特集 PR

「ワルい」だけがHIP HOPじゃない! 環ROYインタビュー

「ワルい」だけがHIP HOPじゃない! 環ROYインタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
2009/09/09

フィッシュマンズやゆらゆら帝国を愛する異色ラッパー

―やっぱり「HIP HOPの保守的な層」のこと、気になるんですね?(笑)

環ROY:だって俺、めちゃめちゃ日本のラップ好きなんですよ! 最近、“J-RAP”って曲を作っちゃったくらい。

―じゃあ今でもJ-RAPは追いかけてる?

環ROY:もちろん追っかけてます。 SEEDA君とかボーカルの作り方が断トツでうまいです。それをもっとわかりやすく、聴き取りやすくしてポップ・ミュージックまで持っていってるのがKREVA氏。あの人もボーカルを作るのが上手いし、歌詞も普遍的で素敵。ANARCHY君のバースは本当に衝動の塊、すごくかっこいい。般若さんはとてつもなく真摯だし、NORIKIYO君の2ndは最高でした。みんなすげえ尊敬しています。

―ROYくん、本気でHIP HOPが好きですね。

環ROY:うん。だから、HIP HOPシーンにいる人たちに、もうちょい認めてほしいなと思いますよ。よくHIP HOPの偉そうな人達が「HIP HOPの裾野を広げるために」みたいなことを言うけど、俺だって(曽我部)恵一さん主宰のROSE RECORDSのコンピに参加して、ageHaで(石野)卓球さんとかと一緒にテクノのイベントに出て、HIP HOPの裾野を広げることに貢献してんじゃん?って思うし。

環ROYインタビュー

―そんなラッパー、他にいないですからね。でも、ROYくんも最初は「HIP HOPの保守的な層」にいて、自ら変わっていったわけじゃないですか。HIP HOP以外で衝撃を受けたものがあったんですか?

環ROY:フィッシュマンズはめちゃくちゃ聴きましたね。歌詞も全部くらい覚えてるし。最初はあの人(佐藤伸治)のボーカルがレベルミュージック過ぎてよくわからなかったんだけど、ある時チャンネルがあってすごく好きになって。そこから価値観が変わったかもしれない。

―どういう風に変わったんですか?

環ROY:どうしようもないものも愛せるようになったというか。中原昌也のライブを見て「笑顔になれる!」みたいな。色んなことを、真に受けない方がいいんだなって。自由でいんだなって。

―それからリリックの内容も変わったりしたんですか?

環ROY:そうですね。HIP HOPの保守的な感覚に支配されていた頃から比べると、もっと普遍性を持った、日常に溶け込めるような歌詞を作りたいと思うようになった。

―それも含めて、既存のHIP HOPスタイルにとらわれない独自のスタイルを確立していますよね。いい意味で分かりやすさがあると思うんですが、それは意識しているんでしょうか?

環ROY:してますよ。親に聴かせられるものを作りたいと思ってるし。でも、まだ27歳なので、尖っている部分も残しておきたいとは思ってて。だから次のアルバムは、半々くらいのバランスで考えてますね。

―やっぱり、しっかり計算してますね(笑)。

環ROY:考え過ぎなのかもしれないですけどね。でもその分、長く活動できると思いますよ。

環ROYインタビュー

―「長く活動する」というのが、重要なポイントになる?

環ROY:長く活動しないと得られない空気感っていうのに、俺はすごく憧れてて。さっき言ったゆらゆら帝国なんて、結成してからメジャーデビューするまで9年も引っ張ってるじゃないですか。どんだけタフにやってたんだ!?っていう。でも、そうやって地道にファンを増やして土壌を作ってきたから、メジャーにいっても自分たちの好きなことをやり続けていられるんだと思う。そういうやり方が自分にとって理想なのかなぁって、すごく尊敬しています。

―さっきから、HIP HOP以外の音楽の話しがポンポン出てきて驚きます(笑)。本物のミュージックラバーだし、その上でHIP HOPが大好きなのがまた、すごく素敵だと思いました。

環ROY:でもね、普通に歌とか歌ってみたい。さっきラップ超好きって言いましたけど、別にずっとラップである必要もないので。

―あれ!?(笑)

環ROY:夢が沢山あるんですよ。カバーアルバムも作りたいし、ASA-CHANG & 巡礼に俺の声を使って欲しいし、あと、だれか俳優とかやらせてくんないですかね。

―俳優まで!?

環ROY:別に普通の仕事だって出来るっちゃ出来るんですけど、必ず周りから浮いちゃうんですよね。だったらもう、個性を活かして暮らしていきたいっす。

―なるほど。

環ROY:「大人計画」とか雇ってくれないですかね。適当言い過ぎで怒られそうだけど…

―いやいや、ラッパーで頑張ってください!

環ROY:とにかく今は、2枚目のソロ・アルバムを作っているので、それをいい作品にしたいと思います。このところコンセプチャルな作品が続いたから、次はもっと心の芯から出てくるものを大事にしようと思っているので、楽しみにしててください。

HMV onlineでは、本人による作品解説を掲載中!

Page 3
前へ

リリース情報

環ROY×NEWDEAL『the klash』
環ROY×NEWDEAL
『the klash』

2009年9月2日発売
価格:2,100円(税込)
THCR-001

1.check/check
2.hello!!
3.wowwow
4.keep it
5.C'mon C'mon
6.drive
7.フリーケンシー
8.プライマルスクリーム
9.bank.
10.drive (agraph Remix)
11.フリーケンシー (MYSS Remix)
12.hello!! (fragment Remix)

{作品名など}
環ROY×OLIVE OIL
『weekly session』

2009年8月8日発売
価格:2,800円(税込)
OILRECCD-001
文庫本型デジトレイ仕様

01.Enjoy Pretty Bomb
02.Fine Musician
03.Loft Power
04.Extra Po
05.Ore No Gengo
06.830Morning 
07.Go Tenjin
08.Rei Volution
09.Roy feat.DJ SHOE
10.Run A Way
11.Def Na Story
12.Blue Lights Tenjin
13.E Star
14.Elegance
15.Last Gimmick
16.Weather Sensei
17.Roy Outro
18.Weekly Session

プロフィール

環ROY

環ROY(タマキロイ)/音楽家/ラッパー/MC。2006年、1stアルバム「少年モンスター」でソロデビュー後、鎮座DOPENESSやOLIVE OIL、□□□、fragment、Eccy、NEWDEAL、DJ YUIなどのアーティストとコラボレートした作品を発表。Fuji Rock Festival'09をはじめ、様々な大型音楽フェスティバルに出演するほか、曽我部恵一が主宰するRose Recordsのコンピレーションアルバム「Perfect!」に参加するなど、ジャンルを限定しないユニークな活動が大きな注目を集めている。ポップな声質や日本人離れしたタイム感、型に捉われない自由な感性で国産ヒップホップのあり方を提示している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初