インタビュー

TAMTAMが発明した、変だけどポップな「びっくりサウンド」

TAMTAMが発明した、変だけどポップな「びっくりサウンド」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/09/12

何事においても、大事なのは結果ではなく過程である。こう書いてしまうと、何だかお説教臭くも感じるし、「いやいや、結果を出さなきゃ意味ないでしょ」という人がいるのももちろんわかる。しかし、機能性や利便性ばかりを追い求めた末にバランスが崩れ始め、その裏側にある綻びが顕在化し始めている現代において、過程の重要性は改めて認識されるべきではないかと思う。そして、それはポップミュージックの世界においても同様で、アーティストがいかに試行錯誤して作品を作り上げたかを知ることによって、その音楽には重層的な意味合いが生まれてくる。前置きが長くなってしまったが、TAMTAMメジャー初のフルアルバム『Strange Tomorrow』は、そんなことを改めて教えてくれる作品だ。

様々な趣向性を持ったメンバーが「普通のことは絶対にやらない」を唯一のルールにプレイを提供し、4つ打ち全盛のシーンにおいて、自らのルーツであるステッパーズにこだわり、「びっくりサウンド」が満載の奇妙なテクスチャーに貫かれた『Strange Tomorrow』は、TAMTAMというバンドの本質を常に問いただしながら作られた作品だと言っていいだろう。そして、そんな過程を通過して生まれた作品だからこそ、ここには機能性や利便性だけでは説明しきれない、音楽の持つプリミティブな驚きが詰まっている。間違いなく、これまでの作品の中でベストの1枚。CINRAでは初めて、メンバー五人全員に話を訊いた。

客席に向かって歌うためには、メロディーでも作詞でも、何か訴えるものがないとダメだし、もうフワッと空を見つめて歌うような感じではないなと思ったんですよね。(Kuro)

―メジャーからのファーストフルアルバム完成おめでとうございます。全体としてSF映画のようなスケール感がありつつ、1曲1曲にもかなりの情報量が詰め込まれた、非常に濃密な作品になっていると思うのですが、実際どんな作品を目指したのでしょうか?

Kuro(Vo):アッパーなものにしろダウナーなものにしろ、TAMTAMの十八番と言えるようなタイプの曲を、さらに成熟させたいと思いました。全く新しいことをやるよりかは、今までやってきた中で「これが100%TAMTAMです」という部分を、これまで以上に強めて作りたいなと。あとは「ライブをガンガンやっていきましょう」と話し合っていた中で作ったので、肉体的なものを目指しましたね。私のライブでのスタンスも、内に閉じこもるというよりは、お客さんにエネルギーをぶつけるような感じに変わっていったので、「放出したい」という願望はありましたね。

yuthke(Gt):うん、肉体的っていうのはすごく思っていて、あとは作っていく中で、最初はもっとポップなものを想像してたんですけど、思ってた以上にドープになったなって。

左から:junet、affee、Kuro、tomomi、yuthke
左から:junet、affee、Kuro、tomomi、yuthke

―メジャーでのファーストアルバムといったら、普通はポップになると思いますが、そこでドープになるというのが実にTAMTAMらしいですね(笑)。

affee(Dr):前のメジャーデビューミニアルバム(『For Bored Dancers』)のときに、友達から「もっとやれるんじゃない?」っていう感想をもらったりもしてて。せっかくメジャーというポジションでやれるんだから、凝れる限り凝った方が面白いだろうなと思ったんですよね。なので、スタジオワークで変な音を入れてみたりとか、思いついたことはよりためらわずにやるようになりました。ライブ感とは別軸で、「音楽が好きであることをちゃんと伝えよう」ということもすごくイメージしましたね。

Kuro:その一方で、「歌ものとしてどうか?」っていうのは、ここ(Kuroとtomomi)では相当意識した部分で。

―コードの展開を考えたり、ポップス的な要素をバンドに持ち込んでいるのはtomomiくんなんですよね。以前Kuroちゃんとjunetくんにミトさんと対談してもらったときに、「tomomiくん一人だけニコ動世代に聴こえる」っていう話がありましたが、実際にニコ動周りの音源とかも聴きますか?

tomomi(Key):いや、そういうのは聴かないんですけど、一人だけちょっと違うっていうのは、正しいかもしれないです。一番好きなのがサルサなんですよね。なので、曲に「色付けする」みたいな感覚があったり。

Kuro:ともみん(tomomi)はドープなものはあんまり聴かなくて、「カラフルなものが好き」っていうイメージなんですよね。TAMTAMはもともとドープ好きばっかりなんで(笑)、これまでは遠慮してた部分もあったのかもしれないですけど、そこはともみんの1つの能力として、ガシガシ出してもらうことにしていったんです。

tomomi:確かに、前よりも遠慮は減ったかもしれないです。「ダメだったらダメって言われるだろう」と思って作れるようになりました。

tomomi

―とにかくまずは、試しにやってみてから判断していこうと。

affee:そうですね。メロディーも全体的な雰囲気も、もっと自分たちの可能性を広げられるようにしたかったんですよね。今までだったら「これはやったらダメかもしれない」って思うことも、「とりあえずやってみよう」っていうモードでしたね。

Kuro:メジャーに来たからっていうわけでもないんですけど、意識がふんわり変わっていったというか(笑)。インディーズのときは「大衆に向けて」みたいなことは二の次に考えてしまってたんですけど、前作の『For Bored Dancers』を作ったときに、「歌もの」っていうことを初めて真剣に意識したんです。客席に向かって歌うためには、メロディーでも作詞でも、何か訴えるものがないとダメだし、もうフワッと空を見つめて歌うような感じではないなと思ったんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『TAMTAM I DUB YOU TOUR 2014 -Strange Tomorrow-』

2014年11月22日(土)
会場:北海道 札幌 SPIRITUAL LOUNGE
出演:
TAMTAM
オトノエ

2014年11月24日(月・祝)
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:TAMTAM

2014年11月27日(木)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET
出演:
TAMTAM
箱庭の室内楽
and more

2014年11月28日(金)
会場:大阪府 梅田 Zeela
出演:
TAMTAM
DAMBO
二人目のジャイナ
and more

リリース情報

TAMTAM<br>
『Strange Tomorrow』(CD)
TAMTAM
『Strange Tomorrow』(CD)

2014年9月17日(水)発売
価格:2,484円(税込)
VICL-64212

1. バベル
2. エンターキー
3. ニューロン・ダンサー
4. パーフェクト・ウェザーリポート
5. Interlude -untranslated region-
6. エデン
7. スピカ
8. ナッシング・バット・ア・ガール
9. サボン
10. トウキョウ・カウンターポイント
11. サナギ831
12. エンジョイ・アワー・フリータイム
13. ファンファーレ

プロフィール

TAMTAM(たむたむ)

2008年12月結成。Vocal & Trumpet担当Kuroのパワフルでキュートな歌声を軸に、ダブを土台にしつつシューゲイザー、ポストロック、様々なクラブミュージックを融合させた最新型「ダブロック」バンド。メランコリックかつポップなメロディとサウンドの先鋭性が絶妙のバランスでブレンドされた楽曲に載るKuroの歌詞は、同世代(20代中盤)なら誰もが抱く現実との折り合いの悪さ/将来への漠たる不安を、グレッグイーガン等SF小説好きを公言する彼女ならではの言語感覚で綴っており、情動と知性が同居したオリジナリティ溢れるものとして徐々に評価が高まっている。2014年4月にリリースしたミニアルバム「For Bored Dancers」はそんな彼等のハイブリッド感満載の1枚となっており、各音楽メディアや耳の早いリスナーからは驚きと賞賛を持って迎えられた。TAMTAMのチャレンジ精神にシンパシーを寄せるアーティストも多く、メジャー/インディ問わず各方面から熱い支持を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている