特集 PR

ナチュラルの裏に苦労あり!? bomi×伊藤ガビン対談

ナチュラルの裏に苦労あり!? bomi×伊藤ガビン対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

昨年11月に代官山UNITでの初ワンマンを成功させたbomi。第2期のスタートとなる新作『ビューティフォーEP』のテーマは、ずばり「ナチュラル」だという。そして、より自分らしい自分、素の自分を音だけでなくビジュアルにも落とし込むべく、伊藤ガビンといすたえこによるデザインユニットNNNNYを招聘、いすがジャケットを始めとしたビジュアル全般を担当し、伊藤がリードトラック“ビューティフォー”のミュージックビデオの監督を担当した。このミュージックビデオ、すっぴんのbomiが踊りながら自撮りをするという内容で、「キュートなんだけど、どこか変」というbomiのナチュラルな魅力を見事に引き出した作品となっているのだが、楽しげに見える撮影は、bomiにとっても、伊藤にとっても、実は相当なチャレンジだったそうだ。というわけで、第2期bomiの今後を占う意味も含めて、この二人による対談を敢行。苦労の多かった撮影の舞台裏を、じっくりと語ってもらった。

ビジュアルとか見せ方に関しては「作られたポップ感」が少しあって、そこはもっとシンプルにしていきたいって思いがありました。(bomi)

―まずbomiさんにお伺いすると、去年の10月にフルアルバム『メニー・ア・マール』が出て、11月に代官山UNITでの初ワンマンがあって、メジャーデビュー以降の活動が一区切りついたと思うんですね。そこまでの活動を振り返って、手応えを感じた部分と、逆に、「もっとこんなこともしたいな」と感じた部分、それぞれ話していただけますか?

bomi:「これがbomi流のポップなんだ」って、自分の中での手応えがあったのは『メニー・ア・マール』でしたね。それまではわりと探り探りだったんですけど、あのアルバムでbomiの音楽の世界観みたいなものは確立できたと思います。とはいえ、ビジュアルとか見せ方に関しては「作られたポップ感」が少しあって、そこはもっとシンプルにしていきたいって思いがありました。それで、“ビューティフォー”みたいな曲が生まれたんです。

―作られたものではない、よりそのままの自分を見せようと。

bomi:自分の体温に近いものが表現できたらいいなっていうのは、最初にガビンさんにお会いする前から言ったりしてましたよね? ジャケットの話をしてるときに、メールのCCにガビンさんが入ってて。

伊藤:そうそう。そもそもで言うと、うちのいすちゃんがデザイナーとしてbomiさんに関わるようになって、そのやり取りのメールのCCに僕も入ってたんですよ。でも、ちょっと意外ではあったのね。これまでのポップな流れに対して、ナチュラルな方向っていうのがよくわからなくて。ジャケの撮影も立ち会えなかったから、「どういうことなんだろう?」って、あんまりわかんないまま、ただメールを見てて(笑)。

bomi:ナチュラルって一言で言うとすごく難しいんですけど、私が人に「いいね」とか「面白いね」って言ってもらえるのは素でいるときが多くて、自分の強みはそこなのかなって。だから、例えば『ku:nel』みたいな、「リネンです」みたいなナチュラルではないんですよ(笑)。

bomi
bomi

伊藤:だから、会う前までは「これまでのイメージで十分可愛いじゃん」って思ってたんですけど、初めて打ち合わせでお会いしたときに、「全然違うとこあるじゃん! こっちか!」って思って(笑)。僕も編集者なので、素材がすごく魅力的なんだったら、「いい料理人は素材の味をそのまま」みたいな(笑)、その魅力がちゃんと出る設定で作りましょうって感じでしたね。

―そのすごい魅力的な部分って、言葉にできますか?

伊藤:さっき「少し作られてた」って言ってたけど、そういうとこですよね。演出なくても全然いいっていうか、素のまんまでいい。それを言葉にするのはなかなか難しいですね……結構絶妙なバランスだからね(笑)。

bomi:やっぱり、人と並べて、比べられる職業なわけじゃないですか? その中で、「この人の強みは一体何なの?」っていうのを考えたときに、bomiっていうのは、ゴテゴテに着飾って「イェー!」っていうのじゃないなって。最初はそういうのもはまるかなって思ったんですよ。「メジャーデビューだし」とか思って(笑)。

PV収録時の撮影風景(カメラマン:後藤武浩)
PV収録時の撮影風景(カメラマン:後藤武浩)

―型にはまってみたからこそ、ナチュラルな部分の魅力を再発見できたっていうことかもしれないですね。ガビンさんは「bomiさんはグイグイ行きますね」というコメントを寄せられていましたが、そういう部分も素のbomiさんの魅力だっていうことですよね?

伊藤:そうですね。なんか細かいところまで色々言ってくるんですよ。打ち合わせした後とかに、「こういう風な考え方もあるんでは」みたいなメールも来るし、そういうのがすごい面白いっていうか。

―アーティスト側から頻繁に意見が出ることってあんまりないですか?

伊藤:クチロロなんか、最後まで見ないぐらいの感じですからね(笑)。bomiさんはグイグイ来るっていうか、本気でやってる人に対して、いちいち本気で対応してくる感じが、やっぱり面白いんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

bomi
『ワンダフォーに踊れ2013』

2013年7月14日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 代官山 UNIT

2013年7月17日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 ell.SIZE

2013年7月19日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 Music Club JANUS

料金:全公演 2,500円(ドリンク別)

リリース情報

bomi<br>
『ビューティフォー EP』(CD)
bomi
『ビューティフォー EP』(CD)

2013年7月3日発売
価格:1,575円(税込)
COCP-38021

1. イチゴのタルト
2. Midnight Station
3. ビューティフォー
4. 歌え!猿のミリンダ
5. CARNIVAL

プロフィール

bomi(ぼーみ)

てんぱり微炭酸ガール。2011年、始動。タワーレコード限定ミニアルバムを2枚リリース。80'sテイストのサウンドに乗る遊び心のあるリリックが化学反応を起こし、耳の早いユーザーの間でざわざわする。2012年6月、ミニアルバム「キーゼルバッファ」でメジャーデビュー。バンド形態で、何でもありのハッピー&生命力溢れる変幻自在のライブパフォーマンスに、中毒者急増中。10月24日には1stフルアルバム「メニー・ア・マール」をリリース。11月23日には初のワンマンライブを代官山UNITで成功させた。2013年もとどまることを知らない“次世代ロックガール” bómiから目が離せない。

伊藤ガビン(いとう がびん)

編集者。雑誌『ログイン』の編集を経て、ボストーク株式会社を設立。ゲーム「パラッパラッパー」などのシナリオのほか、書籍やWebサイトの企画制作に数多く携わる。デザインユニットNNNNYのメンバーでもあり、読み物サイト「モダンファート」の編集ディレクションもしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送