特集 PR

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

インタビュー・テキスト
CINRA.NET編集部
撮影:田中慎一郎

「今でも機会があればやりたい企画の1つは、日本のヤンキー文化をテーマにした展覧会です」(保坂)

―お二人はそれぞれ、今後どんな展覧会を手がけてみたいですか?

保坂:極端な話、キュレーターって何かすごく好きなものがあれば、ジャンルを超えて展覧会を作り得る面白さはあります。例えばロックの展覧会なども実際にありますし、僕は以前、好きな「造船」にまつわる展覧会をしたいと思ったこともあります。今でも機会があればやりたい企画の1つは、日本のヤンキー文化をテーマにした展覧会です。

―保坂さんならではのヤンキー展、ぜひ見てみたいですね(笑)。

保坂:周りにそういう人が少なかったこともあり、常に何か憧れもあって。一方で、精神科医の斎藤環さんが「自民党はヤンキー化しているのでは」と評していたりと、ヤンキーが日本の文化の精神性に何か深く関わっているとすれば展覧会にする意義もあると思う。それと広告の展覧会にも興味があります。日本の広告には非常にレベルの高いものが多くて、汐留のアド・ミュージアム東京とか行くと出られないんですよね、楽しくて(笑)。

―願わくは5年くらい後にウェブでこの記事を誰かが見つけて「これがあの展覧会になったか!」となりますよう……。ロジャーさんはいかがですか?

マクドナルド:今僕は東京から長野に移り住み、最近亡くなった父が残してくれた家で暮らしています。同地の民家を「フェンバーガー・ハウス」という個人美術館にして、新しい展覧会を作っているところ。それは自分の個人史と、現代アートを組み合わせたものです。父は戦後日本に移住したイギリス人で、当時の記録が色々残っていました。1950年代に相撲の横綱と一緒に撮った記念写真とかね(笑)。そこで僕にとって興味深いこうした歴史を、現代のアーティストの作品と一緒に展示することにしました。

―つまり、そこを訪れ、展示を体験する人にも何かが見出せる展示になる?

マクドナルド:はい。パーソナルな家族史が、展覧会を通して皆さんと共有できるストーリーになっていけば、キュレーションとして成立すると思っています。これは理性を使ってカッコいい企画書を書くようなキュレーションとは違い、僕は勝手に「キュレーティング・アフター・ザ・ファクト」と呼んでいるんだけど。多くの展覧会は実現の前に企画書がまずあるのだけれど、今回は実際に作品を並べてその位置を変えたりしながら、日々作り、考えています。

―自分の中で、両者の間に色々なつながりを見出していくわけですね。

マクドナルド:例えば、父の遺品にはある辞典シリーズと、金のフクロウのオブジェ、そして彫り細工のマグカップがありました。僕はフランシス・F・コッポラ監督の『地獄の黙示録』が大好きで何度も観ているのですが、ある日、いま挙げた3つのオブジェとまったく同じものが映画のワンシーンに登場していたんです! 映画が撮影されたフィリピンは父も同時代に仕事で訪れていたから、同じようなお土産を買ったのでしょう。そういう不思議なシンクロニシティーや、モノと作品の間に見えてきた新たな風景は、展覧会を作り始めてから得られた体験です。

―今のお話は、多くの人にとって何かのヒントになりそうですね。

マクドナルド:今まで僕には、個人的な背景とキュレーションを混同させまいという意識もありました。でも、これも展覧会を作る1つの種としてはあり得るなと。極端に言えば、毎日キッチンにあるモノをなぜこのように置き、使っているのか。それにもう少し意識的になることが、最も身近なキュレーションの始まりと言えるのかもしれません。

―奇しくも最初のキュレーションの起源で保坂さんが話して下さったことともつながりましたね。情報同様、表現と呼ばれるものが圧倒的なボリュームで出現し続けている今だからこそ、キュレーターたちの存在やそのキュレーションの内容が注目されるのかもしれません。そこに少し意識を向けると、アートや展覧会の見方もまた広がりそうです。今日はありがとうございました!

information

5コマから学べる現代アートの学校「MAD」

2013年度4月開講のご案内
オンラインで学べる無料レクチャー「FREE MAD」

MADオープンデー 無料体験レクチャーシリーズ
『キュレーションってどこにむかっているの?』

2013年3月18日(月)
会場:東京都 代官山 AITルーム
時間:19:00〜20:30(要予約、定員40名、詳細はウェブサイトを確認)
料金:参加無料

相談会
会場:東京都 代官山 AITルーム
時間:19:00〜20:30(要予約、定員40名)
料金:参加無料
※詳細はウェブサイトを確認

『フランシス・ベーコン展』

2013年3月8日(金)〜5月26日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館
時間:10:00〜17:00、金曜日は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし3月25日、4月1日、4月8日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日
料金:
当日 一般1,500円 大学生1,100円 高校生700円
前売 一般1,300円 大学生900円 高校生500円
※中学生以下無料

Page 4
前へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信