特集 PR

SAWA インタビュー

SAWA インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/06/29

クラブ・ミュージックにベースを置きつつも、抜群にポップなメロディーとスウィートな歌声で、ジャンルを超えた注目を浴びているSAWAが、初のフル・アルバム『Welcome to Sa-World』を完成させた。福富幸宏、半沢武志(FreeTEMPO)、☆Taku Takahashi(m-flo)、瀧澤賢太郎といった重要人物たちが惜しみなく楽曲を提供したことも大きなトピックとなっている本作だが、ひとたび彼女の世界観に気付いてしまったが最後、キラッキラのポップスから何度となく顔を見せるシュールなSAWAの妄想から抜け出せなること間違いナシ。筆者に「あさはかですね〜」と暴言を吐いた、ぶっ飛びまくりなインタビューをどうぞ。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

SPEEDに入りたいと思ってました。いまはFolderに入りたいんですけど。

―音楽を始めた経緯からお聞きしたいんですけど、もともとバイオリンとピアノをやられてたそうですね。クラシック系ですか?

SAWA:そうですね。バイオリンはクラシックですけど、反抗期だったので…。

―反抗期!? 何歳くらいの話ですか?

SAWA:4歳くらいから。

SAWA インタビュー
SAWA

―4歳で反抗期って!

SAWA:バイオリンやってるのに、電車の中にバイオリンをわざと置いてきたりとか、練習にバイオリンを持っていかなかったりとか。

―それは悪いですねぇ(笑)。ピアノはいつくらいから?

SAWA:ピアノは見せしめのために始めたというか。

―見せしめ?

SAWA:お母さんがバイオリンをやれやれ言うから、「ピアノやるし」みたいな。

―「見せしめ」じゃなくて、「当てつけ」じゃないですか?

SAWA:あっ、それだ!(笑)

―バイオリンをやめてピアノを?

SAWA:並行してやっていました。バイオリンはやめちゃダメだと言われたので、ちきしょーと思って、ピアノをがんばってるフリをしてたんですけど、実際のところはそんなにがんばってなかったですよね。

―やりたいって言ったくせに(笑)。SPEEDをライバルだと思っていたという話を聞いたんですけど。

SAWA:あー、ありましたねー。SPEEDに入りたいと思ってました。いまはFolderに入りたいんですけど。

―いま入りたいんですか!?

SAWA:無理ですよねぇ〜(笑)。

―何でFolderに入りたいんですか?

SAWA:当時も好きだったんですけど、最近またFolderを聴いたら、素晴らしい! と思って。Folderフリークがガーンって上がっちゃったんですよね。だから最近はFolderのことばっかり考えてますね。

―はぁ…。バイオリンやピアノでクラシックなことをやりながら、J-POPも普通に聴いてたんですか?

SAWA:そうですね。モノマネしてレコーディングしたりとか。

―モノマネ!?

SAWA:岡本真夜さんのモノマネとか。それを交換日記みたいに友達に渡すんです。「聴いてきてね」みたいな。で、友達が次の日に「すごいよかったよ」みたいな。

―友達もモノマネして返してくるんですか?

SAWA:向こうもなんかやったと思うんですよ。なんだっけなぁ。…あ、すごい思い出した! 何かをやってました。

―それ、全然思い出せてないです(笑)。歌うきっかけはなんだったんですか?

SAWA:中学生くらいから、ダンスと歌の学校みたいなところに入ったんですよ。大学生くらいになると、ライブもちょっとやったりして。歌って踊るひとりユニットみたいな。

Page 1
次へ

リリース情報

SAWA<br>
『Welcome to Sa-World』(初回限定盤)
SAWA
『Welcome to Sa-World』(初回限定盤)

2010年7月7日発売
価格:3,465円(税込)
EPIC Records ESCL-3475

1. Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
2. MerryGoRound
3. Stars
4. NightBus
5. Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
6. Throw him away!
7. ManyColors
8. I'm a President
9. Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World! 〜
10. Swimming Dancing
11. Friday Night
12. Planet-T
13. Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14. I Can Fly
15. あいにいくよ
16. Dream about...
17. Thank you for visiting 〜My name is... 〜
[DVD収録内容]
“I Can Fly”、“Swimming Dancing”、“あいにいくよ”のミュージックビデオ
アルバム制作ドキュメンタリー映像「Sa-Worldの作り方(表ver.)」、「Sa-Worldの作り方(裏ver.)」

SAWA<br>
『Welcome to Sa-World』(通常盤)
SAWA
『Welcome to Sa-World』(通常盤)

2010年7月7日発売
価格:3,059円(税込)
EPIC Records ESCL-3477

1. Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
2. MerryGoRound
3. Stars
4. NightBus
5. Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
6. Throw him away!
7. ManyColors
8. I'm a President
9. Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World!〜
10. Swimming Dancing
11. Friday Night
12. Planet-T
13. Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14. I Can Fly
15. あいにいくよ
16. Dream about...
17. Thank you for visiting 〜My name is...〜

プロフィール

SAWA

08年6月、半沢武志(FreeTEMPO)プロデューサーに迎えたミニアルバム『COLORS』でデビュー。10年7月7日リリースの1stフルアルバム『Welcome to Sa-World』では、作詞・作曲、プログラミング、バイオリン演奏からスキットのプロデュースまでも自ら手がける多才ぶりを発揮。ミラーボールをアイコンにシュールなファンタジーを表現するアートワークでも、独自のSAWAワールド=「サワールド」な世界観を追求している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」