特集 PR

この世界を脅かすフィクション チェルフィッチュ『現在地』

この世界を脅かすフィクション チェルフィッチュ『現在地』

インタビュー・テキスト
前田愛実
撮影:前田伊織

東日本大震災から1年。あの時から私たちに突きつけられた過酷な現実は、一見平常を取り戻したかのように見える日々の裏側で、変わらずその黒い大きな口を開き続けている。そして私たちもどこかで薄々、その現実からは逃れられないことを感じている。チェルフィッチュ待望の新作『現在地』は、そんな私たちが突きつけられている過酷な現実に対して、真っ向から挑む作品になりそうだ。作・演出の岡田利規は震災以降からの影響を全く隠そうとはしない。日本の無気力な若者をリアルに描き、数々の賞や評価を得た岡田は、その作風をかなぐり捨てるように、今まで疑い、避け続けてきた「フィクション」という武器を手に取って、この現実に対峙しようとしている。そんな大転換期を向かえたチェルフィッチュの岡田利規、宣伝美術として新しい変化を加えたグラフィックデザイナーの松本弦人、そして音楽を担当するサンガツの小泉篤宏を迎え、『現在地』について、それぞれの立場から語って頂いた。

とにかくフィクションを絶対に作らないといけないと思った。

―まずはこのフライヤーのデザインのことからお聞きしたいのですが、松本さんと岡田さんとは、今回初めてのお仕事ですよね。

松本:そうなんです。チェルフィッチュの作品は、もちろん拝見していたのですが、お会いするのも今日が初めてなんです。

岡田:どういう発想から、このビジュアルは生まれたんですか?

松本:岡田さんが昨年の震災の後、熊本に引っ越された後の初めての新作ですよね。それを僕に頼んできたということで、もう狙いは見えてる。今までのチェルフィッチュから外しましょうってことだろう、これは思い切りやっていいんだな、っていうのがまずありました。おまけにタイトルが『現在地』じゃないですか。こういっちゃ失礼な感じがしますが、およそ想像がつく。それは「変えたい」「変えるべきだ」ってことで、僕がやることは1つだなって明快に感じました。

チェルフィッチュ『現在地』フライヤー
チェルフィッチュ『現在地』フライヤー

―最初からこのビジュアルのイメージはあったんですか?

松本:全然ないです。でもチェルフィッチュのこれまでのイメージを努めて壊さなくても、僕がやれば変わるだろうとも思いました。

―生肉や魚に、石で出来たフェイクの果物。そして花と枯れ葉。何ともいえない不思議な感覚になります。

松本弦人
松本弦人

松本:写真を使って絵画的なものにしてみようと思ったんです。絵と写真の違いって時間なんですよ。写真は一瞬を切り取るけど、絵画は時間を切り取る。自然光を絵画に納めるから、必ず少しは動くし花も枯れていく。それで、写真なんだけど絵画的な時間の表し方って、チェルフィッチュの表現する複層性のようなものと似ているなと思って、複数の写真を重ねることで、それを表すのは面白いなと思ったんです。


岡田:僕、宣伝美術のミーティングとか全く参加しないんです。なんかいかにも参加してそうですけど(笑)、今までもノータッチだし基本的に相談もされないんです。なのにイメージどおりですからね。凄いびっくりしました、イメージしてないのに。

松本:そこですよね。イメージしてないイメージを具現化できればいいなって、最初の打ち合わせで話したんですよ。外すんだけど、ど真ん中。

岡田:いやこれ、ど真ん中ですよ。ほんとに。

―出来上がったフライヤーから岡田さんが受けた影響はありますか?

岡田:間違いなくあります。あ、こういう話を書けばいいのか、って思いましたもん。とにかく今回は自信があるかないかではなく、フィクションを作ろうって決めたんですね。フィクションの存在意義、フィクションの力を、はっきりとした形で示すようなことをしたいと思った。もちろん、そういうことをしてる人はいっぱいいます。でも、僕はこれまでフィクションに対して完全に懐疑的だったのに、突然それが信じられるように思えてきて、絶対にフィクションを作らないといけない、と思って取り組んでいるのが現状、っていう感じです。

―そのフィクションとは、私たちが今まで数ある演劇に観てきたような、いわゆるフィクションではないのでは?

岡田:違うものになったほうがかっこいいかなとは思ってますけど、どうなることか、自分では分かりません。フィクションをやりたいけど、どうなるか皆目わからない、ほんとに作れるのか自信もない、でもやらなきゃいけないからやる、みたいな状態で作り始めて、リハーサルをやっていく中で、なんとかなるってことは確かになってきました。で、その感じは自分の中では、このフライヤーの感じとすごくシンクロしてるんですよね。


2/3ページ:サバイブっていうのは女性の感じ。女性は負けても生きてていい。

Page 1
次へ

公開情報

チェルフィッチュ
『現在地』

作・演出:岡田利規
出演:
山崎ルキノ
佐々木幸子
伊東沙保
南波圭
安藤真理
青柳いづみ
上村梓

音楽:サンガツ
宣伝美術:松本弦人
美術:二村周作
舞台監督:鈴木康郎
音響:牛川紀政
照明:大平智己
映像:山田晋平

横浜公演

2012年4月20日(金)〜4月30日(月)全10公演
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
料金:前売一般3,500円 当日一般4,000円 ※U24チケット、シルバー割引、高校生以下割引なども用意
KAAT神奈川芸術劇場

福岡公演

2012年5月6日(日)、5月7日(月)全3公演
会場:福岡県 天神 イムズ9Fイムズホール
料金:前売一般3,300円 当日3,800円 学生2,000円

インフォメーション

キャスト・スタッフインタビュー、稽古場レポートを随時更新中

プロフィール

岡田利規

1973年 横浜生まれ。演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。1997年チェルフィッチュを設立。05年『三月の5日間』で第49回岸田戯曲賞を受賞。同年7月『クーラー』で『TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005―次代を担う振付家の発掘―』最終選考会に出場。07年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表し、翌年第2回大江健三郎賞受賞。小説家としても高い注目を集める。カンパニー作品では、07年ベルギーのフェスティバル『KUNSTEN FESTIVAL DESARTS 2007』に参加以降、アジア、欧州、北米にて海外招聘多数。また、横浜トリエンナーレや、あいちトリエンナーレなどの国際美術展覧会にも参加し、美術方面からも注目を浴びている。

松本弦人

1961年生まれ。グラフィックデザイナー。NEW YORK DISK OF THE YEAR グランプリ、読売新聞社賞、1995年東京ADC賞、AMD Award '96 Best Visual Designer、2002年東京TDC賞など受賞多数。主なデジタルメディア作品に、フロッピーディスク『Pop up Computer』(1994年、アスク講談社)、CD-ROM『ジャングルパーク』(1997年、デジタローグ)、ゲームソフト『動物番長』(2002年、Nintendo キューブ)などがある。BCCKSのコンセプトデザインやアートディレクションなどを手がけるチーフ・クリエイティブ・オフィサー。

サンガツ

20世紀の終わりに東京で結成。これまでに4枚のアルバムを発表。近年は、表向きはバンドの形態をとりながらも、音を使った工作/音を使った組体操のような楽曲に取り組んでいる。また、最新プロジェクト「Catch & Throw」では、「曲ではなく、曲を作るためのプラットフォームを作ること」に焦点をあて、その全ての試みがweb上で公開されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業