特集 PR

『SONGBOOK』にみる、職業作家としてのキリンジ

『SONGBOOK』にみる、職業作家としてのキリンジ

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏木ゆか
2011/10/13

メロディの質に応じてサウンドがついてきてるんですよね。(高樹)

―では、そういった過去に提供した曲を『SONGBOOK』でセルフカバーされてるわけですが、もちろん曲によってアプローチが違うと思うんですけど、カバーするにあたっての最初の取っ掛かりはどんな部分からなのでしょう?

高樹:初めにゴールを決めて向かっていく感じじゃなくて、例えば、birdさんの“髪をほどいて”だったら、「さあて、これどうするかな?」みたいな感じで弾き始めて、「あ、こういう風にリハーモナイズすると、原曲のクラッシックっぽさがより出て面白いな」って思いついたりとかするんです。

―一番古い曲はKeycoさんの“ハルニレ”ですよね。オリジナルは2002年に発表されたものですが、時代性は感じましたか?

泰行:たしかにオリジナル音源の雰囲気を今やると、ちょっと古い感じに聴こえるとは思うんですけど、元々提供してる曲の骨格自体はあんまり時代性に左右されないものになっていると思います。だから、普通に今の気分でアレンジすればいいんじゃないかって思ってましたね。

左:堀込高樹、右:堀込泰行

―やっぱりメロディにスタンダード感があるから、オリジナルに関してもそんな古びた感じはしないですよね。

高樹:サウンドありきでメロディを発想してるものってあると思うんですけど、曲提供はメロディだけを渡すものが多かったので、やっぱりメロディの質に応じてサウンドがついてきてるんですよね。それに、ミックスの感じとかはその頃の時代の感じがあるかもしれないけど、アレンジメントも素直なものが多かったですからね。

―鈴木亜美さんの“それもきっとしあわせ”は、作詞が高樹さんで、作曲が泰行さんっていう、提供曲の中では珍しいパターンですよね。

泰行:この曲は最初からキリンジでサウンドまでやらせてもらえるっていう話で、兄が書いた歌詞に僕がメロディをつけたんですけど、歌詞の段階ですでに鈴木さんに合ったものになっていたので、僕はそれをくみ取るというか。ちょっとミュージカルっぽい雰囲気があったので、それを意識してメロディをつけましたね。

―この詞はすごく鈴木さんを意識して書かれてますよね?

高樹:このときって、「アイドルではなく、アーティストとして鈴木さんを認知させたい」っていう企画がまずあったんですよね。鈴木さんはご自身でも詞を書かれてるんですけど、その内容が僕にはちょっと取り繕ってるように見えたんです。だから、「シンガーソングライター、鈴木亜美」みたいな、ああいう歌詞にしました。

堀込高樹

―鈴木さん側の反応はどうだったんですか?

高樹:ダメって言われるかとも思ったんですけど、大丈夫でしたね。鈴木さんから「よかった」とも言われてないですけど…まあ、照れくさいというか、言いづらいですよね(笑)。ただ、インタビューとかをどっかで目にした感じでは、気に入ってくれてるっぽいし、この間のファンクラブのイベントでも歌ってくれたみたいです。


―ああ、じゃあきっと気に入ってくれてますよね。

高樹:ただ鈴木さんのファンがどう思うかはまた別の話で、やっぱり「元気な亜美ちゃん」の方がいいのかなって思ったり、中田(ヤスタカ)さんとやってるときの方が生き生きしてるなって思ったりもしますけどね(笑)。

―ファンの方の思い入れとかまで考えると難しいですよね。アイドル性のある人だったりすると、なおさら。

高樹:でも、南波さんの詞とか書いてて、「こんなの今まで書けなかったな」とかって思うんですよね。“お針子の唄”も、ああいうのを書きそうで書いてなかったので、充実感はありましたね。

―歌詞に関してのリクエストはないんですか?

高樹:ないですね…すればいいのにって思うんですけど(笑)。「何も言われないと変なもの書くよ?」っていう。ジョークですけど(笑)。南波さんは16~17歳の女の子が歌うっていう前提があったし…夢日記あったよね?

泰行:本人がどんなことを考えているのか知ってもらう資料として、スタッフの方が南波さんに見た夢を日記に書いてもらっていたみたいで。それの資料がメールで送られてきたんですけど…まあ、見てもなかなかわからないんですけど、参考になりました(笑)。

4/4ページ:「ちょっとあげるの勿体ないかも…」って思ったら完成っていうか、そういうハードルは設定してます。(泰行)

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

キリンジ『Connoisseur Series~KIRINJI「SONGBOOK」』
キリンジ
『Connoisseur Series~KIRINJI「SONGBOOK」』

2011年10月19日発売
価格:2,625円(税込)
COCP-36926/7 / 日本コロムビア

[DISC1] -COVER SIDE(キリンジによるセルフカバー)
1. jelly fish(My Little Lover提供曲)
2. ロマンチック(土岐麻子提供曲)
3. ハルニレ(Keyco提供曲)
4. 髪をほどいて(bird提供曲)
5. 若葉の頃や(畠山美由紀提供曲)
6. わたしの青い空(藤井隆提供曲)
7. お針子の唄(南波志帆提供曲)
8. それもきっとしあわせ(鈴木亜美提供曲)
[DISC2] -FORMAL SIDE(提供曲集)
1. わたしの青い空 / 藤井隆(作詞・作曲:堀込高樹)
2. 髪をほどいて / bird(作詞:bird 作曲:堀込高樹)
3. ロマンチック / 土岐麻子(作詞:土岐麻子 作曲:堀込高樹)
4. ハルニレ / Keyco(作詞:Keyco 作曲:堀込泰行)
5. 若葉の頃や / 畠山美由紀(作詞:中納良恵 作曲:堀込泰行)
6. somewhere in tokyo / 古内東子(作詞:古内東子 作曲:堀込高樹)
7. 愛が私に教えてくれたこと / 松たか子(作詞:松本隆 作曲:堀込泰行)
8. それもきっとしあわせ / 鈴木亜美 joins キリンジ(作詞:堀込高樹 作曲:堀込泰行)
9. プールの青は嘘の青 / 南波志帆(作詞・作曲:堀込高樹)
10. 春の嵐 / ミズノマリ(作詞・作曲:堀込高樹)

イベント情報

『KIRINJI LIVE2011』

2011年10月19日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 SHIBUYA-AX

2011年10月20日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 SHIBUYA-AX

2011年10月25日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 AKASO

料金:全公演5,775円(ドリンク別)

プロフィール

キリンジ

1996年10月、実兄弟である堀込泰行(VO/Gt)堀込高樹(Gt/Vo)の二人でキリンジを結成。97年インディーズデビュー後一躍脚光を浴び、翌98年、メジャーデビュー。卓越した二人のシンガーソングライターを配するグループならではの上品に練り上げられるメロディーとオリジナリティー溢れる詞世界は今やワンアンドオンリーな存在。また、詞曲に留まらず、兄弟ならではのハーモニーと多種多様な音楽的造詣を思わせるサウンド・プロダクションは多くの音楽ファンを魅了し続けている。藤井隆、SMAP、松たか子、坂本真綾など多くのアーティストへの楽曲提供も多数。昨年、2010年9月1日、通算8枚目のオリジナルアルバム『BUOYANCY』を発売。その後年を跨いで行われたキリンジ史上最長の全国24箇所25公演のツアー『キリンジTOUR2010-11』の成功も記憶に新しい。そして、今年、2011年。3.11を経て制作した震災チャリティーシングル『あたらしい友だち』を7月20日に限定配信し、10月19日には初のセルフカバー含む2枚組の提供曲集『SONGBOOK』を発売。同日には『KIRINJI LIVE2011』もスタート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催