特集 PR

ヒューマン・ビートボクサー AFRAインタビュー

ヒューマン・ビートボクサー AFRAインタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう<NIKO¥ON PRO.>
写真:柏井万作
2009/10/23

ヒップホップのアートフォームの一つ「ヒューマン・ビートボックス」を駆使し、マイク一本で驚異的なパフォーマンスを披露するアーティスト、AFRA。2004年、FUJI XEROXのテレビCMで一躍お茶の間の話題をさらって以降、日本のヒューマン・ビートボックス・シーンを牽引する存在になった彼は、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND名義でワールドワイドな活動を続けている。そんな彼がソロとしては三枚目となるアルバム『Heart Beat』をリリースする。AFRAにとってのヒューマン・ビートボックス、ヒップホップ、そして音楽とは?

(インタビュー・テキスト:小宮川りょう<NIKO¥ON PRO.> 写真:柏井万作)

ビートボックスは好きなものを表現できるツール。あらゆる所につながっていて、色んな所に連れて行ってくれるスゴいツールだと思う。

―FUJI XEROXのテレビCMに始まり、最近ではadidas の世界コマーシャルに登場するなど大きなメディアに登場していますね。

AFRA:はい、ランDMCのDMC と共演させてもらって、名曲“My adidas”を一緒に演らせてもらいました。光栄ですね。

―「AFRA=ヒューマン・ビートボックス」のイメージが世間に定着してると思うんですが、そもそもDJやブレイクダンスなど数あるヒップホップの要素の中から、ビートボックスというアートフォームを選んだ理由、ヒューマン・ビートボックスに惹かれたポイントは?

AFRA:ヒューマン・ビートボックスを最初に観たのはニューヨーク。ザ・ルーツのビートボクサー、ラゼルのショーケース。あんなスゴイものを目の前で見せられた日には、そりゃもうねぇ(とめっちゃ笑顔)。

ヒューマン・ビートボクサー AFRAインタビュー

―今回のアルバム『Heart Beat』に収録されている楽曲“真夏のサンダー”のリリックにヒューマン・ビートボックスとの出会いが綴られていますよね?

AFRA:そうですね。普段語る機会もないので曲にしちゃいました。96年にニューヨークに行った時、好きだったア・トライブ・コールド・クエストを観にフリーコンサートに行ったんです。ところが行ってみたら出演がキャンセルになってて、代わりに出たのがザ・ルーツ。生音でジャジーなヒップホップを演奏するグループで、ジャズラップが流行ってた当時、僕も「ヒップホップはバンドでやらないと嘘やろ?」って思ってて。ところが、バンドの後に登場したラゼルのヒューマン・ビートボックスのショウケースで自分の考えが覆されましたね。バンドじゃなくてヒューマン・ビートボックスでしょって。お客さんの盛り上がってる姿、その場の光景が目の前にまだ残ってます。目が点になりましたね。それがヒューマン・ビートボックスとの出会い。

―ヒューマン・ビートボックス見てると老若男女問わず、誰でもみんな自然と笑顔になりますよね。

AFRA:わかる! ニコニコというかニヤニヤですよね(笑)。なんなんでしょうね、あの楽しさは(笑)? ザ・ルーツのライブ最後に見たのはオーストラリアだったかな? ラゼルと別のザ・ルーツのビートボクサーを最後に見たのはオーストラリアだったかな? 名前はスクラッチ。ライブしてるの観てたんですけど、マニアックやねんけど、この曲ヤバいなぁとか思いながら、もう30分くらいはずっとニヤニヤしてましたね(笑)。

―ベースとキックとスネアと、メロディと……あらゆるものが一人の人間の口で奏でられているっていうのが、まず面白いですよね。

AFRA:それとビートボックスを通して「あ、こういう音楽聴いてんねんな」とか「こんなジャンル好きなんや」とか、その人の音楽的な嗜好が分かるのが面白い。例えば今回のアルバムでレゲエDeeJeyのRUDEBWOY FACEくんと一緒にやってるんですけど、その曲で僕がダンスホールとかレゲエ全般が好きだってことがわかってもらえると思うし。

―確かに。その人の脳みそを覗いてる気になりますよね。

AFRA:脳内iTunesみたいなね。「Beat iTunes」とか名乗ったらかっこええなぁ(笑)。何を聴いてきたかアーカイブがわかるっていうのはすごくあると思う。ビートボックスは自分が今まで聴いてきたものや好きなものを表現できるツールですね。ビートボックスそれ自体はヒップホップから出てきたものだけど、それを通して、様々なジャンルの色んな世界を覗くことができる。あらゆる所につながっていて、色んな所に連れて行ってくれるスゴいツールだと思う。

2/3ページ:ジャンルって音楽の進化だと思います。それを辿っていくのが楽しいです。

Page 1
次へ

インフォメーション

リリース情報

Heart Beat
AFRA
『Heart Beat』

2009年10月28日発売
価格:3,059円(税込)
rhythm zone RZCD-46350

1. Intro
2. The Voice, The Noise feat. Mummy-D
3. グッデイバッデイ feat. COMA-CHI
4. どんな時も
5. Breath Control feat. GEBO
6. Coockin' feat. DJKENTARO
7. Wild Bounce feat. サイプレス上野
8. Peaches Side Killers
9. My Adidas10. Interlude
11. Beat It feat. AI
12. 木漏れ日の中の21世紀 feat. BOSE & ハナレグミ(Album Ver.)
13. Sound Soldier 〜真夏のサンダー〜
14. Smiley Face feat. RUDEBWOY FACE
15. Brings You 16. Good Rhymes feat. Kool Keith & GEBO ~www.youtube.com/afratubetube~ 17. Mic Mic Mic 18. Outro 19. Bonus Track. 木漏れ日の中の21世紀 feat. BOSE & ハナレグミ(Original Ver.)

LIVE SCHEDULE

『FEVER』

2009年11月6日(金)OPEN 23:00 会場:新木場ageHa

LIVE:AFRA
GUEST ARTIST:
Mummy-D(RHYMESTER)
COMA-CHI
サイプレス上野
DJ:
HASEBE
YOSHIKAZU
SPECIAL GEUST DJ:
DJ SOULJAH from NYC
[WATER BAR]
SOUND:
MAVERICK
BLAST STAR
ASIAN STAR
[LOUNGE]
DJ:MAKI THE MAGIC

料金:当日3,500円(ageHa Memberは3,000円)
20歳未満の方の入場は認められません。予めご了承下さい。
また、入場は1,免許証2,パスポート3,写真付き住基カード(住民基本台帳カード)
4,外国人登録証明書をお持ち頂ける20才以上の方に限ります。

プロフィール

AFRA

ヒューマン・ビートボクサー。1996 年にニューヨークのセントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzel(ラゼル)のパフォーマンスに衝撃を受け、独学でビートボックスを始める。高校卒業後NYへ単身渡米。映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリーフィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年に日本人初のヒューマン・ビートボックスアルバムとなる1stアルバム『Always Fresh Rhythm Attack』を、2004年にはプロデューサーにPrefuse 73を迎えた2ndアルバム『Digital Breath』をリリース。2005 年以降、啓、K-MOONとのビートボックス・バンド、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDとして活動。2枚のアルバムと1枚のDVDをリリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く