特集 PR

物質と動物と人間をつなぐもの 勅使川原三郎インタビュー

物質と動物と人間をつなぐもの 勅使川原三郎インタビュー

インタビュー・テキスト
桂真菜
撮影:西田香織

10月から始まっている日本最大の舞台フェスティバル『フェスティバル/トーキョー12』のクロージングを飾るのは、ダンサー、振付、演出だけでなく、舞台美術、照明を含め空間全体を構成する勅使川原三郎。80年代から先鋭的な活動を通してファンを増やしてきた勅使川原が、1991年に初演した代表作『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH』を、2012年の現在進行形に改めて再演する。宮沢賢治の『春と修羅 第一集』に収められた心象スケッチ『原体剣舞連(はらたいけんばいれん)』に触発された同作は、国内外を移りながら再演されるたびに成長してきた。オペラ演出や映像制作にも取り組み、「現代芸術の鬼才」と称される勅使川原は、どんな道を歩んで国際的アーティストに成長したのだろう? 少年時代から今に至る話を伺うなかで、彼は率直に、緊張感溢れる舞台姿からは想像できないエピソードを語ってくれた。バレエの先生との偶然の出会い、サーカスの道化師を経験した青春時代……。型にはまらない人生は、私たちに勇気をくれる。

動くものと光るものに惹かれた少年時代

―勅使川原さんが子どもの頃は、クラシックバレエを始める男性は少なかったと思うのですが、ずっと幼いときからダンスを習っていたのでしょうか?

勅使川原:いいえ、バレエを始めたのが20歳で、それまでに踊った経験はありませんでした。少年時代は映画に夢中で、絵や彫刻も好きでした。人形劇や影絵にもよく行きましたね。動く人形に興味があって、操り人形、バリ島の影絵みたいな人形、ハンス・ベルメールみたいな球体関節人形……。キリストの像、天使の像、仏像にも惹かれ、円空の木像にはずいぶん感動させられました。

勅使川原三郎
勅使川原三郎

―人間による演劇、お芝居や舞踊というものは観ていなかったのでしょうか?

勅使川原:そうですね。あと光るものにも関心があったんです。子どものとき、ローラースケートを履いては地面を擦って、擦れた地面が光ってくるのを何日も何日もじっと見ていました。地面と物が擦れると、ただの茶色の土じゃなくなって、暗くなると光ってくる。錬金術のように金属質の土になるって実験していたんですね(笑)。

―光るものに惹かれるというのは、勅使川原さんの表現にも呼応する傾向ですね。

勅使川原:小学校のとき、夕方に友達と遊んだ後で、ひとり「儀式」のように行っていましたね。暗くなりかかった時間帯、いわゆる薄暮。そんな時間がとても好きで……。暗くなってくるときこそ、明るくなっていく、空よりも地面が光っているとき。葉っぱの色もそう、緑色が光り始める。日没どきのそういう色や光の変化が大好きでした。

―観察力の鋭い、繊細な少年でしたね。

勅使川原:寒さとか、身体の変化が面白かった。半ズボンの中の股間のあたりが乾いちゃって寒いとか、ちょっと足が擦れると肌が白いすりむけになるとか、そういう身体的なことが僕にとっては大事でしたね。新宿と渋谷の真ん中へんで育ったんですけれど、あのあたりでも半世紀前はたくさん草木が生えていました。

―その後、ダンスと出会ったのは友人の影響ですか。

勅使川原:いえ、とにかく学校というところが大嫌いで、もう高校でとてもじゃないけど……という感じで、大学には行きたくなかったんです。それで高校を卒業してからは何もせず、映画ばっかり観ていました。

勅使川原三郎 ©今野裕一
勅使川原三郎 ©今野裕一

―意外ですね、初めて伺いました。勅使川原さんは彗星のように現れたイメージでしたから。

勅使川原:僕もこんな話をしたのは初めてかもしれない(笑)。物と触れるのはずっと好きだったので、美術教室のアトリエに出入りして、粘土をこねたり、デッサンをしたりしていたのですが、ある日突然それも嫌になっちゃたんです。人形とかも、なにか自分から遠いものに感じられて、自分の手には届かない感じがしてきたんですね。それでもっと近く感じられるものはないかと思って、自分の身体に気がついた。自分の身体を造形したい、形作りたいと。で、音楽も好きで、特にクラシックとロックが好きだったので、バレエかなと思いました。それまでダンスのことは全く知らなかったので、電話帳でバレエ教室を探したんです。それがダンスの先生、雑賀淑子さんとの出会いでした。

―バレエ教室では、どんな生徒でしたか?

勅使川原:なぜか、その先生が僕のことを「良い」って言ってくださって。一応ダンスが好きだから通ってたんだけど、あるとき「もう辞めたい」と言うと、「いや、稽古だけは続けなさい、いまソロ作品を考えてるから」と言ってくれて。「そんなに言うんだったら、って……」みたいな、生意気なヤツでしたよ(笑)。

―先生からはどんなことを教わりましたか?

勅使川原:先生は寺山修司さんが演出した、美輪明宏さん主演の舞台『毛皮のマリー』初演の振付で協力していたり、落語家の古今亭志ん生師にご出演いただき、『七夕』というバレエ作品を作ったりしていました。いろんなダンサーのビデオを見せてもらいましたよ。ロシア出身のバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフについて教えてくれた言葉「ヌレエフは一番(つま先を外側に向けて立つ基本ポジション)だけで、もう踊りになっている」は忘れられません。当時は何を言ってるか全然わからなかった。でもその意味はその後、最高のバレリーナの森下洋子さんが『ペトルーシカ』を踊っているのを、同じ舞台に立たせていただいたときに直に見てわかった気がしました。その立ち姿に込められた気合いというか精神と正確な技術、そういうものが、もうすでにダンスになっているんだって。

―バレエ教室のレッスンはずっと続けていけたんですね。

勅使川原:だんだん踊りが面白くなってきたのかな。僕は筋肉があるほうじゃないから、バレエダンサーには向いていないんです。その頃、現代音楽のクセナキスの曲で、僕のソロ作品を作っていただきました。踊り方は好きにやらせてくれました。だから常にレッスンが終わったあと、一人で稽古場で練習していました。毎日他の生徒さんたちが帰った後、一人で好き勝手に踊るのが日課でした。

Page 1
次へ

イベント情報

『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH』

2012年11月23日(金・祝)17:00
2012年11月24日(土)17:00
2012年11月25日(日)15:00
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス(中ホール)
演出・振付・美術・照明:勅使川原三郎
出演:
勅使川原三郎
佐東利穂子
ジイフ
鰐川枝里
加見理一
山本奈々
林誠太郎
加藤梨花
料金:
一般 前売4,500円 当日5,000円
学生 3,000円 高校生以下1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
※11月24日はポストパフォーマンストーク有り

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー12(F/T12)』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 池袋 池袋西口公園
東京都 目黒 The 8th Gallery(CLASKA 8F)
※実施プログラムはオフィシャルサイト参照

プロフィール

勅使川原三郎

クラシックバレエを学んだ後、1981年より独自の創作活動を開始。1985年、宮田佳と共にKARASを結成し、既存のダンスの枠組みではとらえられない新しい表現を追及。類まれな造形感覚を持って舞台美術、照明デザイン、衣装、音楽構成も自ら手掛ける。光・音・空気・身体によって空間を質的に変化させ創造される、かつてない独創的な舞台作品は、ダンス界にとどまらず、あらゆるアートシーンに衝撃を与えるとともに高く評価され、国内のみならず欧米他、諸外国の主要なフェスティバルおよび劇場の招きにより多数の公演を行う。またダンス教育に関しても独自の理念をもち、KARAS創設以前より常に継続してワークショップを行い、現在に至るまで国内外で若手ダンサーの育成に力を注いでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎