特集 PR

音楽が希望であり続けた男 Serphインタビュー

音楽が希望であり続けた男 Serphインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2013/03/21

2009年7月のデビューから約3年半、いまだにアーティスト写真も詳細なプロフィールも公表されていないSerphという音楽家との対話も、今回の取材が3度目となった。nobleからの初作にあたるセカンドアルバム『vent』で急速に注目を集めると、順調にアルバムのリリースを重ねる一方で、平井堅やYUKIといった大物アーティストのリミックスも手掛けるなど、一躍電子音楽界のホープへと成長。周囲の状況が変化していく中で、Serph自身の意識も大きく変化し、特に「なぜ自分は音楽を作るのか」という根本の意識はガラリと変わったと言っていいだろう。『vent』発表以前に行われた人生初の取材で、「他にやることがない」ということを音楽に向かう理由のひとつとして挙げていたSerphは、今「僕の音楽が誰かにとってのささやかな希望になってくれれば」とさえ語っている。つまり、現在のSerphは「自分のやるべきことはこれなんだ」と、能動的に選び取って音楽に向かうようになったのである。ポップさも実験性も、これまで以上に突き抜けたオリジナリティーを誇る新作のタイトル『el esperanka』は、スペイン語で「希望」を意味する「esperanca」を元につけられた。このアルバムは、音楽が希望であり続けた男の力強い決意表明なのだ。

「この人のアルバムがあるから頑張れる」みたいな、そういう強力なアーティストになりたいんです。

―『el esperanka』はフルアルバムとしては、『Heartstrings』以来、2年ぶりの作品となりますね。その間には別名義のReliqとしてのアルバムと、ミニアルバム『Winter Alchemy』のリリースもありましたが、『Heartstrings』までのリリーステンポが早かっただけに、ひさびさの作品のようにも感じます。ご自身としては、リリースのテンポに関してどう感じていらっしゃいますか?

Serph:いつも通りだと思います。「アルバムとしてまとめる機会がやっとめぐってきたな」ってぐらいですね。

―相変わらず、毎日のように曲作りをしていることには変わりないと。

Serph:そうですね(笑)。

―『vent』と『Heartstrings』で、Serphの世界観というものをひとつ確立したと思うんですね。その上で、さらに新しいものを作るために、時間を必要としたんじゃないかとも思ったのですが?

Serph:日々試行錯誤はしていました。同じパターンにはまらないようにしつつ、「Serphらしさ」が出ないかなってずっと作り続けてきた結果がこのアルバムだと思います。アッパーでカタルシスがあるだけじゃない、もっと奥深い、いろんな方向に分かれてるアルバムにしたくて。


―制作の背景にある心境の変化っていうのは、アルバムタイトルにすごく表れてると思ったんですね。資料にある「僕の音楽が誰かにとってのささやかな希望になってくれれば」「従来のやり方、形の希望ではなく、新しい希望が必要」というコメントは、かつて「自分に向けて曲を作ってる」とおっしゃっていた時期と比べ、大きく変わりましたよね。

Serph:そこは「リスナーがいるんだ」っていう実感があったのが大きいですね。でも、リスナーのことを考えないでファーストを作ったから今があるっていうのも事実なので、その部分は変えたくないんです。

―「リスナーがいる」ということを自覚し始めたのはいつ頃からですか?

Serph:『Heartstrings』ぐらいから多少実感が湧き出して、その後リミックスで結構有名な歌手の方から依頼を受けたりもして、少しずつ自覚したって感じですね。規模が大きくなってきてるんだなっていう。

―そうやってリスナーの存在を自覚したことによって、自分の音楽がその人たちにとっての希望になってほしいと思うようになったと。

Serph:そうですね。「この人のアルバムがあるから頑張れる」みたいな、そういう強力なアーティストになりたいんです。

―それって、過去に自分がそういうアーティストに支えられた経験があるからこそ言えることではないかと思うのですが?

Serph:dimliteのファーストからセカンドぐらいは、すごく支えに……というか、生きがいみたいな感じで聴いてましたね。「こんなすごい音を作る人がいるんだ」って、音楽そのものに対して、まだ可能性があるっていうことが感じられたので。

―dimliteは取材の度に名前の挙がるアーティストですが、初めて聴いたときから衝撃的だったんですか?

Serph:衝撃でしたね。Prefuse73とかが作ったインストのロウビートの流れみたいのがあるじゃないですか? そのパターンが決まりきってきたところに、他の音楽の要素も混ぜて、新しいものを作ってたのがすごく面白かったんです。

―Serphの音楽が、誰かにとって、かつての自分にとってのdimliteの音楽のようになってほしいと。

Serph:はい、そう思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Serph『el esperanka』(CD)
Serph
『el esperanka』(CD)

2013年3月15日発売
価格:2,300円(税込)
noble / NBL-207

1. twiste
2. magicalpath
3. session
4. vesta
5. parade
6. shift
7. ankh
8. wizardmix
9. felixz
10. curve
11. vitt
12. rem
13. crystalize

プロフィール

Serph

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月、ピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』をelegant discよりリリース。2010年7月に2ndアルバム『vent』、2011年4月には3rdアルバム『Heartstrings』、11月にはクリスマス・ミニ・アルバム『Winter Alchemy』を、それぞれnobleよりリリース。2013年3月に、フルアルバムとしては約二年振りとなる新作『el esperanka』をnobleよりリリースした。より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクト、Reliq(レリク)でも一枚アルバムを発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察