特集 PR

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

漫画家・映像作家のタナカカツキが2008年に発表した映像作品『ALTOVISION』とは、見るものに視覚の範囲を超えた未知の身体的体験を促すものであった。クラムボンの原田郁子とともに、恐怖心をあおるような強烈なクライマックスを描き出したL.E.D.の“I'll”もまた、聴覚の範囲を超えた体験を味わうことのできる楽曲であり、そのミュージックビデオをタナカが手掛けたことはもはや必然だったと言ってもいいのかもしれない。CINRAでは2009年にもL.E.D.とタナカの対談をお届けしているが、その後、タナカは伊藤ガビン・いすたえこと共に「VJ QUIZ」としてL.E.D.のライブに映像で参加するなど、両者の距離はさらに接近。今回は“I'll”の作曲者である横山裕章も加え、“I'll”の話を中心にアルバムについて、そして「ものを作る」ということについて、再びじっくりと語り合ってもらった。

「いいメロディ浮かんだから聴いてよ」って、20分ぐらいずっとスティールパンを披露されました。果たしてどこからどこまでがいいメロディなのか分からなかったけど(笑)。

―前作の『GAIA DANCE』はカツキさんの映像作品『ALTOVISION』が制作のきっかけになったと前回の取材でおっしゃっていましたが、『elementum』にも何かきっかけはありましたか?

佐藤:結局まだカツキさんの『ALTOVISION』から端を発したインスピレーションの連鎖がバンドの中でもそのまま続いてる感じなんです。その流れの中で自然にできたものを作りためていきました。だから、コンセプチュアルに制作が進んだわけではないですね。

タナカ:続けないと「バンド」にならないですからね~。「普通にやった」ってことでしょ?

佐藤:そうです(笑)。

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談
左から:オータコージ、タナカカツキ、佐藤元彦、横山裕章

―今作から入ってきたスティールパンの音色がとても印象的で、軽やかな、開かれたイメージを受けました。

佐藤:前作はまだ今の7人じゃなかったし、それぞれの役回りにも共通認識がなくて、流動的だったんです。あと、前作を出してからライブの本数がかなり増えて、バンドサウンドとして固まってきたっていうのも大きいですね。スティールパンに関しては、Kakueiさんがあるときからスティールパンに目覚めて(笑)、それをバンドに取り入れていったら、新しい風が吹きましたね。

オータ:いつの間にかスティールパン命みたいになってたよね(笑)。この間もKakueiさんの家に行ったら、「いいメロディ浮かんだから聴いてよ」って、20分ぐらいずっとスティールパンを披露されました。果たしてどこからどこまでがいいメロディなのか分からなかったけど(笑)。まあ、それぐらいエネルギッシュにハマってるっていう。でも、そういう旬なものは取り入れた方が面白くなるんですよね。

―カツキさんはアルバムを聴かれてどんな印象を受けましたか?

タナカ:L.E.D.のライブでVJ中にたくさん聴いていたから、知ってる曲ばかりでしたね~。だから僕にとってはもはやニューアルバムじゃなかったけど(笑)。

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談
L.E.D.『elementum』ブックレットより

―まあそうですよね(笑)。

オータ:でも一緒にVJやってるガビンさんは、アルバム聴いて「新基軸だね」って言ってましたよ。

タナカ:それ、VJ中にどれだけ音を聴いてないかよく表していますね(笑)。だってVJ中に電話したりメールしてるもん(笑)。僕は一生懸命(音と映像を)合わせてたもん。その違いですよ。

オータ:同じVJチームなのにこうも意見が分かれるとは(笑)。

2/4ページ:原田さんのイメージが僕らのイメージとちょっと違う軸だったから、正直「どうかな?」って思ったりもしたんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

L.E.D.『elementum』
L.E.D.
『elementum』

2011年4月6日発売
価格:2,500円(税込)
PEMY-015

1. aqua
2. ventus
3. I'll(feat.原田郁子)
4. hitofudegaki
5. terra (album ver.)
6. nathan road
7. bluemoon in Togakushi
8. ignis
9. 500

イベント情報

『exPoP!!!!!』

2011年4月21日(木)
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
L.E.D.
MaNHATTAN
Fragment×leno (術ノ穴)
and more
料金:無料(2ドリンク別)

L.E.D. 『elementum』release tour

2011年5月1日(日)
会場:愛知県 名古屋 栄lounge Vio
出演:L.E.D.、egoistic 4 leaves、stim、ホテルニュートーキョー、mississippiroid

2011年6月12日(日)
会場:渋谷O-NEST
出演:L.E.D. with VJ QUIZ、Calm、WUJA BIN BIN

2011年6月17日(金)
会場:宮城県 仙台enn 2nd
出演:L.E.D.、タテタカコ、and more

プロフィール

L.E.D.

各方面で活躍する生楽器のマエストロ7人から成るシネマティック・インストバンド。そのサウンドは、Jazz、Funk、HipHopからHouse、Ambient,Minimal、Electronica、Krautrockまで様々な要素をバンド独自の有機的フィルターを通して解体、再構築。既存のインスト、ポストロック勢とは明らかに一線を画し、映像を強くインスパイアさせる、まさにシネマティックなサウンドスケープを展開している。結成当初から確かな演奏力と映像親和性により高い評価を受けているライブは各地のフェスをはじめ、活動の幅を広げ続けている。また映像に重きをおくコンセプトにより前作のアートワーク、ライブでのVJ参加(VJ QUIZ)、今作ではMVを手掛けた漫画家でもあり映像作家の異才タナカカツキとのコラボレーションも話題に。そして2011年バンド初のボーカルトラックにクラムボンの原田郁子を迎えた楽曲“I'll”(アイル)を含む渾身の2ndアルバム『elementum』が遂に完成。

タナカカツキ

1966年生まれ、大阪府出身。18歳でマンガ家デビューし、以後、映像作家、アーティストとしても活躍。漫画家としての代表作は『バカドリル』(天久聖一との共著)『オッス!トン子ちゃん』など。2008年には究極の映像美で新境地を拓いた『ALTOVISION』をブルーレイで発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像