特集 PR

柴咲コウにとっての音楽

柴咲コウにとっての音楽

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/03/12

どうしても打ち消せない、自信のなさみたいなものがあって。

―昨年の武道館のライブDVDが出るわけですが、ライブに対する意識という点では10年間で変化はありましたか?

柴咲:大幅に変わってます(笑)。ライブに対してはホントに超臆病で、最初は人前で歌うのがすごく怖くて、「カメラを通してほしい」って感じだったんですけど(笑)、1回やったらあまりの気持ちよさに驚きました。恐怖心はあったけど、そこに飛び込むのが楽しいというか、それが人生を楽しむ術かなとも思って、そこから一気にはまったような感じですね。

―今でもやっぱり緊張はします?

柴咲:しますけど、前とは全然違います。前は、とにかく失敗しないようにっていう、すごく悪いパターンだったんです。でも結構最初から失敗もしてたので、それがすごくよかったなと思って。

―どんな失敗をしたんですか?

柴咲:一番最初の招待制のライブで、歌い出しを間違えて、1回止めてやり直したんです。そこから、その空間に来てよかったってホントに思ってもらえるようなものを作っていこうと、いろいろ考えるようになりました。武道館のライブに関しては、特に舞台監督の力も大きくて、映像とのリンクもそうだし、構成全体の起承転結もすごく大事にしました。

柴咲コウ

―終盤のお客さんが手をつなぐシーンはすごく印象的でした。

柴咲:あれはどうしてもやりたかったんです。あの日は、MCとかも事前に考えていないくらいぶっつけで、その場で出てくるものを発していたから、どう終わりにつながっていくか不安もあったんです。でも、頭で考えるんじゃなくて、そのときのテンションでつなげていけたかなって。

―楽曲の幅もすごく広かったですよね。galaxias!があり、アンプラグドコーナーがあり、もちろんバラードもありっていう。

柴咲:どうしても打ち消せない自分の自信のなさみたいなものがあって、一部分の自分だけで2時間以上のライブができないっていうのもあるんです。気分屋っていうのもあるから、ちゃんと起承転結が必要で、ずっと同じテンションだと自分が飽きちゃうんじゃないかっていう恐れもあるんですよね。

―その自信のなさっていうのはどこから来るものなんでしょう?

柴咲:何なんでしょうね…後天的なものだとは思います。小さい頃の環境とか、対人関係とかで形成された部分だと思うんですけど、「どう見られるか」とか「こうされたら悲しいな」とか、そういうのがずっと残ってる気がするんです。だから、100%人の目を気にしないってことはできないし、人の目を気にすること自体が、自信のなさの表れだと思うんですよ。

―そこはどう克服する、もしくは付き合っていこうとお考えですか?

柴咲:それと対峙するのも楽しかったりするんですけど、それを埋めるためには自分に自信がつくようなものをどんどん取り入れていくしかないと思います。でも、確実によくなっていて、浮き沈みはありますけど、昔とは違うなって思いますね。

4/4ページ:生きるってことに対しての思いを、わかりやすいけど奥深く書けるのがいいと思う。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

柴咲コウ『Strength』

2012年3月14日発売
価格:1,575円(税込)
Universal / UPCH-89111

1. Strength
2. もう、いないよ
3. Strength -Instrumental-
[DVD収録内容]
・Strength -Music Video

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Strength』通常盤(CD)

2012年3月14日発売
価格:1,260円(税込)
Universal / UPCH-80261

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Kou Shibasaki Live Tour 2011 "CIRCLE & CYCLE" 2011.11.28 Tour Final @ NIPPON BUDOKAN』(DVD)

2012年3月14日発売
価格:4,980円(税込)
POBD-21006

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Kou Shibasaki Live Tour 2011 "CIRCLE & CYCLE" 2011.11.28 Tour Final @ NIPPON BUDOKAN』(Blu-ray)

2012年3月14日発売
価格:5,980円(税込)
POXD-21006

[収録内容]
・パラレルワールド・リーディング
・愛の輪
・Graspin' all of it
・となり
・影
・EUPHORIA
・ゲノミクロニクル
・無形スピリット
・galaxias! / galaxias!
・CONNECTION / galaxias!
・Boys & Girls / galaxias!
・無形スピリット -Mugen Loop Remix- <DJ/TeddyLoid>
・JOY(by Jazzin'park)<DJ/栗原暁>
・ルージュの伝言(Unplugged)
・最愛(Unplugged)
・ミラーボール(Unplugged)(by 渡辺シュンスケ)
・月のしずく(Unplugged)
・泪月-oboro-
・アイネクライネ
・wish
・invitation
・よくある話 〜喪服の女編〜
・ラバソー 〜lover soul〜
・Focus
・フィロソフィア
-ENCORE-
・KISSして
・サヨナラブ
[特典映像]
・音楽談話 柴咲コウmeets高橋幸宏
[副音声]
・コメンタリー by 柴咲コウ×山口寛雄×ひぐちしょうこ

プロフィール

柴咲コウ

日本屈指の女優として数多くの作品に出演し、年末公開の映画『47Ronin』でハリウッド進出を果たす中、アーティストとしてもミリオンヒットを出すなど、精力的に活動を行っている。昨年9〜11月にかけて行われた全国ツアーでは初の日本武道館公演を敢行、11月にはDECO*27、TeddyLoidとの新ユニットgalaxias!として作品をリリースするなど、近年音楽活動が更に活発化。今年でデビュー10周年を迎え、5月には「Premium Live Tour 2012」の開催が決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材