特集 PR

未来から見た今を描く 永戸鉄也インタビュー

未来から見た今を描く 永戸鉄也インタビュー

インタビュー
柏木ゆか
撮影:井手聡太
2008/08/19

UA、サザンオールスターズ、THE BACKHORNなど国内トップアーティストのアートディレクションや映像、デザインなどを手がけながらも、その一方で自身の確かな作品世界を構築。アーティストとしても高い評価を得ている永戸鉄也。様々な素材を切り貼りする手法、「コラージュ」を武器にジャンルに捕らわれず、どんな舞台でも自らの世界を生み出す、その柔軟かつ折れることのない芯をもった活動の根本をうかがった。

3年で溜まっていたものを全部出して次へ行きたい

―今回は3年ぶりの個展ですが、全く同じ期間で3カ所に同時開催という変わった形式をとられたのはなぜなのでしょうか?

低音のゆくえ

永戸:単純に言ってしまうとできることを全てやってみたかったからですね。なるべく普通じゃないことをしたいという思いもあります。作品を観てもらうことも大事ですが、この3年で溜まっていたものを全部出して次にいきたい気持ちがあります。

―さらに3カ所で「デジタルコラージュ」「写真」「(アナログな素材を使った)コラージュ」という異なる手法で魅せる、つまり異なる制作方法で作られた作品を3カ所で同時期に紹介する展覧会だ、と気づいたときにかなりのインパクトを受けました。

永戸: 3つの手法は全部自分の中では繋がっていることなので「なぜ、3カ所で3種類のことをしているのか」という意味が見ている人に伝わればと思っていますし、伝わるようになっています。

―永戸さんの身の回りの方は、今回の「3カ所同時個展」をどう捉えられたのでしょうか?

永戸:おそらく最初はなぜわざわざ同時に行うのか、と不思議に感じたと思います。ただ、濃く楽しみたいだけなんですけどね。

―確かに全部やりたい、という気持ちが伝わってきます。永戸さんは今回のイベントだけでなく、普段のお仕事でもデザイン、アートワーク、映像など幅広く手がけていらっしゃいますが、そこにも全てを楽しみたい思いが反映されているのでしょうか?

永戸:やりたいことが止まらなくなってしまうので、まずは行けるところまで行こうかなという開き直りもあります。一つ一つの精度は上がっていて、それぞれが循環してよい影響があるし、仕事にも個人の作品にも繋がっていっていますね。

―全てに共通する点はコラージュですが、コラージュをはじめたきっかけは何だったんでしょうか?

Sence of Wonder フライヤー

永戸:パソコンを買った当時はデジタルを用いて絵を描いてましたが、スキャナーを入手してから自分の手で描いた絵も取り込むようになりました。それを延々続けていたのが発展してデジタルコラージュになっています。そこからパソコンに入っているフォントを並べはじめて、自分の好きな文字詰めを考えはじめたことがデザインに繋がり、さらにそれをパソコンに取り込んで、自分の作品でも他の人の作品だろうと関係なく客観的に見る目ができたときに、これはディレクションもできる、と思ったんです。

それまでは作品を作るということしか知らなかったのが、それからは自分の作品を客観的に見て判断したり、色々な人達を適した場所に送り込んだりできるようになりました。そう考えるとディレクションもコラージュみたいな感覚ですね。

―アーティスト活動とディレクションをどうやって両立してやっているのか不思議に思っていたのですが、全てが興味の一直線上にあるんですね。

永戸:両立はしていないですね。僕にとっては一緒くたなことで、文字詰めもコラージュで切って貼るときの感覚も同じです。ただ、出来上がっているものが違うだけで自分が気持ちいい感じに配置しています。

―会期中もデザインのお仕事はされているんですか?

永戸:今が一番忙しいですね。展覧会の会期中にも撮影や、入稿しなきゃいけないものがあるけど、これができたらもうなんでもできるんじゃないかと(笑)。

―本当に限界に挑戦中ですね(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

永戸鉄也『トーキョーツアー2008』

『Tone Karma トーンカーマ』
2008年8月19日(火)~9月3日(水)12:00~19:00
会場:リトルモア地下(東京・原宿)
料金:200円
定休日:月曜

「オープニングパーティー」
2008年8月22日(金)18:30~

「蓄音器DJ & アーティストトーク」
2008年8月29日(金) 19:30~
トークゲスト:後藤繁雄(編集者・クリエイティブディレクター)
料金:700円(1ドリンク付)
定員40名(要予約・7月28日より受付)
予約・問い合わせ:リトルモア地下 03-3401-1042

『Needle Juice ニードルジュース』
会場:PUNCTUM(東京・京橋)
2008年8月19日(火)~9月3日(水)

「クロージングパーティー」
2008年9月3日(水)17:00~19:00

『flat session フラットセッション』
2008年8月19日(火)~9月3日(水)
会場:スーパーデラックス(東京・六本木)

永戸鉄也トーキョーツアー2008開催記念イベント
『音と視覚表現のあいだ
flat session フラットセッション』

2008年8月28日(木)18:00~23:00
参加予定アーティスト:
永戸鉄也、秋山徹次、鈴木ヒラク、KYOTARO、beermike、岸本智也、昆野立、中村賢治
GROUP[中村賢治(as)+岩見継吾(b)+池澤龍作(dr)高橋保行(tb)]、他
料金:1,500円

プロフィール

永戸鉄也(ながと・てつや)

1970年生まれ。高校卒業後渡米、帰国後96年より作品制作と平行して音楽等の分野でアートディレクション、グラフィックデザイン、映像制作に携わる。2003年、第6回文化庁メディア芸術祭デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門・優秀賞受賞。同年、トーキョーワンダーウォール公募2003・ワンダーウォール賞を受賞し東京都庁での個展を成功させるなどその活動は多岐にわたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで