特集 PR

school food punishment インタビュー

school food punishment インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

昨年5月のメジャー・デビュー以降、各所で絶賛された幻想的でありながらPOPなメロディーと先鋭的かつ斬新なアレンジに加え、アニメ『東のエデン』との長期にわたるタイアップや、CMでの大量オンエアなども手伝って、一気にその名を知らしめたschool food punishment(以下、sfp)。1年にシングル5枚というハイペースなリリースを経て、満を持して届けられたアルバム『amp-reflection』は、オリコンのデイリーランキングで初登場3位を記録! しかしそれは偶然でもなんでもなく、彼らが勇気を持って破壊と再生を繰り返したうえで、なるべくしてなった結果である。一皮剥けたバンドのリアルなストーリー。内村、蓮尾の2人に、この1年の変化と成果を語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

初めて「曲って?」「メロディーって?」「サビらしいって何?」とかを考え始めた。

―今作はより多くの人に聴いてもらうことを意識して作ったアルバムなんじゃないかと感じていて。ものすごくたくさん曲を作って、そのなかからアルバムに収録する曲を厳選したんじゃないかと思うんです。

school food punishment インタビュー
内村友美

内村:はい、ダメ曲はいっぱいありました(笑)。

蓮尾:ワンコーラスまでのデモ曲をたくさん作りましたね。

内村:うちのバンドは曲を作るのにすごく時間がかかるし、精度が高いわけでもないので、曲はたくさん作っておきなさい、っていうのはすごく言われていて。でも、全然追いつけなくて。だからまずはワンコーラスだけ作って、できたらまた次の曲へっていう作業を、一昨年からデビューまでの1年間やっていて。でも、その書き貯めたなかにはシングルとして出せる曲がなかったんです…。そういう大変な事態で(笑)。

―いや、全然笑えないですよ!

内村:それまで作った曲のなかでシングルにできるのは、デビュー曲の“futuristic imagination”と、その次の“butterfly swimmer”の2つと言われてて。だから、3枚目以降はデビューしてから書いた曲なんです。

―それはかなり大変な作業だったんでしょうね。

内村:そうですね。そういうこともあって、「シングルとはなんぞや」みたいな話はかなりしました。で、それとは別にアルバム用の曲も作らなきゃいけない。アルバムの半分はシングル曲を収録することになっていたので、それに立ち向かう曲を作るわけですけど、アルバム曲って、シングル曲とは違うアルバムならではのものなんですよね。だから実は、そういうアルバム曲を作るのが一番の難関でしたね。

―そんななかで、曲を作ってる間は何を大切にされていたんですか?

蓮尾:足りない穴を埋めていくというか。アルバムのなかでのバランスを考えましたね。「こういうものがないよね」っていうのを、そのときそのとき足して。

内村:可能性があるものは全部詰めていってましたね。曲はあってもシングルにはできないっていうことに直面したときに、初めて「曲って?」「メロディーって?」「サビらしいって何?」とかを考え始めて。もっと人に伝えようとすることとか、歌詞の書き方とか、メロディーの付け方とかもすごい変わってきたんです。

Page 1
次へ

リリース情報

school food punishment<br>
『amp-reflection』
school food punishment
『amp-reflection』

2010年4月14日発売
価格:3,059円(税込)
Epic Records ESCL-3417

1. signal
2. goodblue
3. butterfly swimmer
4. future nova -album edit-
5. 電車、滑り落ちる、ヘッドフォン
6. light prayer
7. after laughter
8. 04:59
9. 駆け抜ける
10. futuristic imagination -album version-
11. line
12. パーセンテージ
13. sea-through communication

プロフィール

school food punishment

04年10月に結成。07年4月、1stミニアルバム『school food is good food』をリリース、それに伴う全国ツアーを行う。08年12月には、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース、タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約一週間で完売となる。2010年4月、1stアルバム『amp-reflection』をリリース。メンバーは、内村友美(vocal & guitar)、蓮尾理之(keyboards)、比田井修(drums)、山崎英明(bass)の4人組。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年