コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年8月配信分(vol.237~241)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年8月配信分(vol.237~241)

武田砂鉄
2009/10/01

vol.237 愛し合ってはいない(2009/08/03)

全裸

もうすぐ30歳ってところだろうか、「フリーハグ」とプラカードを掲げた女性を、あるロックフェスで見かけた。要するに、どうぞ抱きしめてください、ってことらしい。目が合えば、そのプラカードを下げて、両手を広げて、さあ、と構える。何人かの男性がその女性とハグをしていた。

この開放感は本当に開放されているのか、とまず考えた。雰囲気が許しているのは間違いない。兼ねてから、ロックフェスは人の感情を「許しすぎている」と思ってきた。ダメなバンドはダメだ。ヒドい演奏はヒドい。これくらいのことも霧散させてしまう。エコとかハッピーとかピースとか、便利な横文字にここぞとばかりに乗っかってしまう。期間限定の横文字がその期間中だけ絶対的な強度を放つ。だから、フリーハグという新たな横文字だって機能しちゃうなと、考え込んでしまったのだ。

高校時代、「この学校は自由です」と先生が繰り返していた。決まり文句のように「でも、自由ほど厳しいルールはありません、自分で自分のことを決めていかなければならないのですから」と続けていた。生徒としてこちらが体感し認証する前に、自由が確定していた。フリーハグというのも、同じ原理である。ハグ、自由ですよ。そう言われても、こちらの選択は、「フリー」と決まっている以上、介入出来ないのである。「抱いてください」というプラカードなら理解できる。その申し出を受けて、応えるか断るかをこちらが選択すればよいのだから。

「フリーハグ」とのプラカードに飛び込んでいく男たちの邪念については書かない。それに、否定するものでもないし。しかし、心配なのは、自身への問いかけの中で、その邪念を追いやって「この空気を分かち合いたいから」という純真さを瞬時に捏造して、キラキラと彼女の胸に飛び込んでいったのではないかということだ。

苦い記憶が蘇る。あれは日韓ワールドカップの時だ。六本木の会社で働いていた僕は、届けものがあったので、六本木の交差点を渡った。渡ったというか、殆ど通行止め状態のそこには青い集団がたむろっていて、行き交う人とハイタッチを繰り返していた。当然、そのテンションに同調できなかった僕は、ハイタッチを断った。すると、そいつは怒鳴った。ざけんなよ、なんでやんねぇんだよ、と。

フリーハグでもハイタッチでも、「何だか良さそう」と思われることは、一目散に「善いこと」と結論を与えられる。これを最近「善の磁力」と呼ぶことにしているが、ある場所ある時だけ、善が非常なスピードで起動していく。そしてその善を強いる。こぼれると、怒鳴る、せせら笑う、空気読めてないよね、とか言う。

忌野清志郎のトリビュートバンドが出ていた。生前の彼の映像をライブの演奏と合わせいた。彼は「愛し合ってるかい」と繰り返していた。愛してるかい、ではなくて、愛し合ってるかい、である。当たり前ではございますが、相手の感情や感情に基づく動作には、互いの交歓が必要である。そうなると、僕はやっぱり思うんである。あの「フリーハグ」は反則だと。彼女はハグしてくれたことを喜ぶだろう。ハグしてくれた空気を褒め讃え信じるだろう。しかし、それよりも、その大抵がハグしてこなかったことを何よりも先に考えてみるべきだ。そういうことが、夏フェス辺りに飛び交う横文字を浮つかせないために必須だと思うのでありますがいかがでございましょう。「相手」のことを思って、そう言わせていただきます。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く