特集 PR

27歳で人生は終わらなかった bronbabaインタビュー

27歳で人生は終わらなかった bronbabaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2014/03/14

シンプルなものをやって、「これが俺のオリジナル」って言えるのは、結局自信でしかないと思うんですよ。

―音そのものにこだわるにあたって、どういう部分がポイントになったのでしょう?

西方:強烈な個性の音が一個できたら、それだけでいい。足りないと思ったら足すし、重たいと思ったら削る。時間か、音か、意味か、言葉か。それを一つひとつやっていった。

―「必要ないものは一切入れたくなかった」っていうのはなぜ?

西方:自信がついたからなのか、このギターがあれば十分だろうって。

『neo tokyo』ブックレットより
『neo tokyo』ブックレットより

―確かに今って情報量の多い音楽が多くて、そのかっこよさももちろんあるとは思うけど、シンプルで、何がすごいのかもよくわからないんだけど、でもとにかくすごいっていうものの方が、魅力的に映ったりするよね。

西方:音楽をやってるっていう感覚すらなかったかもしれない。

今回「伝える」っていうのはあんまり意識してなかったんですよね。その代わりに思ったのが、見せたいなってことで。

―『neo tokyo』っていうタイトルは、「オリンピックを予言していた」って改めて話題になった『AKIRA』の舞台であり、活動休止中のbronbabaが撮ろうとしていた映画のタイトルでもありますよね? つまり、本作はある種映画的な作品だと言ってもいいのかなって。

西方:もちろん音楽ではあるんだけど、普通の音楽とは違う要素の強いものになったかなって。

―うん、その感じはすごくしました。

西方:今回思ったのが、見せたいなってことで。

―今回は「描写」ですよね。

西方:見せた方が早いなって。だけど、やっぱり音楽は音楽なんですよ。そこには面白い加工が施される。それが自分でやってて楽しかったですね。

―紙資料には「不良、爺婆、浮浪者、風俗、酒、自殺、今。シティーコア」っていうキャッチがついていて、これっていうのはつまり、弱者の視点であったり、普段隠されているものにスポットを当てることによって、今の都市を、今の東京を描こうとしたっていうことなのでしょうか?

西方:街を歩いてると、不良と、爺さん婆さんと、浮浪者と、キャッチのお兄さんと、酒飲んでる人だったりするんですよ。別に隠されてはいない。

―確かに、「隠されてる」っていうのはイメージかも。

西方:それを知ってる人が何人いるかって、いないんです。

『neo tokyo』ブックレットより
『neo tokyo』ブックレットより

―人って客観的に全体を見ているようで、実際は主観でナチュラルに選別してるってことでしょうね。

西方:よく見るとそこに面白さがあって、見方によってはそれが光だったりもするっていう。

ホントに一番ピュアな、まだ右も左もわからない、善悪の区別もつかない、それぐらいピュアなところまで、深く深く沈んで行って……。

―一方では、今回“手を繋ぐ”のミュージックビデオだったり、ジャケットだったりに子供がモチーフとして登場しますよね。これにはどんな意図があったのでしょうか?

bronbaba『neo tokyo』ジャケット
bronbaba『neo tokyo』ジャケット

西方:子供っていうのに影響を受けていて、自分の子供の頃はどうだったかって考えたり、他の人に対しても子供の頃の面影を探すというか……ピュアなところっていうのかな、そういうところを探すようになって。

―「余計なものは要らない」っていう考え方には、そういう背景もあったんだ。

西方:ピュアな、まだ右も左もわからない、善悪の区別もつかない、それぐらいピュアなところまで、深く深く沈んで行って……。

―ある種のイノセンスみたいなものって、生きて行く中で当然失われていって、大人にとっては最大の謎になる。そこに近づくためには、深く深く沈む必要があったと。

西方:意外と子供には戻れるんですよ。そんな簡単にリセットできねえだろって思うと思うんですけど。

―うん、今心の中でそう思ってた(笑)。

西方:クエスチョンをつけるんですよ。「何で車って動くんだろう?」とか、すべてに対して「何だろう?」って思ってみる。そういう作業を今回自分に対してやってたんです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

吉祥寺WARP presents
『音人の休日~bronbabaネオ東京レコ発編~』

2014年3月23日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 吉祥寺WARP
出演:
bronbaba
camellia
裸体
パプリカン
料金:前売1,800円 当日2,400円

『Virgin Babylon Night 2』

2014年5月4日(日・祝)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble
Go-qualia
Vampillia
bronbaba
BOOL
料金:特別チケット3,800円 前売チケット4,000円 当日4,500円(すべてドリンク別)

リリース情報

bronbaba<br>
『neo tokyo』(CD)
bronbaba
『neo tokyo』(CD)

2014年3月22日(土)発売
価格:1,995円(税込)
VBR-017

1. ラジオ
2. 手を繋ぐ
3. ふざけた人
4. 雨の日
5. ギター+ミー
6. 優柔不断妄想中
7. リアルデス
8. ただ淋しい
9. 深く沈む
10. 重なる声
11. 音を歩く

プロフィール

bronbaba(ぶろんばば)

周りのゴミを集め結成。西方龍(vo/g)、丸山大裕(b)、 鳥羽信吾(dr) 独自の視点と世界観で酩酊、 就職、 失踪、泥酔、休止などパワフルな音 楽活動を展開。もっともクールなスリーピース。変われ世界。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施