特集 PR

SAWA インタビュー

SAWA インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/06/29

クラブ・ミュージックにベースを置きつつも、抜群にポップなメロディーとスウィートな歌声で、ジャンルを超えた注目を浴びているSAWAが、初のフル・アルバム『Welcome to Sa-World』を完成させた。福富幸宏、半沢武志(FreeTEMPO)、☆Taku Takahashi(m-flo)、瀧澤賢太郎といった重要人物たちが惜しみなく楽曲を提供したことも大きなトピックとなっている本作だが、ひとたび彼女の世界観に気付いてしまったが最後、キラッキラのポップスから何度となく顔を見せるシュールなSAWAの妄想から抜け出せなること間違いナシ。筆者に「あさはかですね〜」と暴言を吐いた、ぶっ飛びまくりなインタビューをどうぞ。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

SPEEDに入りたいと思ってました。いまはFolderに入りたいんですけど。

―音楽を始めた経緯からお聞きしたいんですけど、もともとバイオリンとピアノをやられてたそうですね。クラシック系ですか?

SAWA:そうですね。バイオリンはクラシックですけど、反抗期だったので…。

―反抗期!? 何歳くらいの話ですか?

SAWA:4歳くらいから。

SAWA インタビュー
SAWA

―4歳で反抗期って!

SAWA:バイオリンやってるのに、電車の中にバイオリンをわざと置いてきたりとか、練習にバイオリンを持っていかなかったりとか。

―それは悪いですねぇ(笑)。ピアノはいつくらいから?

SAWA:ピアノは見せしめのために始めたというか。

―見せしめ?

SAWA:お母さんがバイオリンをやれやれ言うから、「ピアノやるし」みたいな。

―「見せしめ」じゃなくて、「当てつけ」じゃないですか?

SAWA:あっ、それだ!(笑)

―バイオリンをやめてピアノを?

SAWA:並行してやっていました。バイオリンはやめちゃダメだと言われたので、ちきしょーと思って、ピアノをがんばってるフリをしてたんですけど、実際のところはそんなにがんばってなかったですよね。

―やりたいって言ったくせに(笑)。SPEEDをライバルだと思っていたという話を聞いたんですけど。

SAWA:あー、ありましたねー。SPEEDに入りたいと思ってました。いまはFolderに入りたいんですけど。

―いま入りたいんですか!?

SAWA:無理ですよねぇ〜(笑)。

―何でFolderに入りたいんですか?

SAWA:当時も好きだったんですけど、最近またFolderを聴いたら、素晴らしい! と思って。Folderフリークがガーンって上がっちゃったんですよね。だから最近はFolderのことばっかり考えてますね。

―はぁ…。バイオリンやピアノでクラシックなことをやりながら、J-POPも普通に聴いてたんですか?

SAWA:そうですね。モノマネしてレコーディングしたりとか。

―モノマネ!?

SAWA:岡本真夜さんのモノマネとか。それを交換日記みたいに友達に渡すんです。「聴いてきてね」みたいな。で、友達が次の日に「すごいよかったよ」みたいな。

―友達もモノマネして返してくるんですか?

SAWA:向こうもなんかやったと思うんですよ。なんだっけなぁ。…あ、すごい思い出した! 何かをやってました。

―それ、全然思い出せてないです(笑)。歌うきっかけはなんだったんですか?

SAWA:中学生くらいから、ダンスと歌の学校みたいなところに入ったんですよ。大学生くらいになると、ライブもちょっとやったりして。歌って踊るひとりユニットみたいな。

Page 1
次へ

リリース情報

SAWA<br>
『Welcome to Sa-World』(初回限定盤)
SAWA
『Welcome to Sa-World』(初回限定盤)

2010年7月7日発売
価格:3,465円(税込)
EPIC Records ESCL-3475

1. Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
2. MerryGoRound
3. Stars
4. NightBus
5. Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
6. Throw him away!
7. ManyColors
8. I'm a President
9. Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World! 〜
10. Swimming Dancing
11. Friday Night
12. Planet-T
13. Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14. I Can Fly
15. あいにいくよ
16. Dream about...
17. Thank you for visiting 〜My name is... 〜
[DVD収録内容]
“I Can Fly”、“Swimming Dancing”、“あいにいくよ”のミュージックビデオ
アルバム制作ドキュメンタリー映像「Sa-Worldの作り方(表ver.)」、「Sa-Worldの作り方(裏ver.)」

SAWA<br>
『Welcome to Sa-World』(通常盤)
SAWA
『Welcome to Sa-World』(通常盤)

2010年7月7日発売
価格:3,059円(税込)
EPIC Records ESCL-3477

1. Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
2. MerryGoRound
3. Stars
4. NightBus
5. Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
6. Throw him away!
7. ManyColors
8. I'm a President
9. Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World!〜
10. Swimming Dancing
11. Friday Night
12. Planet-T
13. Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14. I Can Fly
15. あいにいくよ
16. Dream about...
17. Thank you for visiting 〜My name is...〜

プロフィール

SAWA

08年6月、半沢武志(FreeTEMPO)プロデューサーに迎えたミニアルバム『COLORS』でデビュー。10年7月7日リリースの1stフルアルバム『Welcome to Sa-World』では、作詞・作曲、プログラミング、バイオリン演奏からスキットのプロデュースまでも自ら手がける多才ぶりを発揮。ミラーボールをアイコンにシュールなファンタジーを表現するアートワークでも、独自のSAWAワールド=「サワールド」な世界観を追求している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像