特集 PR

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/07

芸術は爆発だ!音楽はアイデアだ!全曲3分未満、様々なジャンルをつなぎ合わせ、電子音と共にパンクのテンションで鳴らしたポップなショート・チューンが満載のデビュー作『CULT POP JAPAN』でWiennersが全国デビューを果たした。西荻のパンク・シーンを出自に持ち、今もライブハウスに勤めるメンバーがいるなど、インディーズ・シーンと強い接点のある彼らは、あらゆる線引きを無効化しようとする、確固たる決意を持っている。その力強き所信表明に耳を傾けてほしい。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

突き詰めてアンダーグラウンドに行くバンドはいるけど、僕たちは突き詰めてポップな方に行くようにしてますね。

―まずは結成の経緯から教えてください。

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
玉屋2060%

玉屋:元々ドラムと俺が別のバンドをやってて、それのキーボード募集でMAXが来たんです。そのバンドのベースが抜けて解散して、新しいバンドをやろうとしたんですけど、なかなかしっくりくるベースがいなくて。そうこうしているうちに、560は元々ドラムだったんですけど、「いないんだったらやるよ」って感じで。

―元々ドラマーだったんですね。

560:中学生からずっとドラムをやってきたんですけど、弦楽器とかフロントマンに対する憧れがずっとあって。パンク・バンドでジャンプしちゃうのとか「かっけえなあ」って(笑)。

―ドラムじゃできないもんね(笑)。

560:そうそう(笑)。だからベースをやることに全然抵抗はなくて。あと、ネットでベースを募集したりしてたらしいんですけど、こういう(音楽性の)バンドだから、いきなり知らない人が来ても難しいじゃないですか? 僕は前のバンドの時から仲良かったんで、(新しいバンドで)やろうとしてることが自分なりにわかってるつもりだったんです。元々は新しいバンドを早く見たかったんですけど、なかなか始まらなかったので、「じゃあやるよ」って。

―音楽的なバックグラウンドはやっぱりパンク?

玉屋:僕はハイスタとかAIR JAMの世代なんで、中学生ぐらいの時にそういうのを聴いて、「俺もできんじゃねえかな」と思ってバンドを始めました。それから高校ぐらいの時にFRUITYとかDASHBOARDとか、西荻WATTS(東京のパンク〜ハードコア・シーンを支えたライブハウス。2005年に閉店)でやってるようなバンドにのめりこんで。それからだんだん別の音楽も聴くようになって、ヒップホップは元々好きだったし、BOREDOMSも好きだし、ワールド・ミュージックも好きだし。あとシンセとかを入れるきっかけになったのは、Plus-Tech Squeeze BoxとかCAPSULEとかが流行ってて。

―中田ヤスタカのCAPSULEだ。

玉屋:Perfumeとかまだ全然流行る前ですけどね。そういうのをバンド・サウンドに落とし込んだらすげえ面白いんじゃないかと思って。最初「そういうバンドいないかな?」と思って探したんですけど、結局いなくて、だったら自分たちでやろうって。

560:僕も十代後半でWATTSに通ってて、(玉屋と)同じ時期に打ち込みとかシンセを組み込んだバンドを探してたんですよ。一緒に探してたわけじゃなくて、それぞれ探してて(笑)。だから玉屋君が新しいバンドでやろうとしてたこともなんとなくわかったんです。

―マナブさんは?

ポップと芸術の大爆発 Wiennersインタビュー
マナブシティ

マナブシティ:ハイスタがバンドを始めたきっかけっていうのは一緒なんですけど、ハイスタに出会う前はJ-POPを聴いてましたね。

―ああ、それこそWiennersにはJ-POP感もありますよね。

玉屋:そうですね。(自分たちの音楽が)ポップ・ミュージックとしてどうにか成立できないかっていうのがあって。シンセの入れ方とかも、曲によってはJ-POPっぽいっていうか、そういう入れ方を意識してたり。

―今回のアルバムのタイトルは『CULT POP JAPAN』だし、デモ盤のタイトルも『COSMO POP ATTACK』だったしね。やっぱりポップであることはすごく重要?

玉屋:音楽的に難しいことをやって、どんどんディープな表現になっていくバンドはたくさんいると思うんですよ。突き詰めてアンダーグラウンドに行くバンドはいるけど、僕たちは突き詰めてオーバーグラウンドっていうか、ポップな方に行くようにしてますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Wienners<br>
『CULT POP JAPAN』
Wienners
『CULT POP JAPAN』

2010年7月7日発売
価格:1,800円(税込)
WNSR-1

1. !
2. We are the world
3. Cult pop suicide
4. Life education
5. Love the earth,Cosmo Attack
6. Japan holi
7. World over trip
8. Channel #77.7
9. Why can you stand?
10. Go Anti Go
11. Justice 4
12. 龍宮城
13. Blitzkrieg POP
14. Hello,Goodbye
15. Idol

プロフィール

Wienners

地球最後のひみつ道具、2010年この星の平和を取り締まるウルトラ警備隊!カラフルに毒づき、クールにアツい。この世に生きるすべての音楽に敬意を注ぎ、愛をもってデストロイ&クリエイト。神様の悪ふざけ、一か八かの大勝負な創造物。呼ばれてないのに生まれちゃいました!Wienners!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ