞。2007年『みずうみ』が、それぞれ『三島由紀夫賞』候補に。レコード収集家でもあり、蓄音機をスタジオに持ち込んで語るKBS京都ラジオ『いしいしんじのころがるいしのおと』など、ラジオパーソナリティーとしても活躍。画家を志していたこともあり自作に挿画も多い。2010年から京都在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居