特集 PR

僕は日本に絶望している『めめめのくらげ』村上隆インタビュー

僕は日本に絶望している『めめめのくらげ』村上隆インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織

ロンドンから世界に発信される現代美術雑誌『Art Review』の恒例企画、アート界のキーパーソン100人をランキングする「THE POWER 100」。その中で、ほぼ唯一の日本人として毎年登場するアーティストが村上隆である。世界でも類を見ない巨大な工房と多くのスタッフを率い、日本美術の歴史とポップカルチャーをミックスした独創的な作品を発表してきた村上が、ついに映画監督デビューを果たした。

タイトルは『めめめのくらげ』。謎の生き物「くらげ坊」と、とある田舎町に引っ越してきた内気な少年の交流を描いた同作は、村上ワールドの集大成的作品と言えるだろう。愛らしくもどこか不気味なクリーチャーたち、大人の知らない子どもだけの秘密の世界、そして世界の存亡をかけた大バトル。それは、村上が創造してきた数々の作品に留まらず、僕たち日本人が子どもの頃から慣れ親しんだアニメやマンガの世界を融合させた、奇想天外なワンダーランドだ。

今回、全国公開を控え多忙を極める村上にインタビューする機会を得た。日本のアートシーン、ひいては日本社会に挑発的なメッセージを投げかけてきた村上隆である。想像を超えるエキサイティングな話が飛び出すと予想し、インタビューへと向かったが……村上の口から発せられたのは、さらに驚愕する内容だった。日本人として生きること。震災以降にアーティストして活動すること。村上隆が追い求める見果てぬ夢と絶望……。誰も知らない村上隆像がそこにはあった。

現場のスタッフには申し訳なかったです。でも、自分的には出来る限界までやりました。

―最近まで「本当に完成するのか……」と、かなり切迫したツイートもしてらっしゃいましたが、遂に『めめめのくらげ』が完成したそうですね。出来あがったものを見て、いかがでしたか?

村上:そうですね……。今までの映像作品もそうですけど、異分野のクリエイターと一緒に作品を作らせていただくと、最後はもうお互いに顔も見たくない、ってなることが多いんです(苦笑)。今回はそこまでではなかったかもしれないですけど、何度も何度もリテイクを出してしまったので、やっぱり現場のスタッフには申し訳なかったです。でも、自分的には出来る限界までやりました。

―先日、ロサンゼルスで試写会がありましたが、どんな反応が?

村上:海外の人たちの反応は予想以上で、手応えがすごくありました。それは良かったんですけど、僕の作品の表現ってそもそも日本ではアウェイな気がしてて(苦笑)、ロサンゼルスでバカ受けした分、今ちょっと不安です。

―ルイ・ヴィトン、細田守さんとコラボした『SUPERFLAT MONOGRAM』など、これまでの短編アニメーション作品は、村上さんの仕事の中でとても重要な位置を占めていたと思います。なので、いずれ長編作品も撮られるだろうとは思っていたんですが、今回、なぜアニメではなく実写を選ばれたのでしょうか?

村上:初めは実写で撮るつもりはなかったのですが、監督補を担当していただいた西村喜廣さん(『東京残酷警察』監督)と出会って、背中を押していただき、実写でもいけるんじゃないかと思えるようになったんです。ただ、いざフィルムを作ってみると、僕自身がアニメ体質なので、最終的にはCGが1,000カット以上あるアニメっぽい実写作品になっちゃいました。

―それは予想外の結果だったのですか?

村上:最初から頭の中にはあったものが、時間が経ってリアライズされた結果だと思います。2年間ずっと作品を作り続けてきたのですが、今年の1月くらいに大きな転換点があって、すべてが変わっちゃうくらいの再編集を行ったんです。スタッフはかなり度肝を抜いていましたが、自分の中では必然的な流れであって。

村上隆
村上隆

―大きな転換点というのは、作品のテーマに関わってくるようなことだったんでしょうか?

村上:曖昧だったテーマに、一本筋を通したってことですかね。劇映画では物語性が重要になってきますが、「物語」って、自分の中にあまりなかった要素だったんです。だから、制作中はある種の枷みたいに感じていたんですが、最終的に枷を全部とっぱらうことにしました。物語は物語であるんだけれども、もっと大事な、抽象的なメッセージを作品の中心に据えたつもりです。

―シーンによって大きく変わったところもありそうですね。

村上:オープニングを完全に変えました。それと、『めめめのくらげ』というタイトルの意味も若干変えています。

―広大な宇宙空間から精神的な内宇宙へと一気にワープするような、印象的なオープニングですね。無数の銀河系があり、その奥には村上作品の象徴である目玉が潜んでいる、みたいな。

村上:最初の構想では、主人公・正志の表情のアップだったんです。スタンリー・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』の最後で、スターゲートとボーマン船長の顔が交互に映されますよね。シュルレアルな世界では、広大な宇宙空間も人間も等価であるというか。だから、見え方は違うけれど、同じものを表現しているわけです。

Page 1
次へ

イベント情報

『めめめのくらげ』

2013年4月26日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国順次公開
監督・エグゼクティブプロデューサー・原案・キャラクターデザイン:村上隆
主題歌:livetune feat. 初音ミク“Last Night, Good Night”
出演:
末岡拓人
浅見姫香
窪田正孝
染谷将太
黒沢あすか
津田寛治
鶴田真由
斎藤工
配給:ギャガ

『村上隆 めめめのくらげの世界展』

2013年4月20日(土)〜5月19日(日)
時間:12:00〜20:00 ※会期中無休
会場:東京都 六本木ヒルズ A/Dギャラリー
料金:無料

プロフィール

村上隆

1962年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。1991年に青井画廊でアーティストデビュー。2008年、米『TIME』誌「世界で最も影響力のある100人」に選出。英国のアート誌『Art Review』の特集では、10年連続で「世界のアート業界をリードする100人」に選ばれ続けている。日本では、六本木ヒルズやヴィトン、カニエ・ウェストやゆずとのコラボレーション、また、『芸術起業論』、『創造力なき日本』などの著書でも広く知られる。最近の代表的な個展は、ヴェルサイユ宮殿『MURAKAMI VERSAILLES』(10)、カタールAl-Riwaq エキシビジョンホール『Murakami-Ego』(12)。有限会社カイカイキキ代表として、若手アーティストの育成やマネジメント、ギャラリーやショップの運営も手掛けている。アニメ作品『6HP』を監督、2013年にリリースされる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感