特集 PR

パペットが意志を持つ瞬間 ロシア生まれの「チェブラーシカ」

パペットが意志を持つ瞬間 ロシア生まれの「チェブラーシカ」

インタビュー・テキスト
森オウジ
撮影:寺沢美遊

『チェブラーシカ』はロマン・カチャーノフ監督が生んだ、ロシアで国民的キャラクターとして愛されるパペットアニメーションである。2010年に、中村誠監督の手により27年ぶりの完全オリジナルストーリーとなる新作『劇場版 チェブラーシカ』が全国公開された。その際、一部の劇場でしか上映されなかった、長尺の80分バージョンを収録した特別版DVDが発売中だ。初回限定生産のコレクターズエディションには、メイキング映像や原作者E・ウスペンスキー氏のインタビュー映像、そして監督による初の手記が収録された資料集も同梱されており、非常にリッチな仕上がりとなっている。今回は、この『劇場版 チェブラーシカ 特別版』DVDの発売を機に、チェブラーシカというキャラクターの魅力と、ロシアでも好評のうちに迎えられたという新作の内容について、中村誠監督にインタビューを行った。

「パペットアニメの監督」ではなかったからこそ、できた表現

―そもそもチェブラーシカというキャラクターは、ロシアではどういう存在なのでしょうか?

中村:日本にはあまりいないような存在ですね。たとえばロシアの子どもたちに「チェブラーシカ知ってる?」と聞いたら、当たり前だとバカにされるでしょう。さらに面白いのは、おじいさんなどに聞いても同じ答えが返って来ることです。国民的人気というのはこういうことか、とロシアで感じました。原作の出版から半世紀近く経っても、2004年のアテネオリンピック以降ロシア選手団の公式キャラクターになるなど、世代を問わず愛され、その人気が衰えることはありません。

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』より ©2010 Cheburashka Movie Partners/Cheburashka Project
『劇場版 チェブラーシカ 特別版』より
©2010 Cheburashka Movie Partners/Cheburashka Project

―それだけのロシアの国民的キャラクターを、日本人が映画化することに関してプレッシャーはなかったのでしょうか?

中村:実は、最初はあまり感じなかったのですが、作りながら「こりゃ、とんでもない大役だぞ(笑)」と、責任を感じていきましたね。でも、最初に割と客観的に見られて、先入観も持っていなかったからこそ、引き受けられたんだと思います。もし僕がチェブラーシカや、パペットアニメーションについて以前から熟知していたら、「無理無理」となっていたかもしれませんね。

―そういう先入観のなさが最も強みになったのは、どのあたりでしょうか?

中村:たとえば、僕が撮った『劇場版 チェブラーシカ』は、とても動きの「滑らかな」パペットアニメーションだと言えると思います。だからマニアの方からの「パペットアニメーションはもっとカクカクしているものだ」とか「ぎこちないほうがいいんじゃないか」という声を聞いたことがあります。でも、実際に小さい子どもが見たときに、彼らと同意見になるでしょうか? もちろん子どもたちだけのために作ったわけではありませんが、もし僕がパペットアニメーションをジャンルとしてすごく好きだったならば、マニアのために作ってしまいかねなかった。もしそうなっていたら、今回できたような作品にはなっていないでしょう。それが強みといえば強みですね。

中村誠
中村誠

―オリジナルの『チェブラーシカ』には、旧ソ連の体制批判や、戦争に対する揶揄とも取れるような社会風刺的要素がありますが、そういった部分は意識されましたか?

中村:オリジナルのカチャーノフのものは公害問題や人種差別問題を匂わせるような要素が入っていました。僕も最初は少し意識していて、初期のシナリオでは確かにそういう要素を入れようとしていました。でもロシアのスタッフとの折衝で、「必要ない」ということになり削除したんです。というのも、ロシアで今も変わらず『チェブラーシカ』が愛されている一番の理由は、チェブラーシカとゲーナの「善良な行い」にあって、哲学ではないからだと。

また、オリジナルが上映されていた1969年当時というのは、もちろんロシアでは国家による検閲がありました。でも実は、アニメーション映画は子ども向けということもあって、比較的検閲を通りやすかったらしいのです。なので、アニメーション作家や絵本作家が、積極的に作品でメッセージを発信していた側面もあったようです。つまり、作品に盛り込まれた社会風刺的要素は時代の産物だったわけで、『チェブラーシカ』の本質では無いような気もします。

2/3ページ:一般のロシア人から言われた「ありがとう、監督」が一番嬉しかった

Page 1
次へ

リリース情報

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』コレクターズエディション(2DVD)

2011年11月25日発売
価格:7,140円(税込)

監督:中村誠
脚本:金月龍之介、島田満、中村誠、ミハイル・アルダーシン
声の出演:
[日本語版]
大橋のぞみ
土田大
北乃きい
チョー
藤村俊二
[ロシア語版]
ラリーサ・ブロフマン
ウラジーミル・フェラポントフ
オリガ・ズベーレワ
ドミトリー・フィリモーノフ
アレクサンドル・パジャーロフ
[DISC1]
・日本語版本編
・ロシア語版本編
・ロシアプレミア上映時の映像
[DISC2]
・ロシア語本編(銀残しver.)
・メイキング映像
・原作者エドゥアルド・ウスペンスキー、オリジナル映画の美術監督レオニード・シュワルツマンインタビュー
[特典]
・『チェブラーシカ』資料集
・フィルムカットセット(3枚入り)

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』通常版(DVD)

2011年11月25日発売
価格:4,410円(税込)

監督:中村誠
脚本:金月龍之介、島田満、中村誠、ミハイル・アルダーシン
出演:
声の出演:
[日本語版]
大橋のぞみ
土田大
北乃きい
チョー
藤村俊二
[ロシア語版]
ラリーサ・ブロフマン
ウラジーミル・フェラポントフ
オリガ・ズベーレワ
ドミトリー・フィリモーノフ
アレクサンドル・パジャーロフ
[収録内容]
・日本語版本編
・ロシア語版本編
・ロシアプレミア上映時の映像

プロフィール

中村 誠

1970年生まれ。アニメーション作品の企画・制作などを行う株式会社フロンティアワークスに所属し、アニメーション関連のシナリオライターとして活動。2004年、『チェブラーシカ』の新作の監督に抜擢される。2010年に公開された同作は、パペットアニメーションの秀作としてロシアをはじめ世界的脚光を浴びる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優