特集 PR

Chara×不破大輔(渋さ知らズ)対談

Chara×不破大輔(渋さ知らズ)対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織
2012/11/29
  • 0
  • 233

例年にない晴天に恵まれ、大成功に終わった今年の『FUJI ROCK FESTIVAL '12』。最終日のヘッドライナー・RADIOHEADがグリーンステージで演奏する一方で、オレンジコートではある「事件」が起きていた。オレンジコートの大トリを務めた渋さ知らズオーケストラのアンコールに、なんとCharaが飛び入りし、あのYEN TOWN BANDの名曲“Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜”を歌ったのだ。この機会に幸運にも居合わせたオーディエンスにとっては、きっと今年の『フジロック』の中でも特に思い出深いシーンのひとつとなったことだろう。

あの真夏の夜の夢から約3か月半、“Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜”も収録された渋さ知らズのカバーアルバム『渋彩歌謡大全』のリリースに合わせ、渋さ知らズのダンドリスト(指揮者)にしてベーシストの不破大輔と、同じく新作『Cocoon』をリリースしたばかりのCharaによる対談が実現した。実際に共演するまでは面識がなかったそうだが、そこは長いキャリアの中でオーバーグラウンドとアンダーグラウンドを行き来し、音を楽しみ続けている両者。すっかり意気投合して、ファンキーかつサイケデリックな、素敵なグルーヴを生んでくれた。

「マジで? 怒られない?」とか思いながらも、楽しそうだから出ちゃいました。(Chara)

―今年の『フジロック』での共演は大きな話題になりましたね。

Chara:『フジロック』は普通にお客さんとして見に行ってたんですよ。渋さのメンバーにKenKenがいて、私のアルバムにも参加してもらってる友達なんですけど、「“あいのうた”やるんだよ」って聞いて、「マジで!」って思って(笑)。じゃあ、見に行こうと。

―不破さんとの面識はなかったんですよね?

Chara:そうなんですよ。他のメンバーの方もちゃんと存じ上げてる人はそんなにいなくて。渋さ自体を生で見たのも初めてだったんですけど、見てたら本編で“あいのうた”のインストバージョンをやってて「おっ!」って思ったり、いろんなパフォーマンスも素敵だったし、お客さんもすごい盛り上がってて、最後まであっという間でした。

左から:不破大輔(渋さ知らズ)、Chara
左から:不破大輔(渋さ知らズ)、Chara

―3日目のオレンジコートの大トリですもんね。お客さんも「遊び尽くすぞ!」って感じだったでしょうからね。

不破:RADIOHEADがやってるグリーンステージに行かないで、あそこにいたんだもんね。

―オレンジコートにはかなりの猛者が集まってたでしょうね(笑)。

Chara:それで、ライブが終わったから挨拶をしに楽屋へ行ったら、まだ盛り上がってて、「あれ? まだ終わってないんだ」って。ああいうフェスでアンコールがあるって思ってなくて。

―フェスではなかなかないですよね。

Chara:そうしたら楽屋で、「歌いましょう!」って手を引っ張られて……。

不破:すいません、強奪してしまいました(笑)。

Chara:私ホント普通の格好で、短パンに山登るブーツだったし、火傷した後だったからおでこに絆創膏とか貼ってたし(笑)。だから、「マジで? 怒られない?」とか思いながらも、楽しそうだから出ちゃいました。いつも歌うときは緊張するんだけど、少しお酒が入ってたのがよかったのかな。いい感じに力が抜けてて、モニターとか何でもいいやって感じで(笑)。

左から:不破大輔(渋さ知らズ)、Chara

―じゃあ、ホントにアクシデント的に「出ちゃおう!」だったんですね。不破さんは当日のことは覚えていますか?

不破:いや、もう泥酔してたのであんまり……。自分が楽器を弾くときは飲めないんですけど、そのときはいい具合になってて、アンコールで「あ、Charaがいた!」って(笑)。お客さんも「本物だ!」みたいになってて面白かったですよ(笑)。

Chara:私が来てるのは知ってたんですか?

不破:KenKenが連れてきてるっていうのは知ってて、「しめた!」と思って(笑)。でも、ホントに普段はアンコールとかやらないんだけどね。

スタッフ:主催者に「やっていいんですか?」って聞いたら、Charaが行ったのを見て、「もうやっちゃってください」って。

―じゃあ、ホントにスペシャルだったんですね。

Chara:そういうところが『フジロック』はいい感じですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

渋さ知らズ<br>
『渋彩歌謡大全』(CD)
渋さ知らズ
『渋彩歌謡大全』(CD)

2012年11月7日発売
価格:3,000円(税込)
TKCA-73836

1. 帰ろかな[Vo:泉邦宏](北島三郎)
2. 一週間[Vo:渡部真一](ロシア民謡)
3. 恋は夢いろ[Vo:渚ようこ](西田佐知子)
4. Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜(YEN TOWN BAN)
5. 黄昏のビギン[Vo:Sandii](水原弘)
6. RYDEEN(Yellow Magic Orchestra)
7. 夢は夜ひらく[Vo:遠藤ミチロウ](三上寛)
8. 渡[Vo:坂本美雨](渋さ知らズ)
9. 黒い花びら[Vo:三上寛](水原弘)
10. 悪漢[Vo:keyco](渋さ知らズ)
11. Ponta De Areia(Wayne Shorter)
12. 君は答えよ[Vo:渡部真一](J・A・シーザー / 東郷健)
※()内はオリジナルアーティスト

リリース情報

Chara<br>
『Cocoon』初回仕様限定盤(CD+DVD)
Chara
『Cocoon』初回仕様限定盤(CD+DVD)

2012年10月31日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-2142

1. 18
2. DADAAAN
3. オルタナ・ガールフレンド
4. Lita
5. 木枯らしと歌う
6. Waiting for You
7. プラネット
8. 蝶々結び
9. 糸し糸しと言う心
10. 特に
11. Cocoon
12. 甘えてよ(ボーナストラック)

プロフィール

Chara

1991年9月、シングル「Heaven」でデビュー。1992年の2ndアルバムでは日本レコード大賞ポップ、ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。1996年には女優として出演した岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」が公開され、劇中のバンドYEN TOWN BANDのボーカルとして参加して制作されたテーマソング「Swallowtail Butterfly〜あいのうた」が大ヒットとなる。この頃からライフスタイルをも含めた新しい女性像としての人気も獲得し、1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録。デビュー20周年を迎えた2011年には、キューンレコードとの契約を発表。未だ制作意欲の衰えを見せる事なく、作品発表を続けている。

プロフィール

渋さ知らズ

1989年9月、不破大輔を中心に初ライブを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中編成や小編成でも活動する。演奏にはジャズ、ロック、フォーク、歌謡曲など様々な要素が混在し、ジャンル分けを拒む音楽である。また、芝居の音楽伴奏が出発点の一つとなったこともあり、演劇的感覚が強い。「テント渋さ」と呼び、自らテントを建てての公演も行っている。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示しており、芸能のラディカリズムを意識したものである。国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け、数度の長期ヨーロッパツアーを行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

NIHA-C“リーダー”

ヒップホップに屋上はよく似合う。それがたとえグラフィティーが描かれていない、日本の屋上だとしても。決して絵に描いたような不良ではないNIHA-Cも、それは例外ではない。むしろ、彼から出てくる<お前がお前のリーダーだろ やりたいことやって良いんだよ>と「自由」をピースフルに語る言葉には、背景に広がる青空がとてもマッチしている。(久野)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言