コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年1月配信分(vol.257~260)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年1月配信分(vol.257~260)

武田砂鉄
2010/03/04

vol.257 ふんわりおひめさま(2010/1/4)

全裸

あと4日で1年が終わろうとするラーメン屋の店内となれば、やはり総括しにかかる仲間達で溢れている。書店員と思しき2人組が書店内の人物査定に励んでいた。新しく入ってきたアルバイト2名に対する課長の評価はこうだ。「俺は、一生懸命努力して50点の奴より、不真面目で70点の奴を評価する。何故ならここは学校じゃないからだ」。部下はそれに頷いていた。「おいっ、俺のビールがまだ来てないよ」と、店員ではなく、ひとまず部下を責め立てる感じを見ていると、厄介な奴なのであろう。隣で独りタンメンをすすりながら、この人物査定法は果たして正しいのだろうかと考えていた。

無論、正しくはない。不真面目による減点と真面目による加点が結果的に20点もの差を持ったまま成り立ってしまう職場は、おそらく現場管理者すなわち課長の手に寄って改善すべき点を大いに抱えているに違いないのだ。そして、この発言から汲み取れるのは、課長である自らには相当甘い点数を投じているであろうってことで、自分は95点、あともう一歩でパーフェクトな課長、それなのにアイツらは、とラーメン屋に部下を巻き込んで麺をすするのだ。どうしてだ、この時点で点数ジャッジに及ぶキミと部下とアルバイトの構図に、疑問は涌かないのかい。

何故ならここは学校じゃないからだ、というのも気になる。そして、気に障る。では、ここはどこだというのか。ラーメン屋だ。それか、書店だ。んで、そこはどこなのか。学校は努力を必要以上に汲み取るが、努力を冷徹に見捨て、即座に結果を求めるのがここだ。だから、そこはどこなのだ。部下が、それが社会ってもんですもんね、と課長の機嫌を取った。なんだそれは。しつこいぞ、私は。ところで社会って、どこにあるのか。「社会ってそういうもんだから」という断定をする輩には、頭が悪いフリをして、ええと社会ってそもそもどこにあるんですか、と聞いてみると良い。それでも聞く耳持たなければ、大江戸線経由でしたっけ、それともやっぱりJRで行ったほうが近いんでしたっけ努力には、と、いよいよ怒らせてしまって構わない。

大味に対する味覚が甘くなっている。社会とか世界とか、希望とか夢とか或いは悪とか、ものすんごく漠然とした、ただし大きいスケールだと決まり込んでいるものに関して、疑いを持たなくなっている。課長が、自分が引き上げなければならない目の前にある50点と70点を、仕上がった結果として査定してしまえるのは、自分が「社会」を知っていて、その社会の文脈におさまらないのであれば、過程はどうあれ排除されるべきだと彼が決め込んでいるからだ。だからこそ聞きたいのだよ、ところで社会ってどこにあるのか。学校とは違うらしいが、社会はどこにあるのか。

ゼロ年代が終わって気付くことは、正にその「ゼロ年代」という言葉がそうだったのだけれども、カテゴライズを急かす時代だったということだ。ある枠組みの中に押し込んで消化出来ればその枠に馴染ませ、馴染まなければ異端化させて、結果的に枠組みを語る手助けとする。かなり好都合な仕組みだった。要するに、自分側の主語を大きめにしておけば、小さめのものに負けることはなさそうだという安全策から論が練られていく。発言を補填する為にヴォリュームを上げていくという手法が通じないようにしたい今年なのだが、どうだろうか。ラーメン屋で唸る課長を前に心配は募る。

そんなもんで今年もここでお世話になります。社会とか世界とか、あやふやな大味は用いません。今日、薬局で通りかかったオムツ売り場で「ふわりおひさま」を「ふんわりおひめさま」と間違えて読みました。でもそのとき、もしかしたら「ふんわりおひめさま」の方が売れるんじゃないかと思ったのです。……こういう話を、今年も重ねていきます。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察