特集 PR

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

圧倒的な音楽知識と抜群の演奏力を武器に、25年以上に渡り質の高いロックを鳴らし続けてきたカーネーションが、新たな音楽の在り方を提示するライブ音源配信サイト『LIVE CARNATION livecarnation.jp』をスタートさせた。加速度的にデジタル化が進み、音楽の在り方が変わりつつある今、カーネーションの試みは僕らのミュージック・ライフに、後進のミュージシャンたちにどんな影響を与えるのだろうか。唯一のオリジナル・メンバーとしてカーネーションを引っ張ってきた直枝氏に、配信サイト立ち上げまでの経緯や今後の展望について答えてもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

きっかけは誰かが作っていかないといけないわけだしね。

―新たにライブ音源の配信サイト『LIVE CARNATION livecarnation.jp』を立ち上げられるということで、まずは配信に至った経緯からお聞かせいただけますか?

直枝:うちのスタッフが、今回の配信を手掛けてくれる会社の人と、昔からの知り合いだったんですよ。アメリカではフィッシュやメタリカなんかが、そういう取り組みをしているのは知っていたんですけど、実際にやるとなると、すごく大変。どうしたらできるのかなって漠然とは考えていたところで。

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー
直枝政広

―ちょうどいいタイミングで配信会社と出会えたんですね。

直枝:そうですね。どうも僕らはなにかにつけ、プロジェクトの黎明期から動くことが多いんですけど、きっかけは誰かが作っていかないといけないわけだしね。とりあえず鉄砲玉的にやってみるのもいいんじゃないかなと思って。

―リスナーには、どういうものを提示していこうと?

直枝:まずはライヴ音源。なおかつ過去のライブ音源や秘蔵のデモ・テープ等も同時に展開できれば。配信する音源の数は多いほうがいいよね、っていう話はしていますね。

―直枝さんはレコード収集家としても知られてますけど、いちリスナーとしては、どういう音楽の楽しみ方をしたいと思いますか?

直枝:いろんなヴァージョンを聴いてみたいっていうのがひとつ。ライブ音源もそのひとつで、グレイトフル・デッド(※ライブの自由な録音とテープ交換許可したアメリカの伝説的バンド)とか、クセになりますよね。何年何月何日のライブはどうだったとか。この日は最高だったとか。そういうことは当たり前のようにやってきたし、ちょっと聴いて、知ってればいいやっていう程度で気が済むタイプではないですね。

―自分がリスナーとしてそういう聴き方をしているから、プレイヤーとしてもいろんなヴァージョンのものを出していきたい?

直枝:できればね、いい形でそこをたっぷり楽しんでもらいたい。ぼくたちの音楽がそういう対象になればいいなと思います。去年、コロムビア時代の音源が再発されたんですけど、2枚組のデラックス・エディションで、ホームデモの音源を入れたりとか、大変な内容なんですよ。日本でこういうデラックス・エディションをリリースしているアーティストは、ほとんどいないはずですよ。

2/4ページ:配信するためにどうするとか、そういうことではない。まずはどうすればいいライブにできるのか、ということだけを考えていきたい。

Page 1
次へ

リリース情報

Velvet Velvet
カーネーション
『Velvet Velvet』

2009年11月25日発売
価格:2,800円(税込)
P-VINE PECF-3003

1. Velvet Velvet
2. さみだれ
3. 田園通信
4. Annie
5. この悲しみ
6. Willow in Space
7. ジェイソン
8. For Your Love
9. 砂丘にて
10. Songbook
11. Dream is Over
12. 遠い空 響く声

プロフィール

カーネーション

1983年12月 「耳鼻咽喉科」を前身に「カーネーション」結成。当時からのオリジナルメンバーは、直枝ひとり。 1984年 シングル『夜の煙突』(ナゴム)でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコードジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。メンバーは直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人となり、2009年4月にシングル『ジェイソン』、11月に3年ぶりのアルバムとなる『Velvet Velvet』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送