特集 PR

宮沢章夫×岸建太朗(映画監督)対談

宮沢章夫×岸建太朗(映画監督)対談

インタビュー・テキスト
小林宏彰
撮影:安野泰子

7月23日から8月1日まで、埼玉県川口市で開かれる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」。2004年より、世界中から「エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる」作品を公募し、次代を担うクリエイターの発掘を目的に毎年開催しているイベントで、今年も多くの優れた作品が集まっている。 このたび、その長編部門(国際コンペティション)に『未来の記録』を出品した岸建太朗監督と、岸さんが師事し、影響を受けてきたという「遊園地再生事業団」主宰の宮沢章夫さんに対談を行なっていただいた。映画や演劇、小説、そして眠りや「場所」といったテーマを軸に、さまざまな話題を自在に行き交う刺激的なお話を、ぜひご一読いただきたい。

(インタビュー・テキスト:小林宏彰 撮影:安野泰子)

100年前も、100年後も「変わらないもの」

―まずは宮沢さんに、岸監督の『未来の記録』をご覧になった感想をお伺いしたいと思います。

宮沢:これ、すごく時間をかけてつくった作品だよね。

:3年半かけてコツコツつくってました。

宮沢:そうなんだね。当然だけど、制作に時間かけることの良さと、一瞬でつくりあげる良さの両方がある。まあ、僕なんかは瞬発力でやっちゃうほうです。長くやっていると飽きちゃうから(笑)。

ただ、表現するメディアによって違いがあると思っていて、映画の場合、撮影に時間をかけると映像の雰囲気がだんだん変化していくでしょう。登場人物が映画のなかで年を取っていっても面白いだろうしね(笑)。

宮沢章夫×岸建太朗(映画監督)対談
『未来の記録』より

―岸監督が『未来の記録』を撮り始めたきっかけは何だったのでしょう?

:何かを継続していく過程で、技術力が向上して以前よりも上手になった実感を持った時、人は何も喜ぶばかりではなくて、やっていることをイチから考え直そうとすることがあると思います。当時の僕もそうした壁にぶち当たっていました。確かに上手くなったかも知れないけれど、「このままでいいのか」という気持ちが高まっていたというか。

そこで思いを馳せたのが、最初に映画を撮った人、リュミエール兄弟のような人でした。彼らがどんな目線で映画を眺めていたのかということを想像したんです。今とても便利な世の中になったけれど、映画の創世期とまるで「変わりようがないこと」があるとしたらそれは何だろうと。例えば「カメラがあって被写体がいる」という、映画の基本的な関係は少なくとも変わってないんじゃないか。

でも、それについて何を知っているのかと考えると、やっぱりたくさんの疑問が残った。むしろ自分への疑いのほうが強かったんです。だから分かった気になっていることに対して「本当に?」という疑問符を投げかけることから始めました。とにかくその場所に行って、この目で見て、直に触れることだけは確かな気がしたので。でもいちいち合理的に進まなかったから、普通はあり得ないような間違いもたくさんしたと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010』

2010年7月23日(金)〜8月1日(日)
会場:SKIPシティ 映像ホール・多目的ホール他(埼玉県川口市)

『未来の記録』上映
2010年7月24日(土)17:00
2010年7月28日(水)11:30
上映時間:91分

プロフィール

宮沢章夫

1956年生まれ。劇作家、演出家、小説家。多摩美術大学中退。中退後、24歳でさまざまな種類の執筆業をはじめる。1980年代半ば、竹中直人、いとうせいこうらとともに、「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を開始。その作・演出をすべて手掛ける。1990年、「遊園地再生事業団」の活動をはじめる。その第2回公演『ヒネミ』で、1993年、岸田國士戯曲賞を受賞。その後、舞台作品多数を手掛け、ほかにもエッセイをはじめとする執筆活動、小説発表などで注目される。2000年より、京都造形芸術大学に赴任。現、早稲田大学教授。

岸建太朗

1998年、劇作家宮沢章夫氏に師事し、演出助手に従事する。2002年より「演劇映像実験動物黒子ダイル」を旗揚げし、数本の自主映画、PV、ネットドラマ、演劇の劇中映像などを制作。2007年、ヨルダン川西岸の都市ラマッラーに訪れた時、突然『未来の記録』の基になるビジョンを得る。帰国後、ワークショップ「WORLD」を繰り返しながら『未来の記録』を制作。また俳優としても、映画、演劇、TVドラマなどに多数出演している。

{映画『未来の記録』ストーリー

新しい学校を始めようと、幸と治はかつてフリースクールだった古い家屋に住み始める。やがて1冊のノートを手に大勢の生徒たちがやってきた。ノートには、「思い出を残そう」という言葉。やがて過去と現在が交錯し、未来に向かって流れてゆく。時空を越えて物語が展開し始める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら