特集 PR

人の出会いで振り返る、浜野謙太の自伝的音楽人生

人の出会いで振り返る、浜野謙太の自伝的音楽人生

インタビュー・テキスト
松永良平
撮影:菱沼勇夫
2013/04/05

「歌」って、かっちり8ビートとかに合わせてもつまんないし、かっこ良くならないんですよ。

―SAKEROCKとつながりそうなところでいうと、黒人ジャズトロンボーン奏者ベニー・グリーンの“You're Mine You”はいかがですか。

浜野:Newdayを一緒にやってる中尾勘二さんがずっと一緒に演奏していた、大原裕さんというトロンボーンプレイヤーが大好きなんですけど、もう亡くなられてしまったんです。でも、中尾さんに初めて会ったとき、「大原が亡くなって落ち込んでたけど、君みたいなトロンボーンがいてくれて良かったよ」って言ってくれたんですよ。そのときに中尾さんが教えてくれたのが「大原が好きだったトロンボーンは、確か……、何とかグリーン」(笑)。

―そこは覚えてなかったんですね(笑)。

浜野:でも、その後色々探しているうちにベニー・グリーンの『Back On The Scene』って名盤に出会ったんです。「この人、シンプルなんだけどすごくいいな」と思って聴いてたら、実は中尾さんが言いたかったのも、このベニー・グリーンのことだと分かったんです(笑)。

―それ、ハマケンのジャズサイドを語るすごくいい話じゃないですか。次のマイルス・デイヴィスもジャズミュージシャンですけど、“Directions [Thursday Miles]”は、いわゆるエレクトリック・マイルスと呼ばれる、ファンクに接近していた頃の作品ですね。

浜野:これを教えてくれたのは、僕の大学時代の友だち、クニちゃんです。「ファンク好きだったら、マイルスの名盤『On the Corner』を聴け!」と言われてたんですけど、あんまりピンとこなくて。僕はその少し前の時期のマイルスのほうが好きですね。難解だと言われがちな時期の作品ですが、単純に「わー、かっこいい!」って思える。クニちゃんは今アイドルオタクで、ももクロの話しかしない人なんですけど、学生時代はマイルスとジミヘンが大好きな人だったんです。マイルスの伝記を読んで、「マイルスはオナニーしたことないんだぞ」とか、色々情報を教えてくれました(笑)。

―そこですか(笑)。あと、シンガーハマケンとしてのチョイスもありますね。フランク・シナトラ“Everybody's Twistin'”は、大御所シナトラがツイスト(ロックを基調としたダンスミュージック)を歌った曲です。

浜野:これ教えてくれたのは、松永さん(筆者)じゃないですか(笑)。

―そうでした(笑)。シナトラがバンドの演奏に必ずしもノリきれてないんですけど、それでも自分のスタイルを押し通すかっこ良さがあって。

浜野:それって結構、歌の真髄なんですよね。「歌」って、かっちり8ビートとかに合わせてもつまんないし、かっこ良くならないんですよ。だから、僕はジャズ畑の人が演奏するファンクが好きなんです。シナトラはツイストを歌っているつもりなんですけど、それだけになっていない。そこがファンキーでかっこいいと思う曲です。

浜野謙太

ハマケンbotみたいな機能があって、僕はその曲を知らないんだけど、ハマケンなら聴いてそうだみたいなリストを誰かが作ってくれたら、僕が使います(笑)。

―そして、ここからまた感じが変わります。アフロビートの創始者フェラ・クティ“Egbe Mi O (Carry Me I Want To Die)”。

浜野:この曲は、(伊藤)大地くん(Dr / SAKEROCK)からですね。大地くんってすごく色んなタイプの音楽を聴く人で、僕は車に乗せてもらうことが多かったから、「何これ? 何の人?」ってしょっちゅう彼に聞いてました。この曲は在日ファンク“きず”の元にもなっています。

―大地くんはドラマーとして表現の幅も広いし、本当に色んな音楽を聴いてますよね。

浜野:僕も車を運転したらもっと色々音楽を聴くようになるのかなと思って、最近車買ったんですよ。今一番よく聴いてるのはMICROPHONE PAGER。MUROさんのトラック、やっぱりすごくて。

―バイト先の坂本さんが「MUROを聴け!」って言ってた意味がやっと分かった(笑)。そして、最後の曲がEVISBEATSの“いい時間”です。現代の日本語ラップとしても最高の曲ですね。

浜野:富山での仕事が終わった後に、どうしても夜中に東京まで車で帰らなくちゃいけない日があったんです。そのとき、ずっとマネージャーが運転してくれて、僕は寝ちゃってたんですけど、目が覚めたらもう朝で家の前に車が着いてて。「うわ〜! ありがとう!」って喜んだときに車の中でかかってたのがこの曲です(笑)。

―まさに「いい時間」(笑)。マネージャーさんの愛を感じるいいお話ですね。今回、この「ATTACCA」を使いながら、「人から教えてもらった音楽」というテーマでお話をうかがってきたわけなんですが、このアプリのように、友だちの好きな音楽を簡単に試聴したり、買ったり出来るという楽しみ方、ハマケンさんはどう思いましたか?

浜野:今回、あらためて振り返ってみてよく分かりましたが、僕は自分で音楽を掘り下げて聴いていくというより、周りの人が聴いている音楽にかなり影響を受けてきたタイプなんですよ。そういう意味で「ATTACCA」は非常に僕向きのアプリだなと(笑)。

ATTACCAを持つ浜野

―音楽的わらしべ長者みたいな(笑)。でも、自分の好みだけじゃなくて、他人の方がいいものを知ってるという感覚に素直になれたら、より楽しいし、世界も広がりますよね。

浜野:いいですね。それでしかないですもんね。あと「ATTACCA」に、今回の僕の曲リストだけじゃなくて、ハマケンbotみたいな機能があるといいと思いました。僕はその曲を知らないんだけど、ハマケンなら聴いてそうだみたいなリストを誰かが作ってくれたら、僕が使います(笑)。

―それは僕も気になります(笑)。ちなみに今回の曲リストの他に、ハマケンさんから読者に伝えたいお気に入りの曲5曲を、後日ボーナストラックとして「ATTACCA」に追加させて頂く予定なんですが、どんな曲を選んで頂いたのか、こちらも楽しみにしていますね。ありがとうございました!

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 3
前へ

製品情報

音楽で話そう「ATTACCA」

iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPadに対応。iOS5.0以降が必要。iPhone5用に最適化済み
料金:無料
販売元:Recruit Holdings Co.,Ltd.

インタビューでご紹介した、以下のプレイリストを『ATTACCA』で試聴することが出来ます。また2013年4月12日より浜野謙太さんから読者に伝えたいボーナストラック5曲が追加されます。

浜野謙太 プレイリスト

1. The Sidewinder / Quincy Jones and His Orchestra
2. Change the World / エリック・クラプトン
3. I've Got A Woman / レイ・チャールズ
4. The Old Landmark (with Rev. James Cleveland Choir)/ ジェームズ・ブラウン
5. Chocolate Buttermilk / クール & ザ・ギャング
6. What It Is...What It Was,Pt.1&2 / オーサカ=モノレール
7. Body And Soul / ルイ・プリマ
8. ラストダンスは私に / 越路吹雪
9. You're Mine You / ベニー・グリーン
10. Directions [Thursday Miles] / マイルス・デイヴィス
11. Everybody's Twistin' / フランク・シナトラ
12. Egbe Mi O (Carry Me I Want To Die) / フェラ・クティ
13. いい時間 / EVISBEATS

リリース情報

在日ファンク
『はじめての在日ファンクアワー Live in SHIBUYA』(CD+DVD)

2013年5月2日発売
価格:3,000円(税込)
PCD-18737/8

『在日ファンクpresents「宇宙大決戦」FINALツアー』

2013年5月17日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:広島県 広島 CLUB QUATTRO
出演:
在日ファンク
eastern youth

2013年6月29日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24
出演:
在日ファンク
ペトロールズ

2013年7月15日(月・祝)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
出演:
在日ファンク
ペトロールズ

2013年7月21日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 O-EAST
出演:
在日ファンク
ペトロールズ

料金:各公演 前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)

プロフィール

浜野謙太

ミュージシャンとしてSAKEROCK、在日ファンク、Newdayという3つのバンドに在籍し、俳優、タレントとしても多忙を極めるハマケンこと浜野謙太の音楽人生は、まさにそんな人との出会いから音楽を知る体験の連続だった。今回、SNSを通じて、色々な人たちのお気に入りの音楽を試聴することが出来るiPhoneアプリ「ATTACCA」を使って、ハマケンがリストにしてくれたのは「人から教えてもらった、お気に入りの音楽」。それは、ハマケンがハマケンでいられる理由を作ってくれた様々な人たちとの出会いと、渋くて明くて笑える魅力に満ちた素敵な音楽の数々だった。ハマケンのこれまでをたどることの出来る自伝ともいえる曲リストを元に、お話をおうかがいした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』