インタビュー

メディアミックスの時代? 「感傷ベクトル」の戸惑いと新たな一歩

メディアミックスの時代? 「感傷ベクトル」の戸惑いと新たな一歩

インタビュー・テキスト
金子厚武

漫画家をやってる人間が真面目に音楽をやってるっていうのをもっと知ってもらいたい、漫画は漫画で、音楽は音楽で、独立したものをちゃんとやろうと思ったんです。(田口)

―「何もない状態で曲を書くのが難しかった」っていう話でしたが、『シアロア』のような形で、「作品ありきで曲を発表するのが感傷ベクトルのスタイル」ってする選択肢もあるにはあったと思うんですね。でも、そうしなかったのは何故なのでしょう?

田口:そこに関しては、感傷ベクトルの形態に対する悩みが膨らんでて。一人の人間が漫画も描いて音楽もやるっていう、結構しんどいことをやってるのが売りだったんですけど、途中で話したように、今っていろんなことをやるのが当たり前になってるじゃないですか? それとか、クリエイター集団にしてしまえば、漫画と音楽両方とも作るって誰にでもできちゃう。その人たちと同じような並びで置かれてしまうと、無理して一人で両方やってる意味がないとか、いろいろ見られ方に対して思うところがあって。だったら、漫画家をやってる人間が真面目に音楽をやってるっていうのをもっと知ってもらいたい、漫画は漫画で、音楽は音楽で、独立したものをちゃんとやろうと思ったんです。

―確かに、実際に漫画を連載しながら、それとは別でちゃんと音楽活動もしてるって、聞いたことがないですね。ミュージシャンに憧れてる漫画家の人はいっぱいいるから、もしこれで両方上手く行ったら、例えば、浦沢直樹先生なんてすごい悔しがるでしょうね(笑)。

田口:悔しがらせたいですね(笑)。

「片手間で音楽やってるんでしょ?」みたいに見られるのは絶対嫌で、そういうときはニコニコしながら、憎しみの目で見ちゃうんですけど(笑)。(春川)

―春川くんは、感傷ベクトルの形態に対して思うところはありますか?

春川:僕は作品を見てもらえればいいかなっていう能天気な考えなんですけど、舐められるのは嫌なんですよね(笑)。「片手間で音楽やってるんでしょ?」みたいに見られるのは絶対嫌で、そういうときはニコニコしながら、憎しみの目で見ちゃうんですけど(笑)。もしファーストインプレッションで舐められたとしても、作品に触れたときに、「舐めててすみません」って言わせるものを作ろうと思ってます。

―実際、“エンリルと13月の少年”は、片手間とは言わせないクオリティーがあると思います。MOUSE ON THE KEYSのようなポストロック感と、ゲームミュージックの感じが混ざり合ってて、独特なところに着地してるなって。

田口:最初はこの曲を聴いて、アルバムを買おうって思ってもらえるようなイントロの曲を作ろうっていうのがテーマだったんで、アタマのピアノのフレーズから作って、そこから広げていきました。でも、それ以外は自分的には非常にシンプルで、構成も普通だし、コード数も少ないんですよね。たぶん、ピアノが2台あるせいで、複雑に聴こえるんだと思うんですけど(笑)。

―歌詞に関してはやっぱり影があって、でも<僕ら光を探してる>って歌ってる。これはここまで話してもらったコンプレックスとかが関係してると思うんですけど。

田口:この曲の光に関しては、どこまで前向きなものかは微妙というか、闇の中で書いたんで、光があったらいいなっていう願望ですよね。光がある確証はまったくないんです。止まってたら死ぬから、とりあえず動くしかないっていう意味での<遠くへ>なんですよね。どこか目的地があって、光に導かれてるわけではなくて、進むしかないドロドロした状況の中で、希望があったらいいなっていうレベルの曲というか。

 
感傷ベクトル『エンリルと13月の少年』ジャケット

―ちょっと観念的な質問ですけど、光と闇だったらどっちを信じてますか?

田口:あー、圧倒的に闇かなあ。いい噂と悪い噂を聞いたら、悪い方を信じますね。闇は自分の中に絶対的にドンとあるもので、光は消去法の結果出てくるものというか、闇のないところが「ひ、か……り?」みたいな(笑)。闇ありきの光って感じですね。

―うん、光と闇っていうのは結局不可分で、だから「闇=ネガティブ」ってことでは全然なくて、そこはものの捉え方の話だよね。

田口:光のことを歌ってても、闇を経てきた人の歌じゃないと信用できないとこがあって、闇を理解してない光の歌への憎しみを込めて書きました。

―ちょいちょい「憎しみ」とかってワードが出てくるよね。

田口:基本的に、怒りと悲しみで曲を書いてるところがあるんで。

―曲を作ることで、消化もしくは浄化しているような感覚はありますか?

田口:いや、傷口を突っついて遊んでる感じというか(笑)。それで解決にはまったくなってないけど、形にして、「こういうものです」って名前を付けることによって、そこを突きやすくなる。「ここがこう痛い」ってワーッと叫べることによって、その一瞬の快感を得るみたいな感じですね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

感傷ベクトル<br>
『エンリルと13月の少年』初回限定盤(CD+小説)</h4>
<p>2014年5月14日(水)発売<br>
価格:1,512円(税込)
感傷ベクトル
『エンリルと13月の少年』初回限定盤(CD+小説)

2014年5月14日(水)発売
価格:1,512円(税込)

2014年5月14日(水)発売
価格:1,512円(税込)
VIZL-661

1. エンリルと13月の少年
2. ドレミとソラミミ
3. 42219
4. フラワードロップ
※春川美咲の書き下ろし短編小説『flowerDrop』封入

感傷ベクトル<br>
『エンリルと13月の少年』通常盤(CD)
感傷ベクトル
『エンリルと13月の少年』通常盤(CD)

2014年5月14日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-36904

1. エンリルと13月の少年
2. ドレミとソラミミ
3. 42219
4. フラワードロップ

プロフィール

感傷ベクトル(かんしょうべくとる)

ボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲、作画を担当する田口囁一(タグチショウイチ)と、ベースと脚本を担当する春川三咲(ハルカワミサキ)によるユニット。音楽と漫画の2面性で世界観を作り上げることから、ハイブリッドロックサークルを掲げ、インターネットをベースに展開。自在にセルフメディアミックスで表現する様は、まさにデジタルネイティブ世代の申し子と言える。その一方で、「僕は友達が少ない+」を「ジャンプSQ.19」で連載するなど、プロの漫画家でもあり、2014年5月9日発売号より田口囁一は、別冊少年マガジンにて新連載漫画「フジキュー!!!」を開始させる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業