特集 PR

妄想力が大爆発 Heavenstampインタビュー

妄想力が大爆発 Heavenstampインタビュー

インタビュー・テキスト
久保正樹
撮影:小林宏彰
2011/05/06

2008年、観客として訪れたFUJI ROCK FESTIVALで受けた衝撃から発進したバンドは、リーダーTomoya.Sのぶっ飛んだ妄想力に引っ張られ、瞬く間にメジャーデビューまでの階段を駆け上った。シューゲイザーやニューレイヴを通過し、2010年代を強く意識したフェス対応のサウンド、轟音を切り裂くように突き抜けるSally#Cinnamonの鮮烈な歌声は、ラッセル・リサック(Bloc Party)との共同プロデュースという形で、さらなるブラッシュアップに成功。「自分の魂をフジロックに飛ばして曲を作った」「イントロはサビより感動が大きい」など、独特の思考で練り上げられた楽曲は一聴して強いインパクトを残すはずだ。Tomoya.SとSally#Cinnamonの2人にこれまでの歩みを語ってもらった。

自分が生まれて初めて読んだ人の人生が、音楽に一生を捧げるもので、「人生とはこういうものなのか!?」って。

―お2人が音楽を始めたきっかけはなんだったんですか?

Sally:私は3歳からピアノをやってたり、合唱団で歌ったり、自然なことだったというか。中学生くらいからギターも弾くようになって、吹奏楽部ではサックスとホルンも吹いてました。バンドは高校2年から始めて、色んなバンドのコピーをしてましたね。

―いまの音楽性とはだいぶ離れてますけど、その後は?

Sally:しばらくは日本語の歌ものをやっていたんですけど、だんだん新しいものへの興味が出てきたというか。それで、いったん音楽活動をストップして、模索していた時期が何年かあって。それを経てHeavenstampに。

―Tomoyaさんは?

Tomoya:5~6歳のときに、親からベートーヴェンの伝記をもらったんですよ。自分が生まれて初めて読んだ人の人生が、音楽に一生を捧げるもので、「人生とはこういうものなのか!?」って。いま思えば、あのときに刷り込まれてたのかなと。その頃、親に与えられたクラシックのCDもよく聴いていて、作曲したりしてましたね。

―5~6歳で作曲ですか!?

Tomoya:はい。家にあったエレクトーンで。友達に「ベートーヴェンっぽい曲ができたんだけど、聴いてみて」って。ある意味、いまと同じようなことをやってたなと(笑)。その後は、父親がロック好きだったので、The BeatlesやDerek and the Dominosを聴かされたり、家にあったギターを弾いたりしてました。

―コピーバンドとかは?

Tomoya:高校に入ってから友達に誘われて、色々なバンドのコピーをやっていましたね。高校を卒業してから自分がボーカルのバンドを始めたんですけど、最初はバッキバキなスラップの上で叫びながら歌ってました(笑)。KornとかRage Against the Machineとかが大好きだったんですよ。とにかく悪そうで重そうなやつをやりたくて。当時は言葉の凶暴性にやたら惹かれてましたね。

―それがなんでいまの感じに?

Tomoya:10代の終わりくらいになると、青かった部分が熟してきまして。UKギターロックの繊細さに惹かれて、トム・ヨークを聴き込むようになったんですね。そういう人って多いと思うんですけど、そんな流れでUKギターロック直系なバンドをやるようになって。

―Heavenstampはいつから?

Tomoya:ちょうど2年くらい前ですね。最初はバンドの名前が違ったんですけど。2008年にフジロックで見たMy Bloody Valentineがきっかけだったんですよ。そのライブにすごい衝撃を受けて、男女混合のバンドで、新しくてかっこいいことをやりたいと思って。最初はマイブラっぽいシューゲイザーな曲ができちゃったんですけど、それじゃあつまらないってことに気付いて。それを排除して、ニューレイヴ以降のサウンドを感じさせたいっていう気持ちでやるようになったら、ディスコパンクな曲ができてきたんです。

―シューゲイザーやニューレイヴを通過した新しいバンドを目指して?

Tomoya:そうですね。ブリットポップとかも好きだったので、過去にもさかのぼって、いろんな要素をかき集めて、2010年以降じゃなきゃできないことをやりたいなと。

2/4ページ:“Stamp your feet”を作ったときは、自分の魂をフジロックに飛ばしました。

Page 1
次へ

リリース情報

Heavenstamp『Stand by you-E.P.+REMIXES』
Heavenstamp
『Stand by you-E.P.+REMIXES』

2011年5月11日発売
価格:1,500円(税込)
WPCL-10934

1. Stand by you
2. Pops
3. Cambrian.
4. Stamp your feet
5. Stand by you(80KIDZ remix)
6. Pops(Bloc Party vs CoPilots Drunk In Charge remix)
7. Stamp your feet(Pepe California remix)

イベント情報

『ぴあデビューレビュー VOL.150』

2011年5月30日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
チケット:無料招待制 5/23(月)まで受付(※完全招待制)

プロフィール

Heavenstamp

それぞれ別のバンドで活動していたSally#Cinnamon(Vo,Gt)、Tomoya.S(Gt)、Shikichin(Ba)、Mika(Dr)が集まり2009年結成。ライブベースに活動してきたが、2010年『Hype - E.P.+REMIXES』をGoldtone Redords からリリースし注目を集め、2011年ワーナーミュージックと契約。5月11 日に初のメジャー音源、『Stand by you - E.P.+REMIXES』をリリースする。エッジーかつキャッチーなサウンド、シンフォニックなシューゲイザーサウンドを日本的「ポップ感覚」で消化し、轟音ギターの美しいアンサンブルを響かせる。初期衝動を体言するバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優