特集 PR

ムダってなんぞや? SAKEROCKインタビュー

ムダってなんぞや? SAKEROCKインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/12/13

いまや完全に市民権を得たインストバンドのなかでも、独特という言葉では表しきれない個性で確固たる地位を築いたSAKEROCKが、前作『ホニャララ』以来2年ぶりとなるオリジナルアルバム『MUDA』をリリースした。別バンドやソロ活動、俳優業など、メンバー各自の様々な経験を通したうえで制作された今作は、タイトルに反して、その経験をひとつもムダにすることなく産み落とされた快心作! 無限に想像力を掻き立てるムダスパイラルとは何なのか? SAKEROCKを論じるうえで欠くことのできない素晴らしきムダについて、星野、伊藤、浜野の3名(都合により田中は欠席)に語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

 

今回は4人だけで、あんまりお化粧をせずに、ストレートにやろうと。

―SAKEROCKとしては2年ぶりのオリジナルアルバムになりますが、その間のそれぞれの活動を振り返っていただけますか?

伊藤:俺はグッドラックヘイワ(SAKEROCKの元メンバーでもある野村卓史とのユニット)のほうでアルバムを出したのと、細野晴臣さんのバンドに入れてもらったのがドラマーとしては大きな転機でしたね。細野さんは色んな音楽を教えてくれるんですけど、いろんなリズムを知るきっかけになったり、すごく勉強になってますね。

―浜野さんは?

浜野:自分がリーダーのバンドをいっぺんに2つ(在日ファンク、Newday)も始めちゃって。いままでは自分で「これでいいんだ!」ってGOサインを出すことをやってこなかったんですけど、そういう経験をしたことで、SAKEROCKでのトロンボーンニストの在り方みたいなものも、自然と気張らないでできるようになったというか。とりあえず自分でハンコを押せるようになったのが大きくて。

ムダってなんぞや? SAKEROCKインタビュー
SAKEROCK

―星野さんはソロ活動をされたりもしましたけど。

星野:SAKEROCKの前作『ホニャララ』の後は、2枚のDVDのプロデュース作業と、自分のエッセイ集『そして生活はつづく』も初めて出させてもらって。あと今年は『ゲゲゲの女房』に出演したのと、ソロのアルバム『ばかのうた』を出したのがすごく大きいです。それが今回のアルバムにつながってると思う。

―つながってるというのは?

星野:SAKEROCKって……ヒネくれてるじゃないですか(笑)。あまのじゃくというか。ソロを作るにあたって、同じアプローチを歌でやっちゃうとカッコ悪い、というか誠実でなくなっちゃうと思って。だから素直になろうって決めたんですよ。そしたらいままで意地悪なことしか言ってくれなかった人も、「よかった!」ってすごく素直に反応してくれて。こういうのっていいな、この感じをSAKEROCKでも次はやりたいなと思ったんです。だから今回は4人だけで、あんまりお化粧をせずに、ストレートにやろうと。

―「4人で素直に」っていうのがアルバムのコンセプトに?

星野:「4人でやりたい」っていうことは伝えました。あと、CDでアレンジに凝りすぎちゃって、ライブで再現できないことが多かったので、それは気になってたんですよね。ライブと音源は別物だとは思っていたんですけど、さすがに分かれすぎかなと思って。ライブでもそのまま持っていけるような、シンプルだけど強いものにしたいっていうのは、みんなにも最初のほうに伝えたと思います。

伊藤:今年はけっこう4人でライブやってるから、いまや4人が普通なんですけど、去年の春くらいに久しぶりに4人でやったら、まわりのスタッフから「4人のSAKEROCKもいいじゃん」なんて言われるくらい4人じゃなかったんですよ。4人だと前作の『ホニャララ』とか、前々作の『songs of instrumental』の曲はほとんどやれなくて。

星野:原点的なものがなかったというか。『ホニャララ』は自分たちの代表作的なものを作ろうと思って作ったんですけど、それでもお化粧をいっぱいしてる状態だったので、ほんと4人だけの地に足の着いたやつを作りたいなと。結成初期にメンバーが抜けたりっていうのもあって、ずっと楽器が足りないんじゃないかと思ってたんですよね。だけどいまは4人がデフォルトというか、そう思いたいなと考えて作りました。

Page 1
次へ

イベント情報

『4thアルバム「MUDA」リリース記念ツアー』

2011年2月19日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:宮城県 仙台darwin
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年2月20日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:岩手県 盛岡ClubChangeWAVE
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年2月25日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:京都府 京都磔磔
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年2月26日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋BOTTOM LINE
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年2月27日(日)OPEN 18:30 / 19:00
会場:石川県 金沢AZ
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年3月4日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:福岡県 福岡BEAT STATION
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年3月5日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年3月6日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 心斎橋BIG CAT
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年3月12日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:北海道 札幌PENNY LANE 24
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

2011年3月21日(月・祝)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷AX
料金:前売3,500円 (ドリンク別)

リリース情報

SAKEROCK<br>
『MUDA』
SAKEROCK
『MUDA』

2010年12月8日発売
価格:2,800円(税込)
カクバリズム / DDCK-1023

1. MUDA
2. Goodbye My son
3. URAWA-City
4. Hello Po
5. DANCHI
6. FUNK
7. HIROSHIMA NO YANKEE
8. KAGAYAKI
9. WONDER MOON
10. Oyabun
11. Green Mockus
12. 8.16
13. GUNPEI

プロフィール

SAKEROCK

2000年結成。メンバーは星野源(ギター、マリンバ、etc)、田中馨(ベースetc)、伊藤大地(ドラムス)、浜野謙太(トロンボーン)の四人。様々な音楽的要素と無駄な感覚を多分に含んだストレンジ・インストゥルメンタル・グループ。これまで3枚のオリジナルアルバムを発売。どれも大絶賛&ロングセールスを記録している。2010年12月8日に待望の4thアルバム『MUDA』をリリースした素敵な4人組である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡