特集 PR

pair×益子樹 対談 「いい音」って、果たしてどんな音なのか?

pair×益子樹 対談 「いい音」って、果たしてどんな音なのか?

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/08/30

「いいね!」ってずっと言ってたんで…結構、自画自賛系だよね(笑)。(山田)

―アレンジの面で他に益子さんにとってポイントだったのはどんな部分ですか?

益子:最初に何曲かまとまって聴かせてもらっときに思ったのが、「pairにはベースいらないな」ってことで。ちょっと頼りない感じっていうか、不安定さっていうか、そういうのがあった方が面白い気がして、なるべく入れないようにしようと。他にはコンセプチュアルなこととかは全く考えず。音楽って、大元になる曲がしっかりしてると、音を呼んでくるものだと思うんですよね。それを間違わずにちゃんと見分けてあげると、すごくいいものができると俺は思っていて。“キセキ”っていうベースが入ってる曲も、最初にイメージにあったのはワウギターで、それこそシティポップ的なものが頭にあったのかもしれないけど、結果全然別のアプローチですごくよくなりましたからね。

―吉岡くんと杏奈ちゃんにしても、結果的に出来上がったものがよければオッケーっていうスタンスだった?

吉岡:そうですね、最終的にできたものが素晴らしければ。実際、レコーディングの日までどんなアレンジをしはるのかもわからなくて…。

―レコーディング当日まで知らなかったんだ。

吉岡:演奏してくれる人自体、初めて知るっていうこともありました。

益子樹

益子:だから、俺は結構ドキドキしてたんですよ。そういう状況から録り始めて、もし2人が納得しなかったらヤバいじゃないですか? LLamaとかソロでは音に対してすごくシビアに考えてる人たちだから、ちょっとでも納得いかない方向に曲が向かっていってしまったらレコーディング自体止まるなって。でも、自分の人選に対する自信はあったし、参加してくれたミュージシャンの方々はセンスもスキルもあって、ただ演奏が上手いだけじゃなく、必要なものをくみ取って返してくれる人たちで、そういうミュージシャンに対する信頼もあって、このやり方ができたわけです。

―益子さんから各ミュージシャンへの信頼があり、2人からの益子さんに対する信頼もあり。

益子:もちろん、俺も2人の音に対するセンスは信頼してるしね。

―その信頼関係がなかったら成り立たない方法ですよね。杏奈さんはレコーディングをどう見てました?

山田:(吉岡と)2人でボーっと、コーラとか飲みながら、「いいね!」って(笑)。

―自分のソロとか、LLamaだったら絶対そうはならないよね(笑)。

吉岡:自分も「いいね!」みたいに言えるんやって、びっくりしました(笑)。

山田:「いいね!」ってずっと言ってたんで…結構、自画自賛系だよね(笑)。

レコーディングは食材を冷凍するってことで、ミックスっていうのは解凍して調理する作業なんです。(益子)

―3人はそれぞれがプレイヤーでもありエンジニアでもあるわけじゃないですか? なので、今作の録音やミックスについても多少突っ込んでお伺いしたいのですが。

益子:透明感のあるものっていうのはずっと頭の中で鳴ってたかな。楽器を録ることに関しては、そこで鳴ってる音をいかに捉えるかっていうことしか考えないけど、全体としては背景に黒を塗らない感じというか、見通しのいいサウンドにしたかったっていうのはありますね。

吉岡:実際に演奏してる音を聴いてるわけですけど、それをマイクで録って、ミックスしてマスタリングしてっていうのを、最初に聴いたリアリティを最後まで失わずにやれるもんなんだっていう、そこがすごいなって思いましたね。

益子:よく思うのが、レコーディングは食材を冷凍するってことで、ミックスっていうのは解凍して調理する作業なんです。最初の冷凍が上手く行ってないと、解凍して調理しても美味しいものはできないじゃないですか? だから、レコーディングにはすごい緊張感があって、今言ってくれたみたいに最後まで新鮮さを保ててたとしたら、それはすごくいい状態でレコーディングできてたんだなって。

吉岡:感服しました(笑)。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

pair<br 『pair!』" class="lazyload">
pair
『pair!』

2012年8月29日発売
価格:2,625円(税込)
Bright Yellow Bright Orange / WRCD-61

1. なまえ
2. peco
3. 鋼鉄の街
4. まだこない
5. Drive
6. キセキ
7. ツノ
8. 今は…
9. You've got a friend

CINRA.STOREで取扱中の商品

pair<br>
『pair!』[MP3]
pair
『pair!』[MP3]

価格:1,350円(税込)
踏み入れたことのない音楽たちの楽園

山田杏奈<br>
『カラフル』[WAV]
山田杏奈
『カラフル』[WAV]

価格:1,800円(税込)
知られざる才女、集大成的1枚

LLama<br>
『インデペンデンス』[MP3]
LLama
『インデペンデンス』[MP3]

価格:1,350円(税込)
ツインドラムが組み立てる緻密でいて自由なリズム

プロフィール

pair

京都を拠点に活動する楽団バンド、LLamaのVo.Gt.にして首謀者・吉岡哲志と、2011年12月にHEADZよりソロアルバムもリリースした女性アーティスト山田杏奈の男女ユニット。ROVOの益子樹がプロデュース、またゲストには勝井祐二(ROVO)、岡部洋一(ROVO)や鬼怒無月ら一流ミュージシャンがゲスト参加した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」