特集 PR

3.11以降の日常と静かに対峙するキュレーションの力

3.11以降の日常と静かに対峙するキュレーションの力

坂口千秋
撮影:佐々木鋼平
2012/10/05

数年前からアート業界を中心として、キュレーションというキーワードが流行していますが、日本の美術館やギャラリーで行われている展覧会で、本当の意味でキュレーションされた展覧会を見ることが出来るのは、実は稀なことだといえるかもしれません。そんな中、金沢21世紀美術館で行われている『ソンエリュミエール、そして叡智』展は、フランシスコ・デ・ゴヤからChim↑Pom、さらに村上隆、草間彌生、奈良美智など、個性の強い様々な作品が、それまでとは異なる意味と関係性を持って、展示空間を作り上げていく、まさにキュレーションの醍醐味を味わえる展覧会になっています。そしてそこには、3.11以降の日本社会を覆う闇に向かって、真正面からアートで希望の光を灯そうとする1人のキュレーターの姿がありました。静かな美術館の展示空間が、どのようにこの過酷な現実と対峙しようとしているのか、その様子をレポートします。

[メイン画像]
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス 左奥:『カナルヴィデオ』1992年、右上:『庭園にて』2008-10年、右下:『クリン クロン ロック』2010-12年 作家蔵 撮影:渡邉修

日本の近代社会を振り返り、3.11後の世界を生き延びる突破口を探っていく

フランス語で「ソン」は音、「リュミエール」は光。今展覧会のタイトル「ソンエリュミエール」とは、フランスの史跡や有名建築を舞台に行われる、光と音の野外スペクタクルショーを指しています。きらびやかで華やかなショーは一見楽しいものですが、一方で照明と音によって場所の固有性が均質化され、消費されていく、そんな現代の消費社会やグローバリゼーションと重なる一面も併せ持っています。この両義的な意味が込められたタイトルには、昨年の震災によって大きく揺らいだ日本の近代社会を振り返り、3.11後の世界を生き延びる突破口をアーティストの作品から探っていきたい。キュレーションを担当した北出智恵子さんのそうした願いがこめられているのです。

ピピロッティ・リストピピロッティ・リスト『Ever Is Over All』1997年 展示風景 Courtesy the artist, Hauser & Wirth and Luhring Augustine
ピピロッティ・リスト『Ever Is Over All』1997年 展示風景 Courtesy the artist, Hauser & Wirth and Luhring Augustine

腐敗したシステムの内側にいながら、そんな自分自身を批判し続けたゴヤ

今展覧会の中でも一際異色な存在が、スペイン絵画の巨匠、フランシスコ・デ・ゴヤでしょう。18世紀から19世紀のスペインの動乱期に、画家としてスペインの最高位である主席宮廷画家の座に就き、後半生は聴覚を失い、音のない世界で、痛烈な社会批判を込めた絵を数多く残しました。当時の腐敗した上流社会と疲弊する社会を風刺した『ロス・カプリチョス』から2点の銅版画が展示されていますが、この21世紀の現代社会に対して、なぜゴヤだったのでしょうか。北出さんに聞きました。

北出:ゴヤは宮廷画家として王や貴族の寵愛を受け、そのシステムの内側にいながら、それでも自分自身への客観的な批判精神を持ち続け、芸術表現として発表し続けた画家です。彼の作品には、現代に通じる人間の本質的な欲や悪が描かれています。震災後の原発事故やその後の対応を通して、大きな社会から小さな職場のレベルに至るまで、私たちを取り囲むシステムの中に溜まっていた膿のようなものがえぐり出されたように感じました。その時ゴヤが描いた光と闇、そして人間の姿に触れて、ぜひゴヤの作品を展覧会の軸に据えたいと思ったのです。

フランシスコ・デ・ゴヤ『「ロス・カプリチョス」62番 一体、誰が信じるだろうか』1797-98 大湊神社蔵 撮影:渡邉修
フランシスコ・デ・ゴヤ
『「ロス・カプリチョス」62番 一体、誰が信じるだろうか』1797-98 大湊神社蔵
撮影:渡邉修

その後、福井県の大湊神社のコレクションにゴヤの作品を発見。半年という展示期間にもかかわらず、宮司の松村忠祀氏は快く作品の出品を許可してくれたそうです。貴重なコレクションから、ゴヤの『ロス・カプリチョス』シリーズの『乳母っ子』『いったい誰が信じるだろうか!』の2点が、それぞれChim↑Pomとジェイク&ディノス・チャップマンの作品と一緒に展示されています。

Page 1
次へ

イベント情報

『ソンエリュミエール、そして叡智』

2012年9月15日(土)〜2013年3月17日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00〜18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜(ただし10月8日、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月4日〜12月13日、12月25日、12月29日〜1月1日、1月15日、2月12日
出展:
Chim↑Pom
フランシスコ・デ・ゴヤ
木村太陽
鈴木ヒラク
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス
ジェイク&ディノス・チャップマン
奈良美智
ラファエル・ロサノ=ヘメル
梅田哲也(『迷信の科学』と『ほとんどすべて忘れている』の展示は11月4日まで)
村上隆
草間彌生
ピピロッティ・リスト
パトリック・ブラン
日比野克彦
料金:
当日 一般1,000円 大学生・65歳以上800円 小中高生400円
前売・団体 一般800円 大学生600円 小中高生300円
(11月4日まで本展観覧券にて『ソンエリュミエール – 物質・移動・時間』も観覧可)

イベント情報

『ソンエリュミエール ―― 物質・移動・時間』

2012年4月28日(土)〜11月4日(日)
時間:10:00〜18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜、7月17日、9月18日(ただし4月30日、7月16日、8月13日、9月17日、10月8日は開館)
出展:
秋山陽
粟津潔
ヤン・ファーブル
ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス
木村太陽
岸本清子
草間彌生
ゴードン・マッタ=クラーク
カールステン・ニコライ
ゲルハルト・リヒター
サイトウ・マコト
田嶋悦子
マグナス・ヴァリン
アンディ・ウォーホル
料金:一般350円 大学生・65歳以上280円 小中高生無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年