特集 PR

YOLZ IN THE SKY インタビュー with吉田肇(PANICSMILE)

YOLZ IN THE SKY インタビュー with吉田肇(PANICSMILE)

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2009/10/30

ギターウルフやDMBQなどを排出した名門インディー・レーベル、Less Than TVよりリリースされた前作『YOLZ IN THE SKY』でシーンに強烈なインパクトを残し、2008年のFUJI ROCK FESTIVALにも出演した大阪の4人組、YOLZ IN THE SKY。11月4日にfelicityよりリリースされる最新作『IONIZATON』は、独特の緊張感を持ったオルタナティブな感覚に、YMOに代表されるような無機質なテクノ感を取り込んだ、強烈なグルーヴを持ったアルバムだ。今作のサウンド・プロデュースを手掛け、彼らを「外国のバンドみたい」と評する吉田肇(PANICSMILE)にも同席してもらい、ボーカルの萩原、ギターの柴田にインタビューした。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ)

ここで(歌が)入ったら目立つかなとか(笑)。

―Less Than TVからリリースした前作から約2年半、その間はどんな感じで活動していたんですか?

萩原:ライブばっかりしてましたね。ひたすらライブを(笑)。

―CD作りたいね、みたいな話は?

萩原:曲を作りながらライブをやっていた感じだったので、曲が揃い次第リリースしたいなとは思ってました。

―前作はガレージっぽいサウンドをすごくオルタナティブな形でアプローチしていておもしろかったんですけど、今回はかなりダンス・ミュージックの要素が強まりました。

柴田:前作を出して、そこからまた新しい曲を作ろうとなったときに、前作とは違う感じにはしたくて。それで、そのときに聴いていた音楽の影響とかが出て、今みたいな感じになりました。

―ダンスとかテクノとかを聴いていた?

柴田:そうですね。もう前作をリリースしたくらいの頃からよく聴いてて。

―もともとはどんな音楽に影響を受けてたんですか?

柴田:色んな音楽を聴くようにはしていて、これっていう特定の音楽を挙げるのは難しいんですけど、挙げるとしたら初期パンクとポストパンクですかね。

―曲作りはどういう感じで進めているんですか?

柴田:基本はスタジオでセッションして作り上げていきますね。

萩原:ギターとドラムが基になってることが多いです。

―それは意外ですね。リズムがどしっとあるので、ドラムとベースありきで、そこからギターとボーカルを乗せてるんじゃないかなっていうイメージがありました。

柴田:ギターとドラムで雰囲気を作って、それでベースも空気を読んで(笑)。その上からまたギターを「それだったらこういう感じかな?」って足していったり。それに合わせてまたベースも合わせたり、ドラムも合わせたり。ちょっとずつ構築していく感じですね。

―最初に楽曲の方向性を決めるキーワードがあったりするんですか?

柴田:そういうのは逆にしないんですよ。特定のアーティスト名を出したりして、それっぽくなったら嫌だし。仮に自分がやりたいイメージがあっても、口には出さないで音だけ出してみて、それをみんながどう受け止めるか反応を見るというか。

―ボーカルはどういうふうに?いわゆるメロディーを歌うボーカルとは違うスタイルですよね。歌詞も日本語だけど聴き取れないし、楽器のひとつみたいな。

萩原:ほぼ流れができてから考えだしますね。セッションしてる間は、「いまのかっこええな」「いまのはあんまやな」「どんな曲になっていくんやろ?」って考えるだけで。

―曲を聴く限り、ボーカルを入れる余地を残して作ってる感じではないですよね。

柴田:そうですね。ボーカルのことはまったく何も考えてなくて(笑)。

―何を基準にボーカルを乗せるんですか?

萩原:基準はないです。ほんまに。ここで入ったら目立つかなとか(笑)。

2/3ページ:とことんこだわり抜くのがヨルズスタイル。エフェクターが200個、アンプが20台!

Page 1
次へ

リリース情報

IONIZATION
YOLZ IN THE SKY
『IONIZATION』

2009年11月4日発売
価格:2,300円(税込)
felicity PCD-18600

1. OH!MY BALANCE!
2. UP SIDE DOWN
3. I READY NEEDY
4. IONIZATION
5. ONE WAY TO THE TROUBLE
6. DEAD HEAT
7. DAWN

プロフィール

YOLZ IN THE SKY

クラフトワークやNEU!に影響を受けたパンクスピリットを持った4人によるオルタナティヴロックバンド。2003年結成。2007年に「Less than TV」より1stアルバムリリース。同年『SXSW』出演を含むアメリカツアーを行う。2008年には『FUJI ROCK FESTIVAL '08』に出演。2009年11月に2ndアルバム『IONIZATION』を日本のレーベル「felicity」からリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている